Top > オマケの王子様
HTML convert time to 0.004 sec.


オマケの王子様

Last-modified: 2015-12-29 (火) 07:05:10

オマケの王子様 Edit

  • 原作: 高月まつり    イラスト: こうじま奈月
  • キャスト: (ルシエル・ヴァート・ウォーリック) 大川透×柿原徹也 (高塚理央)/ 鳥海浩輔 (トマス・シャイヤ)/ 鳩村侑? (高塚真理)/ 井上剛 (パトリック/ウォーリック公)/ 前田真里? (高塚耀子)/ 堀越真己? (キャスリン)/ 石川桃子? (マリエル・ヴァート・ウォーリック)/ 松本ヨシロウ? (男性1・男)/ 須藤翔? (男性2)
  • 発売日: 2010年05月26日    3,000 円
  • 収録時間: 73分30秒    トークあり
  • 発売元: フロンティアワークス ダリアCD FCCB-0022 / Dariaコミックス
  • 脚本: 平舞喜歩 脚本監修: 高月まつり / 長谷川三希子 音楽: 劔持満
  • 演出: えのもとたかひろ 演出担当: 北垣貴司(Dream Force) 効果: 稲田祐介(ゼロデシベル)
  • 調整: 都築寿文(スタジオインスパイア)/ 加藤恵美(整音スタジオ)
  • 録音スタジオ: スタジオインスパイア / 整音スタジオ 調整担当: 牛黒希美(スタジオインスパイア)
  • マスタリング: 小林良雄(ビクタークリエイティブメディア代官山スタジオ)
  • マスタリングスタジオ: ビクタークリエティブメディア代官山スタジオ 音響制作: Dream Force
  • ブックレット: アフレコレポ
  • 通販特典小冊子: 高月先生書き下ろし小説+こうじま先生描き下ろし1頁
  • 関連:
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    オマケの王子様〓 
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 平凡な日本の大学生だった理央は、父親が亡くなった事で突然ヨーロッパ小国の皇太子に!!だが、王位継承者は姉の真理で、理央はオマケだったのだ!そんな理央の教育係に就いたルシエルは、玲瓏とした美青年。だが、ルシエルは厳しい上に意地悪で何を考えているのかまるでわからない!そのくせ理央にキスどころかHまで…ッ!!ルシエルに与えられる甘い刺激に理央は抗いきれるのかっ!?
  • フリト柿原さん大川さん鳥海さんで「初対決」リレートーク約1分半。
  • 原作既読。原作者による大幅な脚本手直しが入り、ラブストーリーだけの原作とは別物並?の作品になっている。そのためそれ以外の出来事が柿原氏のモノローグで片付けられている。このモノローグが長く、柿原氏の発音が自然な日本語のものでは無い(しかもやかましい)ので、ストーリーを追うのだけでも耳に厳しい。また、大川氏は敬語部分ではあまり気にならないが、普通の喋り方になると急に年配男性の声に聞こえる。原作既読でなければストーリーが分かりにくい脚本は如何なものか。また、柿原・大川両氏は個人的にミスキャストの感が拭えない。キャスト買い以外の人にはお薦め出来ない作品。 -- 2010-05-27 (木) 16:46:50
  • 原作既読。脚本が酷い、原作者が関わらず脚本の人のみに任せた方がマシだったんじゃと思える酷さ。原作者だからこそポイントを一つ絞って残りをばっさり切るのが許されると思うのに何やってんだか、ともかく呆れる程に酷い脚本。変人攻×やんちゃ受。柿原さんの声質は好みなので喜怒哀楽激しくて可愛かったです、喘ぎは息止めが短めになって以前よりは喘ぎっぽくなってます、このまま喘ぎ上手になってくれるといいんですが。始終きゃんきゃんギャースカしてるので苦手な人にはやかましいと思う。大川さんは変な役柄を美声でこなしてました、確かにちょっと声が年上過ぎな気がしますが大川声好きでエロシーンも意外とあったので個人的にはOK。フリトは1分半位。まあ柿原さん好きならひたすら喋り捲るってるしエロもあるしで買って損はないかと。作品としては訳わからん出来です。 -- 2010-06-02 (水) 14:24:23
  • 全体を通して、何を言いたいのかが全く見えてこない。全てがぶつ切りの状態でこれは、ストーリーが云々と言うよりキャストの声のみを楽しむためのCD的な感想。何故このCDが発売されるのかが失礼ながら疑問に思う。挿絵の作家さんが個人的に好きでは無い事もあり聞くのを戸惑っていたけど、「やっぱりね・・」と。 -- 2010-06-13 (日) 07:40:19
  • 上の方も仰るように、このCDは原作キャラに声をつけてみたらこういう風になった、というだけのCD。悪い言い方をすれば原作者の萌えシーンの詰め合わせを押し付けられている感じを受ける。そもそもストーリー作品として成り立っていないのが致命的。原作者が脚本に手を入れているのなら、最低でも作品として聞けるものにすべきではなかったのか。キャストが好みなら購入して聞くのも良いかもしれないが、それ以外にはわざわざ購入して聞く価値もないかと。とにかく、今まで聞いたドラマCDの中でも最低の出来。そもそもドラマCDにすらなっていない。 -- 2010-06-13 (日) 13:07:55
  • 王子様作品は申し訳ないけど内容を期待していないのでこんなものかなぁとも。自分のように原作未読キャスト買い(声を楽しみたい)人以外は辛いかもしれません。 -- 2010-07-14 (水) 18:19:58
  • こちらのレビューを拝見して覚悟して聴いたものの、やはり「?」な作品でした。何だか中途半端な印象でした。いっその事、もっと徹底的におバカ路線を突っ走ってくれた方がすっきり楽しめたかも。このキャストなら、もっと聴き応えのある原作の作品が他にあったのでは…とは思いますが。 -- 2010-09-02 (木) 22:43:14
  • 原作は全く知りません。覚悟して聞いてみましたが、最低というほどではなく楽しめました。ギャンギャン可愛い受けがお好きな人には良いと思います。設定は適当ですが、BLにありがちな妄想設定の範疇です。萌えるシーンに重きが置かれていると感じましたが、原作者脚本ならではなんでしょうかね。大川さんの声が素敵でした。 -- 2011-05-31 (火) 22:30:08
  • 覚悟してきたのですが、普通に楽しんで聞けました。たぶん、構成がとか難しいこととか判らないので、不満はなかったです。 -- 2011-10-26 (水) 15:56:20
  • 肩肘張らずに洗い物でもしながら聞けるBL。一般庶民が突然王子に!ってトンデモ設定ですが。声優さんが好きなら大丈夫かと。柿原さんは喋りまくり叫びまくり、喘ぎも可愛いあーん系じゃなく男の子が必死に耐えて喘いだ声(ぐはっとか)で何かリアル。聞いていて楽なのは可愛い系なんでしょうけどね。大川さんは変人教育係。いきなり王子にラブっていて驚きましたがw冷たい声と迫る声にドキドキしました〜。萌えるCDです。 -- 2012-06-12 (火) 11:30:53
  • ここのレビューを見て覚悟して聞いてみました。確かに設定とか話の流れとかが突っ込みどころ満載でしたが、大川さんはいい声だし、柿原さんは相変わらずな少年ボイスで、ちょこっとしか出てない鳥海さんが偉いインパクトあって楽しい感じでした。 -- 2013-08-14 (水) 17:30:06

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit