Top > ティアドロップ
HTML convert time to 0.018 sec.


ティアドロップ

Last-modified: 2015-12-18 (金) 07:19:47

ティアドロップ  Edit

  • 原作・イラスト: 麻生ミツ晃
  • キャスト:
    【ティアドロップ】: (神山剛毅) 森川智之×代永翼 (木戸悠介)/ 川原慶久 (瑛仁郎)/ 樫井笙人 (峰井)/ 牧口真幸? (剛毅(子供時代)/ 小出悦子? (山岡)
    【僕らの言い分】: (岸小田誠治) 川田紳司×佐藤雄大 (瀬戸正宗)/ 菊本平? (三太)
  • 発売日: 2011年03月25日    3,000 円
  • 収録時間: 75分46秒    トークあり
  • 通販特典: トークCD (代永、森川、川原) 約14分
  • 発売元: フィフスアベニュー FACA-0086 / 心交社「ショコラコミックス」刊
  • 脚本: 酒井克彦 音響制作: スタジオマウス
  • 音響監督: 本山哲 音響効果: スワラ・プロ 録音調整: 清本百合子 音響制作担当: 大坪絢
  • ブックレット: 描き下ろし漫画「あの設定-ティアドロップ-僕らの言い分-」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
      
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 恋に破れ、もう本気の恋愛をしたくない木戸悠介は、遊びだけの関係を前提に会計士の神山剛毅と付き合いはじめる。悠介の希望通り、剛毅は一定の距離を保ちながら理想的な関係を築いてくれるのだが、剛毅の優しさに触れるにつれ、悠介は遊び以上のものを求めてしまい―。表題作に加え、大学生同士の恋愛を描いた「僕らの言い分」も収録!
  • フリト代永さん森川さん川原さん佐藤さん川田さんで「久しぶりのメイン」「たいがーほーす」「20歳」4分強。特典フリト司会代永さん森川さん川原さんで「年上役」「俺の愛」13分半弱。
  • 原作未読。森川さんの演技が安定感あり、とてもよかったので原作も読みましたが…CDドラマで原作を補っているみたいでCDを聞いてからじゃなかったら買わなかったかも。上手い方が演じると原作以上の作品になるんだなぁと思いました。 -- 2011-04-10 (日) 11:57:51
  • 原作既読。『ティアドロップ』:↑のコメントにもありますが、音で原作を補っている感じは多少あります。後から出す以上、原作で伝え切れなかったことを盛り込んだのかな?と私は捉えました。逆に、ああ、この部分はCDでは表現出来なかったんだな…と思ったのが、原作にあった絡み3回のうちの2回の絡みシーン。濃厚に絡んでいますが、息遣いとそれぞれのショットのみで台詞はまったく無いため、やはり絵がないとあれは表現できなかったか…と、ちょっと残念でした。『僕らの言い分』:短いながら原作に忠実で優しい話でした。どちらの作品も上品にまとまっていて良い出来だと思います。 -- 2011-04-10 (日) 23:10:51
  • 川原さん良い声すぎますー。こんな良い声のオネエは初めて聞きましたw 代永さんもしゃべり方はあれですがかわいいし、森川さんは言わずもがな。地味に良い声祭りです。みなさんしっかり役造ってきててすごい好印象。じわじわファンが増えそうな予感?うーん、それにしても森川さんは本当に上手いです。。 -- 2011-04-21 (木) 00:37:38
  • 取り寄せの趣味の悪いシャツ・・・w フリトに爆笑 -- 2011-04-22 (金) 02:25:28
  • こちらでの評価が良いようなので、こういう意見で申し訳ないのですが…、「ティアドロップ」は、子供過ぎる悠介にイライラし、成長しているものの共感できないまま終わっていきました。「僕らの言い分」は…スミマセン、さらりとし過ぎで記憶に薄いです…。ただ、どちらのお話でも気になるのが、受キャラの言葉遣い。これくらいの年齢の男の子はこれが普通&リスナーの好みだと言われてしまうとそれまでですが、可愛いの声の声優さんだと、その違和感をもの凄く強く感じます。 -- 2011-04-25 (月) 04:47:36
  • 汚いというか今時でリアルというか分かりませんが、代永さんのしゃべり方が新鮮でした。かわいいとか健気とか上品とか気高いとかの代永さんの方が好みですがこれはこれでありか…? 森川さんはもはや反則と言いたくなるくらい優しい二枚目声がしっくり。川原さんは…美声は美声キャラをお願いします。ご本人やファンは楽しいかもしれませんが、いかにも攻め声な美声は貴重なのでそこで発揮して欲しい。 -- 2011-05-02 (月) 00:29:07
  • 原作既読。「ティアドロップ」お話としてはありきたりなものを丁寧に描いていて好感。悠介の能天気な幼さが剛毅の諦観と閉塞感をより際立たせる効果をあげていて、そのぶんラストのカタルシスが強く印象づけられていると思います。森川さんが静かな大人声で堪えて堪えて、最後に弾けちゃうところはかなりキました。川原さんのおネェ喋りも素敵。↑のかたの仰有るように「いかにも攻め声な美声は貴重」にはまったく同感ですが、それが作品全体のレベルアップに大きく貢献している部分もあると思うので、贅沢な起用と楽しんでいいんじゃないでしょうか。……「僕らの言い分」原作に忠実。シオの川田さんいい感じです。……二篇ともゆっくりとした幸せな話を聴きたいとき向けの作品かと。どちらも好きです。 -- 2011-05-21 (土) 11:43:38
  • 「ティアドロップ」をもっとじっくり聞きたかった。気持ちがちゃんと通い合った後の絡みの想いが溢れただ息づかいのみ、という森川さんの演技にやられました。耳に優しい二枚目声で腰に来ます。1枚に2つの話をまとめるのは無理だと思う。そういうCD結構あるけど、もったいないと思うのは私だけなのかな〜 -- 2011-06-02 (木) 18:21:13
  • 帝王ktkrでしたね! -- 2011-07-05 (火) 15:56:24
  • 優しく、でもどこか脆さが出る危うさを森川さんが嫌みなく自然に演じていて。さすがだと思った。川原さんは温かくおっとこまえなオカマさんだった。こういう役も楽しい。できればこちらだけで一枚にじっくりまとめてほしかった(もう一編もいいけど余韻がもっとほしい)。特典フリトは、ひたすらいじられる川原さんが楽しかった。いい雰囲気。 -- 2011-10-08 (土) 19:28:25
  • 個人的な感想ですが、ティアドロップの受けの子があんまり良くなかった。性格も声もなんだかイマイチ…。代永さんと川原さんと佐藤さんの声を聴いたのは初めてなのですが、私は代永さんの声が苦手だったみたいです。川原さんはとてもイイ声でしたw森川さんの演技には脱帽です!帝王ステキ! -- 2011-10-11 (火) 16:12:48
  • ティアドロップ - 代永さんの声の出し方がアニメっぽかったせいか、一人だけ浮いて聴こえたのが残念。森川さんはこれ以上ないくらいの優しさあふれる上品なトーン、川原さんも脇ながら出番が多くとても重要な役どころですごくいい味出してたと思います。 -- 2011-11-09 (水) 03:14:10
  • 代永さんはワガママな少年をやらせれば天下一品です。少し気の抜けたしゃべり方なので浮いた様に感じますが、この作品はこれでもいいと思います。 しかし、喘ぎがひきつけみたいなのは…苦しそうです。-- 2012-02-22 (水) 16:32:45
  • 最後のプロポーズの台詞を森川さんの声で言われたらクラクラします。川原さんのカマ演技もいたについてました。 -- 2012-02-22 (水) 16:58:08
  • 原作未読。悠介が唯のワガママな子供にしか感じられない。 -- 2012-03-13 (火) 20:49:49
  • 原作ファンです。原作が好きすぎると、cdを聴くのをためらうのですが、これは期待して聴いてしまいました。やっぱり原作のほうが良いです。音にすると、雰囲気が軽くなってしまっていて残念でした。でも、代永さんの喘ぎがめちゃ可愛かったのでそこは良かった! -- 2013-02-28 (木) 14:58:27
  • ティアドロップ…悠介のキャラが余りにも魅力なさすぎで、聴いていてストレス! 都合良すぎの展開にもうんざりで、途中放棄してしまった。 -- 2013-03-11 (月) 09:50:47
  • 川原さんのオネエっぷりも、いい男っぷりもすごくいいっ! 代永さんも、ふだんはあんまり好きじゃないんだけど、これはかなりかわいい。森川さんが安定のうまさだから、このふたりの演技が生きたのかも。丁寧に作られた好感のもてる作品。 -- 2013-06-27 (木) 22:37:41
  • ここまで嫌いになれる受けはいなかった。女でもいまどきこんなのいないわ。宇宙一重い、、、わがまま、自己中、気遣いなし、うるさい、束縛魔、自分大好き、、、ありえない 初めてのお泊りで自分の私物を「持ち込んだり、待ち合わせの場所に現れなかったり、もう人間がダメすぎるレベル。受けのキャラが理解できなかった。演技は申し分ないのに、原作が残念です。 -- 2014-03-05 (水) 14:54:37

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit