Top > ジェラテリアスーパーノヴァ
HTML convert time to 0.030 sec.


ジェラテリアスーパーノヴァ

Last-modified: 2017-02-23 (木) 21:17:53

ジェラテリアスーパーノヴァ   Edit

  • 原作・イラスト: キタハラリイ
  • キャスト: (kio(政田直規) 古川慎×佐藤拓也 (里谷智秋)/ 比留間俊哉? (篠山)/ 兼政郁人 (石川)/ 浜田洋平? (友人)/ 藤田茜? (菅井)/ 大隈健太? (店長)/ 齋藤綾? (女子学生)/ 森千晃? (女子学生)/ まつだ志緒理? (スタッフ)
  • 発売日: 2016年01月27日    3,240 円
  • 収録時間: 71分02秒    トークなし
  • マリン通販特典: キャストトークCD (佐藤、古川)
  • 発売元: マリン・エンタテインメント MMCC-3198 ルボー・サウンドコレクション / 竹書房バンブーコミックス Qpaコレクション
  • 脚本: 椎名理生
  • 音響監督: 本山哲 録音調整: 武藤雅人(スリーエススタジオ) 音楽: 川中ゆかり
  • 音響効果: 今野康之(スワラ・プロ) スタジオ: スリーエススタジオ 音響制作: addelement
  • リバーシブルジャケット仕様
  • アニメイト特典: 描き下ろしペーパーA / コミコミ特典: 描き下ろしペーパーB
  • 関連画像(Amazon.co.jp) アルバムCDランキング
    ルボー・サウンドコレクションドラマCDジェラテリアスーパーノヴァ  
    TRACK LIST

2016/01/25日〜2016/01/31日のCDアルバム週間ランキング (2016/02/08日付) 98位

感想 Edit

  • ―― もっと、もっと、ここ … 苛めて。名前も知らない奴と、衝撃的なセックスをするだけの週末を過ごす生活。出会い系の掲示板で、適当に知り合った間柄。思春期を使い果たしてこぎつけた初体験は、何も感じなかった … 。互いに距離を詰められぬまま、時間が過ぎていく。――― 大人になりきれない、とある恋の物語。
  • 特典フリト佐藤さん古川さんで「ハジメテを」「きゅん」「実年齢年上(佐)」「ココロプルプル」「どうした!?」「忘れられない仕事に」「アイスとジェラート」「トルコアイス」「状況と相反した」「交換できない」「時効」「卓球バンド」初対決約19分。
  • 原作既読。佐藤さんと古川さんの組み合わせ少し心配してたんですが、演技力とかではなく声の声質が感じが似てるなと他のドラマCDとかで感じてたので、実際聞かせてもらうとやはりお2人声の感じが似てて驚く程でした。佐藤さんの役のsatoは若干声高めで演じられてたからなんとか聞き分けもできましたが、佐藤さんが低音でされてたら聞き分けがわかりにくかったんだろうなと思いました。佐藤さんはエロ可愛らしくこんなセクシーな喘ぎ聞かせられたら受の仕事益々増えそうかなてww古川さんはこういう飄々としたつかみどころのなさそうな大人なな役って初めて聞きましたが、頑張ってらしてるなと、kioさんはもう少し落ちついた低音ボイスの方がよかったなと個人的に思いました。古川さんも大好きなのでこれから期待して行きたいです。 -- 2016-01-29 (金) 09:58:19
  • 原作未読。これから買いに行きたいです。すごくよかった。少しずつ心が近寄っていく感じが好きな人には買いですよ。そして佐藤さんの喘ぎいいですねー。攻めしか聞いたことないし低音が素敵だったので、正直、この声で喘ぐのか…?と思ってました。すみません!!めちゃくちゃ可愛い、色っぽい&上手です。これから佐藤さん受け聴き漁ります!!古川さんもこれまた低音のまぁいい声///作中の「可愛いね…」、本っ当に最高でした。強いて言えば男子学生だけの飲み会のBGM?でどーんどーんと地響きみたいのが鳴ってたんですが、あれ何なんでしょう?原作読めば分かるのかな。とにかく、久々に好みのCDに出会えて大満足です。 -- 2016-01-29 (金) 21:10:25
  • 原作既読。古川さんと聞いて購入しました。kioさんの声はもう少し低い声がいいかと思ったのですが、情事のシーンで低い声や吐息は「おお‥」と思いながら聞いていました、良かったと思います。佐藤さんは可愛らしい声にびっくりしました。お二方の活躍に今後期待です‥!!! -- 2016-01-30 (土) 16:12:43
  • 古川さん初絡みということですが、キャラ的には年上の余裕がある感じのキャラだと思うので、初めてのぎこちなさというか頑張ってる感が出てるのがこのキャラクターに合わないかなあという印象でした。それ以外は特に悪くはなかったと思うので今後に期待です。佐藤さんは普段より声高めに作っていますね。絡みシーンもぐずぐずになってる感がエロくて可愛いですし、普通の会話のシーンでも恥ずかしがって声が小さくなるシーンとか小動物みたいで可愛くて堪らないので佐藤さんのファンには是非オススメしたいです。個人的に気になったのは日常シーン等の要所要所で使われてる動作音というか生活音がなんか世界から浮いてるというか雑にくっつけた感じがして、今までこういう生活音のSEが気になることはなかったのですが、すごく違和感をおぼえて気になってしまいました。ストーリー自体は王道というか無難な感じで聴きやすい作品かと思いますし濡れ場も割とガッツリあるので全体的にはおおむね満足です。 -- 2016-01-31 (日) 13:47:24
  • 佐藤さんに驚愕させられっぱなしの一枚でした。こんな引き出しがあったんですか!?声のトーンが高い、でも無理してる感もない。ものすっごくすっごく可愛いです。ちょっとした一言だとか焦ったり照れたりする声が、可愛い!もともと可愛い設定の受けですが、その破壊力を生かしきっています。喘ぎも可愛いです。ですが不思議なことに、エロいシーン大好物、受けの喘ぎの為に聴いてますと言ってもいいくらいなのに、そっちより日常パートのリアクションの数々を聴きかえしたくなります。それくらいsatoが可愛いです。かといって絡みがエロくないという意味では全くなく、古川さん演じるkioとの演技は、いいです。呼吸がきちんとあっていて、何が起こってるか音だけで察せます。変なBGMや演出音もなく、いい絡みを堪能できます。佐藤さんのインパクトに押され気味でしたが、古川さん初絡みで、この呼吸の合わせ方は凄いのでは。普通の会話では設定どおりの大人の男という感じは、ちょっとしないですが、絡みではポイント押さえてきます。攻めながらの台詞いいです。どう頑張っても声が若いので、もっとあった役でまた聴きたいです。切なめのすれ違いからラブラブなので安心して聴けて幸せな一枚です。ただときどき、演出のほうで変な間があったり、アイス食べるとき、そんなエロい音入らないよね、とか、時間軸飛ぶのでちょっと分かりにくいとか、気になるところがありました。お二人の声が似ているという指摘がありますが、確かに似てます。似ていますが、演技で聞き分けられるので、混乱は起きませんでした。 -- 2016-02-01 (月) 20:49:38
  • メインのお二人はすごくよかったのですが、里谷の友人たちのテンションとボリュームとの格差が激しすぎて、正直うざさを通り越して耳がきつかったです。 -- 2016-02-02 (火) 03:49:19
  • 佐藤さん受け、コ/イ/ト/モの時は今ひとつかなあと思っていたのですが、これは色気増々で上手くなっててビックリ。深刻な攻めキャスト不足wにより攻め役のオファーの方が多そうな方ですが、受けももっと聞きたいですね。古川さん、心配していたほど佐藤似、棒演技ではありませんでしたが、攻め喘ぎがちょっとウホッというか、オッサン入りすぎてたような…28設定にしちゃ地の演技も老けすぎな気がしました。話自体はあらすじ読んだ感じよりはエロ<<ピュア路線で良かったです。 -- 2016-02-02 (火) 05:59:43
  • ↑の方に同意。私もコ○ト○モの佐藤さんの受け演技は今一つ好みでなかったのですが、sato役の可愛さ&受け演技にはビックリ!こんな引き出しあったのね!と。絡みのエロ可愛さに悶えました。攻めの佐藤さんが好きでしたが、受けもありだな・・・と。古川さんは第一声が役と合ってなくて違和感。その後少しづつ寄せていってる?的な印象。耳に馴染んだなとと思ったら、絡み演技で急にエロオヤジ・・・でも、トータル的にはリピしたくなるCDです! -- 2016-02-02 (火) 08:13:35
  • 佐藤さんといえば低音攻めのイメージだったんですが里谷の可愛い受けも自然に演じられてて感心しました。そして安定のエロボイスでした。古川さんは原作と声のイメージが違ったんですが初めてのBLの絡みにしては上手いとおもいました。これからが楽しみです。あとフリトの古川さんのテンションが面白かった。 -- 2016-02-02 (火) 22:52:16
  • 原作者デビュー単行本発売とCD化が同時に告知され、キャスティングは某人気ゲームキャラクターを演じる古川さんと佐藤さん。発売告知があった2.0.1.5年8.月.17日、某SNSでは「BLCD」がトレンド(そのSNSにおいての話題キーワード)となり話題になりました。話題性はあったのですが、実際に購入した人はどれくらいいたのか気になります。原作未読ですが、もっといい原作をCD作品にしてほしいです。某ゲームはプレイしていませんが話題性があるのにもったいないと思いました。里谷がなぜkioを好きになったのかが描かれていなくて、描かれなくてもいいのですがその分kio(古川さんの演技)から何か魅力を感じられたらよかったのですが…。体を重ねていく過程で二人の気持ちに変化が起こるというわけでもなく、もやもやとしたまま同じことを繰り返す流れが本編の4分の3くらいも続いていて退屈でした。里谷の友人達の合コンしたい話とか彼女いなくてワーワー言ってるところ等も同じことの繰り返しで、テンションが寒くて鬱陶しい(だから友人達はモテないのか)。この友人達の描写必要なのかな?と。メインキャラ、友人達も含めてキャラクター全般に深みや魅力が無く、ストーリーに萌えどころもあまり感じられませんでした。本編終盤やボーナストラックでは里谷が可愛く思えて良かったですが遅きに失した感があります。良かったと思った点は佐藤さんの受け演技です。古川さんは初聴きでしたが、演じるキャラクターのせいかもしれませんが少し一本調子に聴こえました。他の方と同様に絡みでのエロおやじ風な演技に違和感ありました。 -- 2016-02-03 (水) 19:58:41
  • 原作未読。中の人的には逆の方が役に合う気がしますが、新鮮みがあってこれはこれで良かった。佐藤さんの演技は某女帝を彷彿とさせるエロ可愛い系でした。個人的にはコイトモ○の控えめな喘ぎの方が好きですね。内容はキャラクターに厚みがなく、お互いがどこに引かれ合っているのか分からなかった。話も起伏がない。フリートークは古川さんが若手芸人みたいで謎テンション -- 2016-02-06 (土) 11:46:58
  • 原作既読。ザッと聞くと同じシーンの繰り返しに感じるかもしれませんが、体から始まった関係が時間と肌を重ねていくうちにいつのまにか恋愛感情に変化していく過程の繊細なところをキャストのお二人が丁寧に演じてくれていていますし、友人達が女子とのことで騒いでいるのと興味を持つことのできない里谷くんとの温度差も描かれていてよくある話ですが丁寧に作られていると思います。ただ温度差が大き過ぎて脇が騒々しく感じました。絡みは申し分なくお二人とも色気が凄いです。回数やバリエーションもあるので素晴らしい作品です。他の作品含めお二人とも演技の引出しが多く今後も期待しています。 -- 2016-02-06 (土) 22:47:59
  • 佐藤さん時々檜/山さんに感じが似てる時があるな、叫んでる所なんか特に…佐藤さんは受もセクシーなので、今度リバな役もやってもらいと思った。古川さんは実年齢と攻の年が同じぐらいだと思うが、初めての攻で気負いすぎなのか?いつもの魅力が感じることができなかった。たくさん攻役をこなし唸らせる演技を見せて欲しいです。 -- 2016-02-08 (月) 10:11:46
  • 原作既読。原作は雰囲気と勢いだけで描かれた作品なのでわざわざCD化してどうしようと?と思っていたら脚本が良かったのか、原作より全然切なさが出ていました。受けの佐藤さんですが今までの作品では叫んだりオラオラっぽいのはこなせていてもビミョーな気持ちを表現することがイマイチな人だったので期待していなかったのですが、期待していなかったせいか、このトーンなせいか、「俺ってすごいだろ?」が声から醸し出てなくって良かったです。古川さんは初めてにしては上手に攻めを演じられたのではないでしょうか?とにかくこのCDは脚本と造りで勝利した感じです。 -- 2016-02-09 (火) 18:14:37
  • 原作未読・キャスト(佐藤さん)買いでしたが、大当たりでした。最初はお二人の声が似てて判らなくなって半分ながら聞きしてましたが、中盤から最後まではもうキュンキュンしまくりで、既に5回以上リピートしてます。ファンとして佐藤さんの声は概ね知ってると油断してましたが、まだ別の引き出しがあったんですね。普通の里谷君も可愛いですが、驚いたりがっかりしたり、はにかむところとかもとても自然ですごく可愛かったです。またしっかりエロくて、佐藤さんの低音攻め大好きなんですが受けも良いなと思いました。古川さんはこのCDで初めて拝聴しましたが、千/葉/進さんに少しだけ似てません?優しくて柔らかい大人の声で、kioさんのイメージにぴったりでした。序盤の濡れ場は確かにちょっとオヤジはいってる気がしなくもなかったですが(笑)。でも私が最初キュンとしたのは里谷君が夜電話した時の「はあ〜い」から。そこから最後まですべての会話・場面・モノローグが私の好みど真ん中で...kioさんのセリフ一つ一つそのさり気ない口調が好きすぎてたまらなかった。スペシャルトラックも微笑ましくて、買って本当に良かった!と心から思えるCDでした。最初は二人がお互いに惹かれていく様子をもうちょっと描いてほしいとも思いましたが、聴いていれば自然と分かります。里谷君は純粋で健気で可愛い、Kioさんは優しいザ大人の男。惹かれないわけがない。私は里谷の友人達も可愛くて好きでした。ずっとキーキーしてたコにも早く彼女ができますように。FTも楽しかったしお二人が原作について色々と話してくれて益々好感度UP。私も原作買います!本編含め特典まで当分リピすると思います。 -- 2016-02-11 (木) 03:37:42
  • 上の方に書かれている飲み会中の地響きは、カラオケボックスの雰囲気なのでは。隣の部屋の重低音だけ聞こえている、みたいな。SEを色々と工夫している割に空回り、という感じが多少しましたが、全体的には丁寧に作っていると思いました。原作未読のせいか、現在と出会った頃で時間軸が行きつ戻りつするのと最後の方はさらに視点が主役2人の間で動くので、時間の流れがちょっとつかみにくいです。政田、里谷それぞれの声は合っていると思いました。小道具としてジェラートも効いています。 -- 2016-02-17 (水) 17:28:03
  • 原作を読んでみて再度レビューです。時間軸が行ったりきたりして、ちょっと分かりにくいなぁと思っていたのですが、原作のまま音声化したんですね。本当にほぼそのままでした。絡みが、ちょっと台詞増えたりしてたかな? 友達役がうるさくて、原作のような仲のいい友達に聞こえない、うるさいモブ止まりだとか、やっぱり古川さんの声では若すぎたとか、食べるときにチュパ音ぼい音はちょっととか細かい残念点はあるのですが……やっぱりそれでもどうしようもないほど萌えます!お二人とも絡みが抜群に上手い…!こういうしっとりした絡みの色気というのは、先天的な才能の問題な気がするので、もう、二人ともよくて悶絶。古川さんが大人声を出そうとして、ダミ声入ることがなかった、電話での静かな会話や、初めてのときのキスの演技とかは何度でも聞きたい。激しいことは何も起きてないのに、色気たっぷりでもう本当に萌えます。音声化して化けた作品だと思います。原作は読んでみたものの、本当にそのままだったので読まなくても問題はありませんでした。せいぜい絡みが具体的に何をしているのか分かるくらいです。 -- 2016-02-17 (水) 23:30:24
  • 原作未読。ここの評価がよかったので購入したのですが、とてもよかったです。佐藤さんはクールなキャラや男らしい演技のイメージが強かったのですが、絡みのシーンでは「これ本当に佐藤さん…!?」とキャスト欄見直してしまうくらいめちゃくちゃかわいかったです。特に「……ばか」の破壊力がすごすぎて何回もリピートしてしまいます。古川さんのお声はあまり聞いたことがなかったのですが、低すぎない色気のあるトーンがとてもよかったです。CDを聴いたあと原作も読んでみたのですが、CDのほうが絡みのシーンエロかったように感じました。特に目新しい展開や設定はないですが、お二人の演技も良く、絡みのシーンも十分にあったので個人的には当りでした。最後のspecialトラックがほっこりして好きです。 -- 2016-02-24 (水) 09:05:30
  • 佐藤さん目当て。あと某刀の声優さんカプ事情も。原作読みながら聴きました。佐藤さんの声や演技の振り幅に驚きました。えっこれ佐藤さん?!別の人があててるんじゃないの?!くらい衝撃的。里谷役を違和感なくナチュラルに可愛くエロく感情豊かに表現されています。めっちゃ良いぃぃ。途中佐藤さーーんって何回も叫びました興奮した。政田役の古川さんは所々オヤジくさい1人語りのとき少し違和感はありましたけど包容力ある大人の色気ミステリアス優男も良いぃぃしゃべり方がツボ。佐藤さん古川さんの相性もバッチリ。脇役さんの音声が大きい以外は全体的に聴きやすかったし丁寧に作られているし切なさや感情の機微や雰囲気など原作の良さを倍増していてより引き込まれました。話題性もあって貴重なCDです。制作して下さった皆様ありがとうございます。とっても良かったですご馳走様です。聴いてて幸せになるので何回もリピしています。フリトめっちゃ面白かった♪ -- 2016-02-26 (金) 09:32:50
  • ホロリと切なく、色気たっぷりで時々笑いもあり、特典フリトでは爆笑。原作にはなかったボーナストラックのお話ではホッコリきゅんきゅんできます!とにかく色々盛りだくさんで素晴らしい作品。毎日こればっかり -- 2016-03-12 (土) 00:10:26
  • 佐藤さん受けエロ過ぎてやばい。発売してから今だに聴いちゃう。これから受け作品絶対買います。 -- 2016-03-13 (日) 20:51:59
  • お二人のタイトルコールで鳥肌立った。素晴らしい。古川さんの落ち着いたトーンはどのシーンも耳に心地よくて(私も電話のシーンは特にオススメ)、佐藤さんの受けは初聴きでしたが実にナチュラルでリアリティがあった。最初と最後にあった同内容のモノローグ、佐藤さんの演じ分けに脱帽。細かな気になる点はあったものの、それを補って余りある名演技。刀ゲームをプレイしてはいますが、そのキャラが一瞬たりともよぎらなかったので、改めてプロの技術力に感動。 -- 2016-03-21 (月) 13:58:33
  • 古川さんの演技が゛キ○ができない〜゛の近○隆さんにそっくり過ぎてびっくりした... もっと低い いつもの古川さんで演技すれば良かったのに... -- 2016-06-18 (土) 22:48:32
  • 声質が似すぎていて聞き分けが難しかった。 -- 2016-06-24 (金) 17:13:18
  • 原作の間を活かしていて、受けの無意識に覚えているもどかしさが伝わるように感じられました。佐藤さんの受けは意地っ張りでそれが可愛く感じられる役柄が多い気がしますが、とても好きなタイプです。こういうタイプでなくても、これからも受け役を演じていただければと思います。 -- 2016-10-10 (月) 01:01:20
  • メインお二人の声ってそっくりですよね!常々そう思っていたのでその二人がメインカプかーと思いつつ聞いてみたら佐藤さんの高め喘ぎと古川さんの落ち着いた大人の攻め声で聞き分けは一応できました。しかし佐藤さん攻め受け両方で沢山出られていてちょっと食傷気味。お上手なのでオファー多いのは仕方ないですけどね。古川さんはもっと色々聞きたいです。 -- 2016-12-17 (土) 14:14:45
  • 原作既読。↑にもありますが、ドラマCD化するような作品か?というあまり印象に残った感じではなかったので、音声化されて面白味が出たなーと思いました。役者さんが本当にうまいからいいのでしょうね。佐藤さんは絶賛の嵐ですが、かわいくてよかったです。ドラマ的にはちょっと何?してんの?という部分も多かったけど、よかったと思います。ただ、やっぱりちょっと前の作品の方が役者さんの特徴がそれぞれにあってよかったなーと感じます。今の方たちはそつなく上手いけど聴いただけでこの人!っていうのあまりなくなったなーと。。。 -- 2016-12-23 (金) 16:56:54
  • 上の方のかたのレビューの、「某女帝に似ている 」というのに納得してしまいました。 -- 2016-12-27 (火) 20:55:41
  • 原作片手に拝聴。佐藤さんはバリタチ声だと(勝手に)思い込んでいたので、里谷だと気づきませんでした。友達にはクールなのに、政田にはキュートっていうギャップに萌えました。原作だと里谷目線で物語が進んでしまうため、政田は何考えてんだかわかんない飄々としたリーマンとしか思えなかったんです。古川さんボイスで台詞を聴くと、あぁこいつ里谷に惚れたな、とか、あぁこいつ意外と執着心あるんだな、とか感じとれるのがとても良かった。古川さんの落ち着いた演技にハマりました。お二方の声のトーンが近くて聴き分けづらいなと思う半面、声が調和して心地いいなとも思います。手軽にリピートしやすくて、とても気に入っています。 -- 2017-01-26 (木) 15:46:01
  • ポスト小/西待望論者の私には古川さんはキターッて感じでした。これからに期待。 -- 2017-02-18 (土) 14:46:46
  • 原作未読。古川さんの「かわいいね…」にやられました。吐息のような声のエロいこと! 顔がにやけてしまった。あと、最後のほうの電話での声が悶絶するほどカッコ良かった。大人の包容力とズルさが表れていて最高でした。全体的に落ち着いた演技が良かったです。 -- 2017-02-23 (木) 21:17:53

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit