Top > インモラル・トライアングル Case.2 ネトラレ・トライアングル
HTML convert time to 0.015 sec.


インモラル・トライアングル Case.2 ネトラレ・トライアングル

Last-modified: 2017-05-21 (日) 07:55:31

インモラル・トライアングルCase.2 ネトラレ・トライアングル Edit

2017/02/06/〜2017/02/12のCDアルバム週間ランキング(2017/02/20日付) 75位

感想 Edit

  • とある劇団の座長兼脚本家を務める大世は学生時代からの腐れ縁の芝居仲間である千春とセフレ関係にありながらも、最近入団してきたカンナにご執心。カンナ自体も大世に対して憧れを抱いているようで、千春は内心面白くない。大世とカンナの関係にちょっかいを出してやろうと、千春は『ある計画』を企てる……。
  • 「アイツには内緒だよ……?」――舞台俳優×若手ルーキー×脚本家の三角関係ラブ。ココロとカラダはいつもウラハラ。危険でインモラルな三角関係BLCDが登場!
  • 「インモラル・トライアングル」は「不純な三角関係」をテーマにしたオリジナルBLドラマCDシリーズです。ココロとカラダがウラハラな男子達が繰り広げるボーイズラブを、たっぷりと濃厚なオーディオドラマで描きます!
  • トラック6中4は多少フェードアウトがあるけどエロシーンはほぼなし(その分5と6と特典が濃厚!)。佐藤×古川で濃厚なキスシーン有。BGMはかなり少なめです。ネトラレ感皆無なのは残念だけどその分ハッピーエンドが好きな人にはお勧め。1では感じられなかった3P感もこちらではふんだんにある。新垣さんエロシーンは喘ぎっぱなしでお疲れ様です…濃いエロシーンがそこそこあったけれど息切れしていないのは流石。佐藤さんも古川さんも息の合った演技で聞いていて楽しかったです。 -- 2017-02-09 (木) 21:39:31
  • オリジナルBLCDで3人?と尻込みしたもののトラック1〜4まではガッツリとお話を5と6でエロシーンをと描いていて原作がない反面役者の演技だけでお話が分かるようにして意外にも満足。インモラルというより3人で関係を進めていくハッピーエンドという感じで楽しい。ちょっと軽めな性に奔放なキャラを佐藤さんが(しかし実は…)自分の気持ちに戸惑いながら年上の人に惹かれる熱い青年を古川さんが二人の気持ちに翻弄されながらも受け入れていくキャラを新垣さんが好演しているので声優ファンの方にも芝居を楽しむ面でもオススメです。アニメイト限定盤のみ試聴。 -- 2017-02-18 (土) 14:47:42
  • 受がビッチでも流され系でもなく誠実で攻め2人の仲が良く大団円な3Pって初めて聴きました。3Pはあまり好みじゃなくて今まで多く聴いたわけじゃないので特に珍しくないのかもしれませんが、自分的には新鮮で面白かったです。受の包容力と懐の深さ、そして色気がすごい。カンナの純真さも、千春の一見軽そうで実は...なところも好感が持てます。ムードメーカーな千春のキャラがすごく良い。ドロドロな三角関係が好きな人には物足りないかもですが、気楽に聴ける作品で予想してた以上に楽しかったです。キャストさんは3人とも超安定の良演技で言うことなしです。 -- 2017-02-26 (日) 11:16:57
  • 感想を上げてらっしゃる方の意見に同意なのですが受の大世が包容力があり自分の意思を貫いて流される事もなく二人の青年を受け入れるという構図がとても新鮮。長年大世とセフレのような関係を貫いて来た千春の本当の思いと後輩カンナに対する親愛ぶり、二人の先輩を男としてそして弟のような立場で慕うカンナ…と最後までドロドロもせずドラマをちゃんと書ききってる脚本ととにかく声優さんの演技が秀逸でした。どの声優さんのファンも満足できる内容だと思います。フリートークは仲良しで聞いていてとても楽しい、思わぬ一品でした。 -- 2017-02-26 (日) 20:39:22
  • 記載は会社名になってるからわからないが、脚本変わった? 1に比べてずいぶん話がまともになった。受けが「よし、二人を相手してやろう!」になる過程はやや掘り下げ不足で「マジか?」となるものの、シチュCDってことで許容範囲内。キャラクターも地に足がついた感じで聴きやすい。セフレの攻めがもっと嫉妬でぐるぐるネトラレてたらさらに萌えた。演技面は安心のメンツでエロシーンがちゃんとエロいです。 -- 2017-03-30 (木) 15:28:40

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit