Top > ミス・キャスト 14 最終章 決断のとき
HTML convert time to 0.005 sec.


ミス・キャスト 14 最終章 決断のとき

Last-modified: 2016-03-21 (月) 13:48:44

ミス・キャスト 14 最終章 決断のとき Edit

感想 Edit

  • 写真集「スキャンダル」第三段の撮影が、真木村のスタジオで始まった。覆面モデルの和樹を守るため、真木村たちは厳戒態勢を敷くのだが…。撮影中のスタジオ内を盗み撮りされ、怒りに駆られた真木村が、侵入したカメラマンを傷つけてしまう――。
  • 17巻「決断のとき」を完全CDドラマ化
  • 初回予約特典さよならフリートークロングバージョン、司会櫻井さん井上さん千葉さん立木さん梅津さん小杉さん堀越さん鳥海さん堀さん花田さん石田さんで26分半強。
  • 最終巻まで頑張って聞いてきた皆さん、心の中にちゃぶ台を御用意してお聞きはじめ下さい。
  • BLバブル!なるほど。ちょっと昔の作品て大して面白くないのに、異常にたくさん出てて不思議でした。バブルか〜。珍しさなどもあったんでしょうね。今さら興味持っても気軽に聴けない枚数なのも辛いですね。でも大ベテランの掘さんが聴けるのは貴重です。 -- 2009-06-15 (月) 04:26:09
  • やっと終わった…というのが、CDを聴いた直後の感想でした。結局バラしてしまうのなら、どうしてそこまで頑なに秘密にしてきたんだろう?全体的に、受けの性格が鬱陶しい。メソメソ泣くくせに、変なトコロが頑固で、そのせいで話が展開しない。このシリーズは、いらないところを省けば、5枚くらいでまとまる気がする…。 -- 2009-07-20 (月) 16:21:04
  • 最終章がこんな理不尽な内容で悔しく感じました。 -- 2010-02-22 (月) 18:44:50
  • バランスが悪いにもほどがある作品。14枚全部を1枚に圧縮して、14枚目のAct10を1枚分に引き伸ばした方がいいんじゃないかって酷い終わり方・・・。 -- 2010-05-04 (火) 20:28:41
  • 本当にあんまりな終わり方。せめて時代劇風に勧善懲悪にできなかったものか。そもそも原作がこんなもんなら仕方ないが…。今はただ「金と時間を返せ〜!」と叫びたい気分。 -- 2010-06-25 (金) 21:48:47
  • かなり賛否両論がある作品だけど、私は声優目当てでCDを買う派なので(購入理由って、それがフツーだと思ってた)貴重な花田さんボイスを14巻分も聴けた事に満足している。原作未読だから、Hシーンは、今どーゆー状況?、とか思う節もあったが、そこは声優さんの演技が魅せてくれたし、ストーリー自体は、別に難しくも何とも無い。不思議なのは、イライラする内容とか言いながら、最後まで聴くって、そっちの方が異常。早い段階から聴かなきゃ良いのに。他の作品なんて、肝心の声優で憤慨させられた(喘ぎ声が大げさ、声がキャラと不釣り合い、フリトが自己中、etc)立木さんが「BL作品の中でもトップクラスの綺麗さ」と断言されたのに尽きる。メインの2人の声質は確かに素晴らしい。今じゃ召集不可能レベルの豪華な声優陣。内容なんて関係ない、聴けるだけでも貴重な作品。 -- 2011-03-22 (火) 09:47:44
  • 他の方の感想にもある通り、「やっと終わった」という感じでした。あっという間に真木村と和樹がくっついた1の展開の早さが嘘のよう。ストーリーそのものが悪いという訳ではないんですが、もっとコンパクトにまとめられただろうに…と思います。シリーズとしての流れは、起→承→転転転転転転→結って感じでしょうか。(転というほど動いてもいませんが。)でも、豪華キャストの声をこれだけ長く聴き続けられた事には満足です。BGMのように聴いています。ストーリー<キャストの声と演技のリスナー向けの作品かなと思います。 -- 2011-05-28 (土) 21:07:45
  • お目当ての声優陣さえ出ていれば、ストーリーの良し悪しは関係無い!…、と思う方なら聴けるシリーズ。内容が無いとか、14巻が無駄に多いとか言われてるけど、前者に関しては、原作に基づいて、ドラマ化されているのだから、それは作者に失礼な話。そして、後者については、ただでさえ、出演作品が少ない花田さんの美声を、これだけ堪能出来たから、14巻なんて、大した数ではなかった。今やBL作品ではお目にかかれない、石田さんや櫻井さんを初め、とにかく豪華なキャスト。これだけ聴けるのは貴重。 -- 2011-06-02 (木) 09:08:39
  • ストーリーにこだわる方には、酷評が多数を占める作品だけど(それでも、ラスト付近は、感動したけどね)、これだけの巻数を聴けたのは、メインキャストの花田×石田、両氏の美声が炸裂する演技があってこそ。更に、脇役のキャスト陣も、有名どころだらけの豪華さ。難のあるストーリー展開なんて、私の様な声フェチには一切関係なかった。確かに前半(1〜6巻)は、花田さんの攻め声が、無いに等しかったけど、それ以降は、あの低音美声で、モロに感じてる演技を聴かせてくれた。今でもそうだが、10年前の当時、知名度が高くなかった花田さんだけど、メインキャストに抜擢されたのは、正にあの声有りきって事なのか、私の中では、美声カプNo1の、BLCD作品。 -- 2011-12-26 (月) 03:32:01
  • 顔出しを、断固と拒否し続けてきた主人公が、最終最後で何故、あっさりと正体を明かした事に、疑問を持たれた意見が、多々あったけど、和樹が、それを決断しなかったら、物語は発展も、完結もしない、重要な展開だと言う事を、全く理解されてない。私的には、恋人を守る為に、主人公が決断した訳だから、感動的な場面ではあったけど。 -- 2011-12-26 (月) 11:02:24
  • 正体を明かした後で、あれだけ嫌がらせをした元木や安藤の態度がどうなったのか、何もないというのがすっきり終われない理由となりました。なんだかなぁ、残念な終わり方。本人の意志というのは守られないのだろうか。 -- 2012-01-31 (火) 23:20:35
  • 何かと批評が多い作品だったけど、キャスト陣を、今一度、確認して欲しい。今では絶対に召集不可能な方々ばかり。この美声どころ満載なおかげで、難のあるストーリー展開でも、全14巻揃えて、聴く事が出来たくらい。特に、花田さんの声で、何度、昇天させられた事か…。美声過ぎて凄い☆ -- 2012-08-18 (土) 03:27:30
  • BLCDを聴く時、余程ひどく無い限り、私はストーリーに重点は置かない。何せヘッドフォンで聴かないとならない類いだから、何よりも声が大事。耳元で、滑舌や声質、更には演技力の悪い声を聴かされるのは苦痛だし、実際に気分が悪くなった作品も多々あった中、これはメインの2人を筆頭に、美声で豪華なキャストが勢揃いで、14巻分も聴けて最高だった。特に花田さんの声質は、正に低音美声の王道、素敵過ぎる。 -- 2013-03-23 (土) 07:38:49
  • 声優さん方は素晴らしい、そしてストーリーはひどい。上のコメントで、ストーリー重視の方の意見を声優重視の方が非難する意見が見られ、この作品に対する後味が悪くなりました。それくらい、声優さんとストーリーのレベルの差が激しかったと捉えるべきなのかもしれません。 -- 2013-09-01 (日) 20:35:55
  • 花田さんや堀さんの囁きを聴けるだけで満足出来ました。大人声が好きな方にはお勧めしたい…けど、今から集めるのが大変ですね(笑) -- 2016-03-21 (月) 13:48:44

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit