Top > おやすみなさい、また明日
HTML convert time to 0.024 sec.


おやすみなさい、また明日

Last-modified: 2017-06-25 (日) 00:56:16

おやすみなさい、また明日 Edit

  • 原作: 凪良ゆう    イラスト: 小山田あみ?
  • キャスト: (荒野朔太郎) 古川慎×松岡禎丞 (遠藤告美)/(小嶺ヤコ(山田貞行) 木村良平?日野聡 (貢藤利里)/ 保村真 (伸仁)/ 高橋英則 (中西)/ 濱野大輝 (瀬戸)/ 河西健吾 (仁良)/ 永塚拓馬? (エリー)/ 西村知道? (荒野)/ 神田みか? / 岩中睦樹? / 小林康介?
  • 発売日: 2017年03月10日→延期→2017年04月28日    5,400 円
  • 収録時間: 73分29秒+78分53秒 2枚組   トークなし
  • アニメイト特典: フリートークCD (松岡&古川・日野・木村) 22分22秒
  • 発売元: Ginger Records GNG-1612 / 徳間書店キャラ文庫
  • 脚本: 弧山真夜子?(Ginger Records)
  • 音響監督: 蜂谷幸 音楽: 武本遥 音響調整: 岡部直紀 音響効果: 中島勝大(スワラプロ)
  • 音響制作: スタジオマウス 音響制作担当: 後藤祐理 録音スタジオ: ディオス・スタジオT&T 
  • ブックレット: 書き下ろしSS おやすみなさい、また明日 番外編「彼の名前は愛の形をしている」6頁
  • コミコミ特典: 書き下ろしSS おやすみなさい、また明日 番外編「くるりのこと」
  • 関連:
  • 関連画像(Amazon.co.jp) アルバムCDランキング
    ドラマCD「おやすみなさい、また明日」 
    2017/04/27日のCDアルバムデイリーランキング(2017/04/27日付) 20位

感想 Edit

  • 「 俺はもう誰とも恋愛はしない 」同居していた十年来の恋人に振られ、居場所をなくしていた、小説家のつぐみ。偶然出会った何でも屋の青年、朔太郎の祖父が経営するアパートに下宿することに。元々つぐみの小説のファンだった朔太郎と、互いに惹かれ合う。けれど朔太郎には、もう恋をしないと決意させた秘密があって …… 。記憶障害の青年と臆病な作家の純愛がドラマCD化 !
  • chara公式HPでは品番と購入リンクに誤りが有りますのでご注意ください。正しくは上記のとおり、ジンジャーレコードより発売です。
  • ブックレットにSSあり。「呼び捨て」について。かわいいお話。 -- 2017-04-27 (木) 20:41:15
  • 凪良ゆう先生は小説が一級品だなと感じる 。小説中では盛り上がるラブなシーンが、音声化すると少しくどい様に感じ浮いてる印象。相手を想い去ろうと決意するシーンは、グッときて涙しました。声優さんて凄い。 -- 2017-04-29 (土) 01:02:25
  • 原作既読。松岡さん目当てでの購入。間延びしがちな2枚組ですが、聴き入ってしまう良い作品だと思いました。原作発売から数年経過していますので、 なぜ今更と感じましたが聴いて納得です 。声優さんの演技と相まって、また原作を読んで見たくなりました。 -- 2017-05-02 (火) 21:51:53
  • 久しぶりに良い作品に出会えたなと思いました。キャストさんも仰っていたように全体的に丁寧で綺麗で、声優さんの演技にもぐっとくるものがあってぼろぼろ泣きました。こういう終わり方は珍しいように思いますが、切ないけども暖かくて良いですね。確かに濡れ場ががっつりあるのは蛇足的な感じで浮いてるような印象を受けますね。個人的に割と濡れ場目当てでBLCDを聴きがちですが、今回は濡れ場は必要最低限の方が良かったんじゃないかなあと思いますね。 -- 2017-05-04 (木) 17:41:59
  • ただただ切なくて優しく暖かい作品でした。聴いていて涙が止まりませんでした。 2枚組ですが間延びも窮屈さも感じさせず、原作の力とキャストの方々の演技、音楽などの演出が合わさりまるで一本の映画を観ているような、とても素敵な空気や光に溢れた世界でした。松岡さん素晴らしいですね。 確かに私も聴いていて作品の空気と濡れ場の濃厚さが少しアンバランスで、濡れ場は最低限で良かったかもと感じました。ただそうなるとあまりにきれい過ぎるかも。人間の業や欲も含めてこの作品かと。 折に触れて聴き返したくなる良作です。 -- 2017-05-10 (水) 21:24:40
  • 2人が幸せな時間を過ごしている描写が少なめなので、終始胸が苦しかった。聴く前に心構えが要る作品。原作、シナリオ、演者みな最高。 -- 2017-05-12 (金) 21:56:22
  • モノローグが少し多めに感じたが松岡さんのモノローグが心地よくだれませんでした。凪良作品の空気感を、上手く丁寧に作ってくださっており脇のキャラもみんなキャラが濃くてほっこりする場面や号泣する場面もあり、またすぐ聴き直したいと思える作品でした★かなり久しぶりに西村さんが、出演されたのは、凄くうれしかったです★西村さんが、出る場面ではひたすら泣いてた気がします(笑)ヤコ先生は恋愛前夜より落ち着いた感じで恋愛前夜のテンション高めなヤコ先生も好きでしたが少しお姉さんなヤコ先生も凄く良かったです -- 2017-05-13 (土) 18:20:36
  • 原作未読。もうね、作品がよすぎて泣けてしまいました。松岡さんの泣き演技が神がかっていてこっちも聞いてて泣かされました。古川さんが演じた朔太郎さんが優しさのなかに弱さも垣間見え古川さんが朔太郎さんを魅力的に演じてらしてキューンとさせられましたね、私は朔太郎おじいさん(cv西村知道さん)が特に大好きで上手いベテランの西村さんが入ったことで作品がキュッと締まり奥行きがでたなと感じました。応募してもらえたドラマCDから登場した貢藤さんですがその時はセリフが少しで物足りなかったんですが、今回割りに登場してもらえたんで嬉しかったですwそれとヤコ先生Disc2からの登場でしたが嬉しかったなー(しみじみ)上の方も書かれてますが、前のハイテンションからに比べ大人しめでしたが、でも男の娘エリーちゃんがテンション高めの似たキャラがいたから大人しめに演じられたのかな?ヤコ先生は憎めない愛されキャラなんで貢藤さんとのメインの話をドラマCD化して欲しいです。 -- 2017-05-16 (火) 21:37:02
  • 原作未読、タイトルとイラストに惹かれて拝聴。こちらの感想も参考にして聴き始め、どっぷり世界観に入り込めました。丁寧に作られていて音楽も合っていて、なによりキャストの皆さんが嫌味なく全員はまり役だったので大変心地良かった!原作もこれから買います。このような良作がこれからもどんどん出てきてくれるといいなぁ。古川さんは前からさとたく氏に似てると思ってたけど今回はかなり似てた。タ行の癖が特に。お二人とも好きなので得した感!ルーツはぐりりばサンにたどり着くけどw -- 2017-06-13 (火) 12:14:31
  • 微妙。人物が少女漫画の女の子であって男じゃない。女性の感性丸出しのポエムチックな比喩の連続も文なら流せるが、声だと嘘っぽくめんどくさい男に思える。蝶をあの子と呼ぶポエミーさと、無駄なエロが噛み合わない。エロが長すぎて、なんやかんや綺麗なこと言いつつこういう時だけ張り切るんだなと鬱陶しくなって冷めた。おじいさん含め誰一人感情移入できないまま終わった。演者はよく作品のつくりは丁寧。 -- 2017-06-17 (土) 10:17:47
  • 良いお話でした。2人は、幸せなまま、寿命を全うできたんですね。前半は、2人のやるせない思いに涙し、最後は2人の幸福な終焉に涙しました。秀逸な作品でした。 -- 2017-06-17 (土) 10:25:55
  • ↑の方とおなじように、作風と濡れ場がかみあわなくてせっかくいいお話なのに、この濡れ場いるのかなと思いました。松岡さんはお上手ですね。 -- 2017-06-17 (土) 12:47:53
  • 原作未読。泣けた・・久しぶりに良作に巡り会えた。終始丁寧な作りだったけれど、風鈴の音色が南部鉄器でそこだけ冷静に萎えた。ガラス風鈴はカランカランであってリーンリーンではないのよね・・。 -- 2017-06-17 (土) 14:32:52
  • 原作未読。これはヤバイ。泣く。物語が終わった後、綺麗で切なくていとおしいこの世界にまだいたくてすぐ聞き直した。ずっと浸っていたかった。ジンジャーさんのキャストインタビューで古川さん松岡さんが仰ってたことに激しく同意。凄く入り込んで演じてくれたんだなぁと感動する。松岡さんが好きで、松岡さんが出ているBL作品は複数聞いているが、これは力の抜けた演技で、感情の起伏が激しくないのにじわじわじわじわ色んなものが伝わってきて、頼りなさとか、思いの深さとか、色んなものが届いた。モノローグも小説ならではの印象的で個性的な表現のフレーズがさらっとでも確実に積み上げられていって、何の迷いもなく物語の世界を導かれた。松岡さん本当にBLやってくれてありがとう。ないと思うけど、平川さんがBLCD引退しても松岡さんがいる限り聞き続けます。それぐらい大好きで大切な人になった。松岡さんのコミカルで可愛らしいキャラも大好きだけど、こういう情感溢れるしっとりとした役もハマっていてもっと聞きたい。最初の酷い別れを切り出されてもイマイチはっきりしない主人公の弱さが、徐々に控え目な優しい強さに変わっていくのが変わらないトーンで確実に表現されてて凄かった。どれだけ気持ちを作ったらこんな風に演じられるんだろう。あの手作りのテディベアみたいな実在の松岡さんの中にどんな豊潤な無限の世界が広がっているのか見続けたい。つまり声優さんて凄い! -- 2017-06-18 (日) 06:56:32
  • 恋愛前夜から聴いているけど2枚組なのにさほど苦になることなく聴けました。しかし、濡れ場の場違い感が半端ない。つぐつぐの演技は好きだけどアラフォー男性の絡みだと考えるとキツイかな、、、それ以外は古川さんも松岡くんも素敵なお芝居で良かったです。 -- 2017-06-18 (日) 17:37:01
  • とても良かった。過不足ないと思います。 -- 2017-06-18 (日) 18:07:58
  • 最初は松岡さん目当てで聞いていて、結構辛い話で泣けました。最後のシーンでガチ泣き。聞く回数は良い意味で、少ない方が良いと思います。気軽に聞きたい人はおすすめはできません。 -- 2017-06-18 (日) 19:46:30
  • タイトルから想像でき得る中身そのまんまのここ数年の泣かせる系ドラマや映画、漫画やアニメ等でよくみたパターン。エロが蛇足にしかならないBL(笑)。雰囲気考えて軽めからの短くフェイドアウトでよかったのでは?良い話なのですが泣かせようとし過ぎている気がしました。メインキャストのこのトーンはとても耳心地が好いです。ただキャスティングも演技もCDの作りも申し分ないのですが、活字でのみの方が収まりが美しいのかなと思います。もし二度目を聴くとしたら数十年後にあっても一度きりだと思います。 -- 2017-06-19 (月) 00:07:26
  • いい作品でした。恋愛前夜のヤコ先生が出てきたときはちょっとテンション上がりました(笑) -- 2017-06-19 (月) 02:16:16
  • メインテーマの原因となるところの「症状」が随分物語と読み手・聴き手に対して都合よく使われ過ぎているなぁと感じました。実際のところ相手の存在延いては相手への愛もすべて忘れるはずですからこういう関係は成立しないのが正解なので、感動する作りだし演技の素晴らしかった演者に罪はありませんが一気にシラけもします。タダのファンタジーと割り切るしかないところが辛い。 -- 2017-06-20 (火) 20:26:23
  • 泣かせようとしてる??上等ですともー!泣きましたよ〜!キャストお二人の静かな演技はとても素晴らしかったし、病気をからめた少々ベタな話も、決して若くないキャラ設定も、数十年後の後語りも文句はありませんでしたね。個人的にはこういう作品をもっとたくさん作ってほしい。BLも作品の幅がもっともっと広がれば声優さんもたくさん参加してくれるのではと・・・。(大好きな声優さんがBL離れになってしまうのがイヤだというワガママなんですけどね)素敵なお話でした〜!! -- 2017-06-20 (火) 23:55:15
  • エロシーン抜いて聴いてみたけど、全然印象変わった。朔太郎がつぐみに対して抑えてる思いが爆発する大切なシーンだった。あんだけ激しく求めたのに付き合えないと突き放す、突き放そうとしたのに一旦求めれば激しい、っていうのが大事なんだと思う。私は気に入ったBLCDを寝る前なんかのBGMにするけど、聞き流そうとすれば流れる心地よい調子、聞き込もうと思えば過不足なく伝わる演技の松岡さんのつぐみ最高。古川さんが松岡さんのつぐみがどんどん可愛く思えてっていうのが良くわかる。仕事じゃない短編を書き続けるつぐみの強さがいとおしくて、切なくて、綺麗で、月の光みたいだった。いつか松岡さん壮馬君の共演が聴きたい。受攻じゃなくていいから、どんな風にぶつかるのか聴きたい。登場人物が多いマフィアものとかで。 -- 2017-06-25 (日) 00:43:49 New
  • 原作既読です。小説を読み終えた時と同じ余韻が残りました, -- 2017-06-25 (日) 00:56:15 New

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit