Top > エクスタシーは永遠に〜美しき牢獄〜
HTML convert time to 0.020 sec.


エクスタシーは永遠に〜美しき牢獄〜

Last-modified: 2014-05-19 (月) 07:42:14

エクスタシーは永遠に〜美しき牢獄〜:おい!田中くん完結編〜目覚めたときにはそばにいて〜 Edit

感想 Edit

  • 1:医学部を卒業して研修医となった風間貴臣は、天才外科医と誉れ高い天才外科医・平岩章吾の助手に抜擢される。喜んだのも束の間、彼を待っていたのは陵辱の日々だった… 2年後、貴臣は章吾の仕打ちに耐えながらも、周到な復讐計画を用意していた。そしてそれを実行に移し、予定通り平岩を陥れることに成功する。さらに貴臣は脅迫しようとするのだが、平岩はそれを一蹴するのだった。 優位に立ったはずの自分が逆に追い詰められているという状況に困惑する貴臣。さらに病院長・小田切の一人娘と平岩が、結婚するというウワサを耳にして動揺を深める。 その時、貴臣の前に現れた、平岩のライバル医師・乙宮雄一。彼は平岩失脚を狙い「平岩のスキャンダルを提供する代わりに、君の将来を約束しよう」と貴臣を誘ってくるのだった。 冷たい態度を取る平岩の真意とは!? そして貴臣の下す決断とは…!? 大学病院を舞台に繰り広げられる陰謀と愛憎の物語!
  • 2:同じ大手企業で働く田中二郎と田中建司は恋人同士。だが、人事異動で別の部署になった上、互いに仕事が忙しく、2人はすれ違いの生活を続けていた。そんな折り、久し振りに一緒に過ごした夜に、二郎はふたりで共に住むことを提案する。すぐに引っ越しを決め、新しい“2人の城”に移った二郎と健司は、まるで新婚生活のような幸せな日々を送るのだった。そんな中、2人の新居へ二郎の弟・三郎が突然訪ねて来る。三郎は、両親が離婚した際、父・博史とニューヨークに残っていたのだが、「ある知らせ」を持って来たのだ。それは、二郎と健司に別れをもたらすものだった……。
  • 医学部を卒業し研修医となった貴臣には、天才外科医と誉れ高い平岩の助手に抜擢される。喜んだのもつかの間、彼を待っていたのは陵辱の日々だった――。
  • 通販特典CD、フリトとミニドラマで42分半弱。DISC2:キャストロール櫻井さん鈴村さん堀内さん田坂さん松岡さん倉田さん出村さん松本さんでラストトラック残り1分ぐらいの所から約30秒。
  • 「エクスタシーは永遠に」と「おい!田中くん完結編 〜目覚めたときにはそばにいて」の別作品2本立てです。 -- 2008-01-08 (火) 08:12:35
  • 鬼畜な外科医(森川)が研修医(櫻井)を弄ぶのに萌えました。嫌がりつつも、外科医との情事に溺れていく様がなんともエロチックです。
  • これ、タイトルからすると、ギャグなのかな〜… と思っていたのですが。とんでもない!シリアスで、泣ける… 凄くいいお話でした。
  • カテーテルを突っ込まれる櫻井の絶叫に鳥肌。痛々しいのだけどぞくぞくする程にエロチック。卑屈げに話す研修医がまた良好… -- 2008-03-17 (月) 13:11:51
  • 別れ間際の2人の絡みが愛しくて切なくて…此処はファンならば聞く価値ありです。 -- 2008-03-17 (月) 13:14:52
  • 田中くん、前作は非常にあれだったのに不覚にもこの作品は泣いてしまいそうでした。 -- 2008-03-17 (月) 13:46:53
  • 最後のHシーンの櫻井さんの吐息系の喘ぎが艶っぽ過ぎてメロメロでした -- 2008-05-24 (土) 01:06:09
  • 主演二人のじゃれ合いが自然で聴いていて、とても微笑ましかったです -- 2008-05-24 (土) 01:07:54
  • BGMがところどころ変で気になった。特にカテーテルのシーンは、櫻井氏の叫びがとても辛そうなのに、BGMが空気読めなさすぎで萎えた。 -- 2008-07-13 (日) 19:51:23
  • 話にはまったく期待せずに聴いたが、あまりのつまらなさにびっくりした。最近のBLと比較すると、世界観とか台詞・シチュエーションが、非常に古臭い。メインの森川・櫻井は息がぴったりで、さすがの安定感。キャスト目当てと割り切って聴くことを薦めます。 -- 2008-09-13 (土) 21:36:11
  • 頭をかきむしりたくなる位つまらなかった。この作者独特の言い回しにはげんなり。頭でこねくりまわしたような台詞には血肉が伴っていない。ラストの手紙の朗読にはちょっと心が動きかけたが、櫻井の読み方がうまかったにすぎない。 -- 2008-09-22 (月) 00:56:05
  • ほんとに毛布にくるまって、近くでじゃれあってるのが、ほんとに自然で、きっとこの二人だからって感じ!前作よりはるかにいい出来! -- 2009-01-10 (土) 12:18:27
  • いやいや・・・ほんとに二人でくるまってる感じっていう意味!前半、甘々なのに、後半シリアス、鈴と櫻井の声のトーンが普段の声に近くて、それが更に自然さにみがきをかけている感じ!タイトルからは想像できない泣かせる話にキュンと来ること間違いなし!二人のファン倍増計画作品だわ! -- 2009-01-10 (土) 12:43:10
  • 2枚組みでこのお値段、ボリューム自体は間違いないので一聴の価値はある。設定が好みの範囲ならひどく外れることは無いように思うので、好き声優さんもいればお勧め。以前もあまり評判芳しくないものを聴いたけど、他の評判上々のものに比べ大差ない印象だったし、聞いて見なければ分からないのタイプかもしれない。 -- 2009-02-19 (木) 16:07:45
  • ドラマストーリーに期待しちゃいけません。色っぽく艶っぽく妖しい雰囲気やら場面やらを、延々聞きたい時に最適な逸品。あの手この手で場面を変えているだけなのに退屈しないで聞き入ってしまう。これはひとえに演技力の賜物。森川ファン櫻井ファンでじっくり存分にデリケートな息遣いを堪能したいなら、お勧め。 -- 2009-02-23 (月) 10:24:20
  • 前作のショートショート集で「続きが聞きたいなあ・・・」と思っていた作品で、その中からシングルに昇格。前回が物足りなかったのでよかった。 前作はリバースだったけど今回は健司が攻めか。内容はシリアスで悲しくなります。幸せな二人に訪れる別れ・・・。ついつい泣いてしまいました。こういうストーリーでくるとは思ってませんでした。-- 2009-08-26 (水) 08:59:29
  • お〜い田中くん。続編「ニューヨーク編」とかあればよかったのに・・・ -- 2009-08-26 (水) 09:38:36
  • 特典フリト、おい田中くん誕生秘話、森川さん一日3〜4エクスタシー、檜山さん初お医者さん、カテーテルって痛いの?賢雄さん、親戚に聞いてくる、完結編でお会いしましょう。イクのは奴らだ(前作田中くん)、行ったっきり帰って来ない成田さん。新たに聞きたいので配役を。このままノー編集でスタート、新おかまブラザーズの見せる温泉での失態(FT・30分強)特別版「新おかまブラザーズの湯煙温泉ツァー露天風呂までご一緒に」アドリブ?てんこ盛り。ディナーはガングリゴン。夜は枕投げ。本名のまま素のままガヤガヤグタグタワイワイで終わり(ミニドラマ・12分強) -- 2009-09-16 (水) 14:54:00
  • 短いがキャラクターの関係や背景など必要なものはハッキリと表現できていて素直に受け入れることができる。結局愛があるのでさほどハードルは高くは無い。キャストベテラン揃いで耳が幸せ。おかまブラザーズは相変わらずの腹筋崩壊。なんだかんだでお得なCDだと思います。 -- 2009-09-17 (木) 10:08:39
  • まさか着地点がこんなだったとは。櫻井氏が手紙を読み上げるシーン、それを読んで号泣する鈴村の演技、泣いてしまうこと間違いなし。 -- 2009-12-25 (金) 07:05:06
  • 小中学生が親の完全移住で海外に行くというならまだしも、いい大人がたかがアメリカ渡航くらいで・・・なんでこんなに悲劇的になるのかもうさっぱりわかりません。役者さん達の演技は素敵でした。 -- 2011-01-20 (木) 19:31:04
  • オチがあれなら、ニューヨーク編があってもよかったかも。 -- 2013-01-16 (水) 14:57:43
  • 櫻井さん、先生とか言ったらだめだと思う! かわいすぎるから -- 2013-01-26 (土) 20:55:41
  • ↑にもありますが、今どき社会人がたかがニューヨーク行くぐらいで、というのは非常にひっかかりますが、お二人の作りすぎていない感じの声と演技はとても素敵です。 -- 2013-02-18 (月) 23:27:30
  • 特典の「イクのは奴らだ」を電車の中で聞いてたら笑いをこらえるのが大変でした。ぐだぐたすぎておかしかったです。本編の方は森川櫻井カップルはエロいし、田中君たちはラブラブで、どちらも短いわりによかった。田中君はバッドエンドかと思いきや希望が持てそうでよかった。 -- 2013-10-23 (水) 20:06:51
  • ストーリーとセリフとBGMは突っ込みどころ満載。キャストの演技は良いのでファンだったらそれなりに楽しめると思う。 -- 2014-05-19 (月) 03:10:37

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White