Top > やたもも
HTML convert time to 0.025 sec.


やたもも

Last-modified: 2017-05-15 (月) 14:29:39

やたもも yata-momo   Edit

  • 原作・イラスト: はらだ
  • キャスト: (八田) 小野友樹×下野紘 (百田(モモ)/ 安元洋貴 (須田)/ 前田弘喜? (店長)/ 種敦美? (家政婦)/ 拝真之介? (雀士)/ 兼政郁人 (雀士)/ 布施川一寛? (雀士)
  • 発売日: 2015年09月18日    3,240 円
  • 収録時間: 72分06秒    トークなし
  • マリン通販特典: キャストトークCD (小野、下野、安元) 19分57秒
  • 発売元: マリン・エンタテインメント MMCC-3192 ルボー・サウンドコレクション / 竹書房バンブーコミックス Qpaコレクション
  • 脚本: 外原祥子
  • 音響監督: 蜂谷幸 録音調整: 榎本慎一(ヒロサウンドテクニック) 音楽: 川中ゆかり
  • 音響効果: 川田清貴 録音スタジオ: 神南スタジオ 音響制作: 長嶋篤史(神南スタジオ)
  • アニメイト・コミコミ共通特典: 描き下ろしペーパー / とらのあな: ジャケットイラストブロマイド
  • 関連:
    • やたもも 1
    • やたもも 続編
      発売日: 2017年--月--日    ,--0 円
      「やたもも」(竹書房刊)ドラマCD続編の制作が決定しました
      タイトル発売日他未定。詳細出ましたらファイル作成します。
  • 関連画像(Amazon.co.jp) アルバムCDランキング
    ルボー・サウンドコレクション ドラマCD やたもも  公式サイトへ 
    TRACK LIST

2015/09/14日〜2015/09/20日のCDアルバム週間ランキング(2015/09/28日付) 167位

感想 Edit

  • 生活能力ゼロ、究極ビッチでクズでろくでなしモモ。オカン系男子で面倒見のいい純朴青年、八田(やた)ちゃん。公衆トイレでの“事後処理”中という最低最悪の出会いから、八田ちゃんの人の良さにつけこんで、家に転がり込むことになったモモ。彼と過ごすうちに、ろくでなしなモモに少しずつ変化が…。そんな矢先、モモの過去のパトロンが表れて――。
  • はらだ先生「やたもも」(竹書房刊)のドラマCD化が決定しました
  • 特典フリト小野さん下野さん安元さんで「噛まない」「色々だらしない」「電車」「眠」「大根と鶏肉の煮物」「TF」「ちょっと前の鳥海さん」「今まさに夏」約20分。
  • 拝真之介?×下野紘兼政郁人×下野紘布施川一寛?×下野紘 (モモ).雀士達との4P、(須田) 安元洋貴×下野紘 (モモ) 元彼の場面あり。バイブ音あり。
  • 原作既読。テンポは悪くありませんがちょっとあっさりしてて物足りないと感じたところがいくつかありました。濡れ場のフェードアウトは覚悟してましたが、エロに力を入れてる作品だけにもっとがっつり聞かせてほしかったです。くど過ぎない流れにしたかったのでしょうか…特にオナホプレイは楽しみにしてただけに残念。プロローグを後に回したのは時系列にそって分かりやすくするためでしょうが、原作を読んだ時の「これで冒頭シーンに繋がるのか…」といった感慨深さを得られないのはもったいない気がしました。それに、登場人物達の会話劇がこの作品の魅力のひとつなのに八田の友人のシーンが丸々カットでショックでした(別作品でも出てくるキャラクターだけに尚更)。 キャストさん方の演技は非常によくハマってました。原作イメージのまんまでとても嬉しかったです。ですが、ところどころメイン3人のセリフが聞き取れない箇所があって少し気になりました。もともとのセリフを知らなければ何を言ってるか分からなかっただろうなと。録音環境や編集の問題なのか私の耳の問題なのか…後でもう1度それらのシーンを聞いて確認したいと思います。『好/きな/ひ/とほ/ど』でも思いましたが、はらだ先生の作品の魅力を音声だけで表現するのは難しいのかもしれません。 長々と書きましたがファンだからこそ期待が大きくなってしまうだけで、一つのドラマCD作品としては悪くない出来だと思います。 -- 2015-09-19 (土) 10:29:34
  • モモの声はもともと私の中でこんなイメージだったので問題無し。八田の声が、キャラクターイメージよりイケメンすぎて笑いそうになった♪須田と家政婦の声はgood。この作品に色気は期待していなかったのでそこはまぁ良いとして…。音楽等で、思いのほか切ない感じが出ていて、丁寧に作ろうという心意気を感じました。この作者の音声化…やっぱ難しいんでしょうね。 -- 2015-09-19 (土) 11:43:04
  • 原作既読。八田、モモ、須田、家政婦、皆さんイメージぴったりで満足。原作はエロがすごい(笑)ので、どうしてもエロがあっさり感じてしまうのは確かに。だけどこの作品の、ポップなのにほろ苦い、ラブの中に混じる切なさが丁寧に作られていました。そこは役者さんの演技が光っているなと。 原作未読でも楽しめるんじゃないかな?-- 2015-09-19 (土) 20:07:20
  • 雀士3人組との導入部分でぐっと引き込まれました。 -- 2015-09-19 (土) 23:23:30
  • ビッチ設定なだけあって、モブ×下野、安元×下野シーンもきっちりありますので、攻め以外とのHシーンが苦手な人はご注意を。 -- 2015-09-20 (日) 07:37:03
  • まず、原作が原作ですから、えっちシーンはねっとりでどエロいのを期待してました! 実際にCDを聴いてみると、しつこく強調されていなくて、聴きやすい感じでしたね。作者様の絵柄を見た後にCDを聴くと、確かに少しあっさりめに聴こえるかもしれません。原作「やたもも」の良さは、えっちシーン(笑)と人間の心理描写、物語性にあると思います。いくつもの組み合わせがある構成の中から冒頭が最後に繋がるようにしたり、八田×モモと須田×モモの場面を交差させたり、読者の心を揺さぶる工夫が凝らされた原作だったと思います。 その点で、音声化するにあたり、構成が多少変わってしまったのは残念でした。とはいえ、"音だけ"で原作ほどシーンを入れ換えまくってしまうと、わけがわからなくなってしまうのかもしれません。それと、BGMは切ない感じで効いていましたが、もしかしてあまり音楽を流さないほうが逆に効果的なのかな、と思うところもありました。声優さん方の演技は、引き込まれるものがありました。サンプルを聴いた時は須田の声に安元さんは低すぎるような気がしたのですが、作品の中で聴いてみると、違和感なくいい声を聴かせていただけました。小説のような構成であって、小説ではできない表現力を持つ漫画でしたので、音声化も容易ではなかったと思います。しっかりと楽しませていただきました! -- 2015-09-24 (木) 23:07:49
  • ホントに下野さんはうまい。こういう役をやらせて力みなく自然にももをやってくれていた。もう感激です。 -- 2015-09-25 (金) 16:36:14
  • 原作既読。下野さん演じるモモは文句なしに可愛かった。楽しみにしていた「やたちゃんスキ」シーンも萌狂いました。やはり演技お上手な方だと感動。そして八田役の小野さんすごく良かった!イメージそのもので格好いい。安元さんもやっぱり素敵。須田好きです。個人的にとても好みのCDなので続編出て欲しいです。 -- 2015-09-26 (土) 18:49:50
  • 下野さん可愛い。ろくでもないビッチなのになんか憎めない、程よく可愛らしいモモちゃんらしさが上手く出ています。さすがおっちゃんの下りは流石にオナホと言い換えたんだなと地味に笑いましたw安元さん小野さんもよかったです。原作は今続いてるみたいだし、また続編出てほしいなぁ。 -- 2015-12-23 (水) 13:35:59
  • 原作既読。八田とモモ、すごく声ピッタリでした!下野さんはこころなしかいつもより声がかすれて滑舌甘い感じで、酒・タバコ好きで色々と緩いモモ感が出てました。小野さんも、優しさと激しさと怖さのバランスが良くて、ワンコと見せかけてオオカミ、みたいな感じがよかったです。ただ、構成は原作のままで行って欲しかったなぁ。あと、音効さんにもう少し頑張って欲しかったです。あと少しだけSEが分かりやすかったら、もっと情景が浮かびやすかったのではないかと思います。でもほんと、ふたりともイメージ通りでかなり満足です。家政婦もよかった! -- 2016-01-13 (水) 22:55:38
  • 原作未読。クズ系ビッチ受けが受け付けなかったです。あらすじを読む限り成長と変化があるようですが「頭悪いけどこういうことなら」って24にしてこの姿勢。過程すらももう聴かなくていいやってなる。トラック1で視聴放棄。 -- 2016-01-24 (日) 23:17:15
  • 原作未読。とても面白かったです!普段は下野さんの受けがあんまり好きではないんですが、この下野さんは違和感なく聴けて、とてもよかったです。 -- 2016-01-25 (月) 13:57:17
  • 下野さん受けうまくなったなーと -- 2016-01-27 (水) 20:48:43
  • モモのキャラ自体は、隙があって体的にビッチになっちゃっただけかなという印象でした。罪悪感や常識ゼロの心理的ビッチとまではいかない感じで、そういうキャラは苦手なのにモモは大丈夫でした。キャスティングもドンピシャ、特にモモの愛嬌や隙まで下野さんが表現されてて、キャラに説得力がありました。お話も起承転結や因果関係もしっかりしていて、BLとしてよく出来てると思います。でもリピートする感じの作品ではないですかね・・・。濡れ場も激しいし、なによりなんだか萌えるところがなくて、聴き終わった後は「よく出来てるのにもったいない」という感想でした。 -- 2016-02-18 (木) 10:37:34
  • 原作未読なので、カットされている部分とかは分からなかったのですが、非常に丁寧に作られている作品だな、と感じました。元カレの安元さんがいい味を出していたのに加えて、メインキャストの声優が予想をはるかに上回って最高でした。萌!小野さんが泣くシーンは普通に可愛かったし、何よりも↑の方もおっしゃられていますが、下野さん受けが上手になったな!と。控えめなのを聞いてきたのもあってあまり期待はしていなかったのですが、かなり好印象です。 -- 2016-02-25 (木) 20:06:35
  • 原作未読。冷静に考えればモモのような子は受け入れ難いはずなのに、下野さんの可愛さですべてがチャラになりました。下野さん、本当に上手くなりましたね。小野さんと安元さんも好演。キャスティングの勝利という感じかな。 -- 2016-03-25 (金) 20:16:29
  • 原作既読。最高でした!最高なんですけど、もっとエロエロを想像してたので、カットシーンも多くて絡みも途中で終わったりと残念でした。皆さんも言ってますがキャスト勝利です!百ちゃんの下野さんも八田ちゃんの小野さんもピッタリでナイスコンビです。今度はカットのシーンと原作でまだ続いてる話を入れて「やたもも2」を作ってほしいですね♪ -- 2016-04-23 (土) 17:01:41
  • 原作未読。ただのエロだと思ってたら思いのほか深い話だった。モモは人を許すことに長けているな。経験則なんだろうけど、懐の深さにびっくりした。単に色々諦めて生きてきただけかもしれないけど。エロはこれで少なくなってるのか・・・。関係ないけど「ふわっとしたノリ」という言葉にちょっと受けた。 -- 2016-05-24 (火) 13:18:47
  • 最後の押し入れエッチが超やばい//小野さんの「泣かす怒」がカッコ良くてゾクッとした…下野さんの「声出ちゃっ」も想像どうり最高で「この人本当受け慣れしてるな笑」と改めて実感した。。 -- 2016-09-23 (金) 03:17:41
  • やたもも2巻3巻、17年 4月27日同時発売です!制作会社さん、是非ドラマCD化お願いします!皆さん待ってます!新キャラやモモの母など登場しますので楽しみ度MAXです☆ -- 2017-04-24 (月) 00:43:10

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit