Top > メロディ♪ハレルヤ
HTML convert time to 0.270 sec.


メロディ♪ハレルヤ

Last-modified: 2015-11-13 (金) 07:53:42

メロディ♪ハレルヤ Edit

  • 原作・イラスト: 南野ましろ
  • キャスト: (谷津倉知紘) 子安武人石田彰 (小沢美紀)/(上村総) 中井和哉×南央美? (中原ひなた)/(鈴木原久) 緑川光千葉進歩 (宮越巴)/ 置鮎龍太郎 (徳田先輩)/ 瀧本富士子? (平田響)/ 川澄綾子? (中原ひなこ)/ 加瀬康之 (男子生徒A)/ 坪井智浩 (男子生徒B)/ 鈴木裕美子? (女子生徒A)/ 川上未遊? (女子生徒B)
  • 発売日: 2000年10月30日    2,835 円
  • 収録時間: 55分14秒    トークなし
  • 発売元: マリン・エンタテインメント WIN-8 / O-01C 新書館Dear+コミックス刊
  • 脚本: 堀井明子 音響制作: 神南スタジオ / 林恵美子 プロデューサー: 高橋豊 / 菊池晃一
  • 音響監督: 藤山房伸 音楽: 伊藤信雄 音響効果: 古宮理恵(アニメサウンドプロダクション)
  • 関連:
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
      
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 前に居た学校を、男の先輩の強烈なアタック?にめげて転校せざるをえなかった小沢美紀。新しい学校で文芸部に所属している彼が気になる存在は、谷津倉だった。そんな時、校長のお気に入りの生徒の一言で、修学旅行先が決まる学校の体質が分かり、級友は小沢とひなたに「ヨーロッパにしよう」等と迫るのだった。小沢達の学年の修学旅行先は、一体どこになるのか??
  • 試験の結果が悪かった美紀はちょっと落ち込み気味。そんな美紀の前にやってきたひなたは何故かご機嫌斜め。
  • ノリが良くて普通に面白いです。ひなたちゃんが女性声優だとしても、文句無しに超可愛い!!置鮎さんの景気の良いハジケっぷりと黒い子安さんも見所です。
  • 新書の作品らしく原作を読んでいる人用。説明が無いまま進むので、登場人物のおさらいをして聴き始めること。俯瞰目線だが、一番多く台詞が有るのは「男役を演る女性声優」。高音小動物系の作った声なので男の子には全く聞こえず。♂♀苦手な人注意。聞く限りでは嫁と呼ばれているので中井受けとも取れなくは無いが、軽い挨拶程度のキスあり。絡みなどはきっぱりすっぱり無いので愛とか恋とかは期待しないで。中井さんの台詞もさほど多くは無いが、メインカプは2番手、サブキャラの出番は少ない。もきゅもきゅとした耳障りなSEが入るのだが、見えたり見えなかったりする何かを表現したらしい。音しか無いし説明も無いので、何なのかさっぱり解からず。学園物だが、絵の無い媒体で裏設定まで理解しろとは、ハードル高い。音楽トラックあり、フリトなしのイメージアルバム。
  • これってBL?という印象でした。 -- 2012-07-04 (水) 04:43:27

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit