Top > やんなっちゃうくらい愛してる
HTML convert time to 0.224 sec.


やんなっちゃうくらい愛してる

Last-modified: 2016-02-03 (水) 06:46:36

やんなっちゃうくらい愛してる Edit

  • 原作・イラスト: 高座朗
  • キャスト: (最上享二) 三木眞一郎×緑川光 (緋室優)/ 宮田幸季 (馬場カオル)/ 中田和宏 (宗念)/ 保村真 (井上啓介)/ 木川絵理子? (蜂谷美奈子)/ 高橋良吉? (出渕充)/ 小野大輔 (男子生徒)/ 三戸貴史? (男子生徒)/ 加藤木賢志 (男子生徒)/ 岡田加奈子? (女子生徒)/ 東さおり? (村の女)/ 青山桐子? (村の女)/ 尾小平志津香? (村の老女)/ 多緒都? (優の母親)
  • 発売日: 2003年08月30日    3,150 円
  • 収録時間: 58分46秒    トークなし   初回封入特典: ポストカード
  • 発売元: ムービック BE×BOY CD COLLECTION MACY-2205 / ビブロス
  • 作曲: 大寺宙
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
     
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 霊が見える不思議な能力がある緋室優(緑川)と、お寺の住職の伯父さん(中田)の手伝いで霊は見えないながらも除霊をやってる最上享二(三木)。幼なじみでラブラブな二人なのに、恋の進展はイマイチ。なぜなら、優は人並み外れた腕力の持ち主で、それゆえにトラブル続出。ふたりが最後の一線を越える日はいつの日か――!?
  • フリト有りません。ラストにCM有り。
  • 心霊コメディ高校生 低音緑川さんと怪力の持ち主Hが最後までいかない三枚目キャラ三木さんの叫び声が聴けます
  • ヘタレな攻めの三木さんと低音でブリ入ってない襲い受けの緑川氏
  • ヘタレ攻め三木×かなり低音で享二にベタ惚れな緑川。かなりコメディ寄り。三木のヘタレっぷりが結構はまっている。 -- 2008-04-03 (木) 15:13:14
  • テンポ良く、明るいのでホイホイ聞けます。おちゃめな三木さん、珍しい低音うけの緑川さんが、楽しめる作品。何気に宮田さんも良いアクセント。 -- 2009-06-30 (火) 19:43:17
  • このCDなかなかに名品ではないでしょうか。三木さんのこういうキャラはいいなぁ。活き活きとしてます。低音受けの緑川さん好きな人は必聴。「出したか」に爆笑。全体的に丁寧に作ってる感じが好印象。とても面白かったです。 -- 2009-07-02 (木) 11:00:23
  • 楽しく聴けて、適度に色っぽい。おススメです! -- 2010-02-25 (木) 18:11:12
  • 全体的にコメディタッチ。明るいお色気もあり、すごく楽しめた。超おすすめ!純情な高校生カップルが微笑ましい。偏執的な役の三木さんが苦手だったけど、この作品では明るくはっちゃけていてよかった。緑川さんの低音美声が好きな方はぜひ!すごい色っぽさ…。宮田さんとの掛け合いもすごく面白い。一つ欠点を言えば、おばあさん役の女性の声がわざとらしくて萎える。あと、宣伝トラックがめちゃくちゃ面白くて、おなかがよじれるほど笑った。 -- 2011-04-27 (水) 06:55:15
  • 三木さん×緑川さんでは珍しく緑川さんが低音で襲い受けキャラ。(普段はツンデレ、ブリキャラが多いので/笑)優の享二にベタ惚れっぷりがツボ。三木さんの絶叫も面白すぎ。個人的には緑川さんと宮田さんの掛け合いが可愛すぎて、ラストと宣伝のところは何度も聴いてしまいました。後は自身が霊やホラーは大の苦手で「返して…」の部分で情けなくビビってしまいました。 -- 2011-07-24 (日) 12:14:34
  • なんか闇の末裔。 -- 2011-08-22 (月) 17:54:08
  • コメディで楽しく聞けます。 -- 2012-05-22 (火) 13:19:23
  • いい意味で軽く、さすがの演技とストーリーがすっきりまとまっているので、初心者から上級者まで楽しめそう(笑)しかし、その分物足りなさも少し感じました。 -- 2012-06-25 (月) 22:08:55
  • 安定ある三木さん緑川さんがメインなので安心して聴けました。話自体はまぁまぁでしたが、もし相手が〜の仮説のところの2人の台詞が、声と演技の効果もあって切ない気分にさせられた。 -- 2012-08-17 (金) 07:14:43

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit