Top > リンクス−Links−
HTML convert time to 0.008 sec.


リンクス−Links−

Last-modified: 2017-10-12 (木) 17:55:08

リンクス−Links− Edit

  • 原作・イラスト: キヅナツキ
  • キャスト: (関屋真人) 前野智昭×村田太志 (新発田諒)/(燕弥彦) 羽多野渉×野島裕史 (新津秋葉)/(亀田葵) 古川慎×花江夏樹 (荻川佑成)/(佐渡隆晃) 新垣樽助×斉藤壮馬 (中条忍)/ 田丸篤志 (佐渡の兄)/ 里郁美? (内野巻)/ 祐仙勇? (佐渡の父)/ 中博史? (中条の父)/ 宮沢きよこ? (おばあさん)/ 吉野貴大? (男子生徒)/ 浜添伸也? (男子生徒)
  • 発売日: 2016年01月29日    5,184 円
  • 収録時間: 73分24秒+64分59秒 (2枚組)    トークなし    
  • アニメイト特典: おしゃべりCD (村田&前野.野島&羽多野.古川&花江.新垣&斉藤)
  • 発売元: ムービック movin'on MOBL-1015 BLCDコレクション / リブレ出版ビーボーイコミックスDX刊
  • 脚本: 沙藤いつき
  • 音響演出: 蜂谷幸 音響調整: 田中直也 音響制作: タルバーラレコーディングス
  • 音楽制作担当: 山中紀昌 選曲: 鈴木潤一朗(スワラ・プロ) 効果: 和田俊也(スワラ・プロ)
  • 音響制作: デルファイサウンド 音響制作担当: 大坪絢
  • 関連画像(Amazon.co.jp) アルバムCDランキング
    BLCDコレクション リンクス 
    TRACK LIST

2016/01/28日のCDアルバムデイリーランキング(2016/01/28日付) 11位
2016/01/29日のCDアルバムデイリーランキング(2016/01/29日付) 23位
2016/01/25日〜2016/01/31日のCDアルバム週間ランキング(201/02/08日付) 50位
推定売上枚数:1,778枚

感想 Edit

  • あの時繋ぎとめた言葉に、どれほど俺が救われたか――。好き、大事にしたい――はずなのに上手く伝えられない4組の “ なりそこないの ” 恋人達が “ リンク ” する物語。1組目 「新発田 & 関屋」 。超絶フレンドリーおっさん・新発田に言い寄られ続けるコミュ障ラジオDJ・関屋は、自分の中のモヤモヤを、その美声をもってもうまく言葉にできない。2組目 「秋葉 & 弥彦」 。ある事情から、何事にもメゲずに愛してくれるセックスの相手・弥彦を 「恋人」 とは呼べないまま、カフェオーナー・秋葉は思い出のピアノを弾く。3組目 「亀田 & 荻川」 。捨て猫が縁で親しくなった亀田と荻川。飲んで食って猫を愛でて……居心地のいい日常を 「恋愛」 にしないまま、ゆったりと日々を過ごす。4組目 「佐渡 & 中条」 。口ゲンカばかりだけど恋人として過不足なく見える佐渡と中条――しかし中条は佐渡を 「手に入らないもの」 だと諦め、嫌おうとしながらそばにいる。完全で幸福な恋人になるまでを描くドラマチック・オムニバスが遂に2枚組でドラマCD化!
  • 特典フリト村田さん前野さん組.野島さん羽多野さん組.古川さん花江さん組.斉藤さん新垣さん組で「初対決」「同世代」「イケボ」「浪川イズム」.「密閉空間」「おしゃれ」.「おなかすきすき」「さばのにそみ」「けつまく」.「うきうきいきいき」「中学生高校生27歳」「一番肉弾戦」「掛け合いでないと生まれてこないテンポ」「鼻歌」29分弱。
  • (佐渡兄) 田丸篤志×野島裕史 (新津)、(亀田) 古川慎×斉藤壮馬 (中条)でキスあり。
  • マンガ初読の時はキャラの見分けが少しつきにくかったんですが、声が付いて判りやすくなったのではないかと思います。音楽など色々こだわりを持って作られてシナリオも上手くアレンジされていて綺麗な雰囲気と物語に引き込まれました。キャスト全員キャラクターにピッタリで、特に原作読んだ時なかなかイメージできなかった新発田さんを演じる村田さんは絶妙な高さでナイスキャスティングです。斉藤くんの忍は男らしさの中に繊細で危うい色香もあり、原作者先生の仰った通り鳥肌が立つほどの熱演でした。メインカプの佐渡中条が一番好きなのでオリジナルシーンがたっぷり追加されて大変満足です。補完シーンのおかげで場面や話の流れの繋がりがより自然にスムーズに感じました。亀田と荻川の所は結局どっちが・・・?ってなりましたが(笑)花江くんのこういう演技もいいですね。 -- 2016-01-29 (金) 10:30:43
  • 期待以上に原作の空気が見事に再現されていて感動!主要キャスト9人みんな演技がお上手なのもあって音声で聴くとセリフのセンスの素晴らしさを改めて感じました。複雑なストーリーなどなくともこんなに心に沁みるものかと…!佐渡兄弟と忍の話の加筆部分は正直原作を超えるほどのクオリティ。静謐で切ない一回目の濡れ場と、喧嘩シーンから気持ちを確かめた後の濡れ場への流れの対比は神がかってます!新垣さんと斉藤さんは初対決にも関わらず息ぴったりで、掛け合いの勢いが凄すぎて息をするのも忘れてしまいそうでした…おねだりしたり挿入だけでイッてしまう忍が最高にエロくて可愛くて、漫画でもここのシーンを見たかったと思いました。 -- 2016-02-02 (火) 13:02:45
  • オリジナルで加えられていた部分も原作の雰囲気を壊すことなくすんなりと頭の中に入ってきましたし、初めはこのキャスティングなのかと驚いた人もいい演技をされていて、自分の読みは甘かったのだと驚かされました。上でも書かれていましたが、イメージ通りの声がついたことでキャラクターの区別もしやすくなり原作合わせてリピしまくると思います。ただ、1度聞くとぶっ通しで聞きたくなってしまうので時間がないときにはあまりオススメしません(褒めてる)キャストトークも良かったです笑 -- 2016-02-05 (金) 13:44:11
  • 原作未読ですが聴きながら読みました。今回追加されたようなストーリ満載で最初はえっ今どこ?としょっちゅう迷子になったりしましたが、そのオリジナルストーリが作品をより良くしてくれたと思います。何よりキャスティングの皆さんがこれでもかと感心するほどぴったりで、担当の方のキャスティング力に感謝です!ただ合ってるだけでなく、皆さんお芝居お上手!もう申し分ありませんでした。これはながら聴きしちゃもったいない。電気消してベッドに横になって目を閉じて大事に大事に聴きたい作品です。私もこれから聴き直します。 -- 2016-02-06 (土) 03:26:46
  • 冒頭から強烈でした。タイトルコールまでのあの演出すごく素敵。そこで既に心を持って行かれました。まず村田さんが可愛すぎ。この作品の中で一番生き生きふわふわしてて元気な人なので、聴いてるとこっちまで明るくなる気持ちのいいキャラでした。村田さんの強弱の加減が絶妙、且つ声自体が爽やかですね。メインで拝聴するのは初めてでしたが、アニメの主人公みたいな声だと思いました。これからもっともっと出演してほしいです。前野さんは安定の攻め役で出番は多くなかったが安心して聴ける。野島さんはこういうトーン大好き。程よくドライで色っぽい、このバランスがまた絶妙です。モノローグが結構あって耳が幸せでした。羽多野さんも十八番の年下わんこ攻め役で、流石の安定感です。古川さんはこれまで脇役でもお会いしたことのない方でしたが、声といい演技といいとてもよかったです。地声とまあ違う違う(笑) 最近ご出演される作品が結構あるみたいなので、チェックしてみます。花江さんは出番としちゃ最も少なかったかな。でもその爽やかボイスと可愛い演技がとてもいい味を出してました。このCPは猫と相まって一番かわいかったです。あとこの作品のメインでもある最後のCPですが、新垣さんと斉藤さんには脱帽。演技はさることながらお二人の呼吸がぴったり合って最高でした。新垣さんのモノローグをこんなに聴けて嬉しい!贅沢な時間でしたね。新垣さんが同じく若頭として勤めていらっしゃる別の組の矢.代さんとは全く違いますね。中の人が同一人物ってことが不思議で仕方ない。高校生の演技も素晴らしかったです。斉藤さんは声が繊細で綺麗。後半感情を爆発させるシーンはもう何度も回して聴きました。まだお若いのにすごいと思います。最後に田丸さんですがこの方もまた爽やかな声をお持ちで...とてもよかったです。あと中条のお父さんが可愛くて笑いました。長々と書いてしまいましたが、今年頭から強力な良作が出たなって感じです。しっかりした原作に豪華な声優陣、制作側の丁寧な造り。何もかもがありがたい作品です。2時間以上もあって長いですが、個性豊かで愛らしい4カプがバランスよく合わさっているので、飽きることなくすっと聴けてリピ率高いと思います。 -- 2016-02-06 (土) 04:15:26
  • 良い評価ばかりのところ心苦しいのですが・・・オムニバス形式なのでショートストーリーの組み合わせと分かっていたし、原作も読んでいたので内容も想像できていたのですが・・・エロとストーリーのバランスが良い「BLCD」が好きな私には途中で眠くなるCDでした。原作が好みとちょっと外れる所為だと分かってますので、CDの出来不出来じゃないと分かっているのですが・・・いろいろな声優さんの演技を楽しめるドラマCDといったところでしょうか。新垣さんと野島兄さん好きなので、モノローグ多くて耳福でしたけどね。斉藤さんのお芝居嫌いじゃないのですが、所々忍のイメージと合わない個所が・・・声に若さが出ちゃうシーンがあるというか。あと、相変わらずイキ声が今ひとつ。吐息喘ぎは色っぽいんですけど、メリハリがないっていうか。それでもお上手な新人さんなので、これからに期待はしています。村田さん、花江さん、田丸さんも最近チョイチョイBLでお名前を拝見し、通常シーンも絡みシーンも上手だなぁって思える方達なので概ね安心して聴けるCDではありました。因みに、きちんとした絡みシーン(オリジナルで追加)があるのは新垣×斉藤CPだけです。羽多野×野島兄CPの方は原作シーン通りというか、秋葉が表情だけエロく声を殺してるシーンなのでそのまんまあっさりです。 -- 2016-02-07 (日) 09:43:18
  • 原作未読ですが、なんかオムニバスっぽいお話なのにすごく丁寧に作ってあるせいか、どのお話もすんなり入っていけました。小説が原作かと思うほど、文学的で空気感の良いお話で、すごくいいCDでした。 -- 2016-02-08 (月) 01:26:28
  • 原作未読。なんという雰囲気オサレ漫画、もといCD…。村田・斉藤・花江あたりは声質が似てるのでキャラがごっちゃになり、1枚目は聞くのがつらかった。出番的にメインは新垣×斉藤カプで次が前野×村田、残り2組はほぼ掘り下げなしで印象が薄い。カプ2組くらいに絞って1枚にまとめた方がよかった気がする。個人的にはハズレCDになり残念。田丸さんの声と演技がちょいちょい石○っぽくてびっくりした。 -- 2016-02-12 (金) 14:00:45
  • 原作既読。原作の雰囲気を壊すことがなく綺麗にまとまって出来ていました。配役も声質などぴったりだなと。時間をとりじっくり聴くべき作品です。エロはかなり少ないのですが原作では一切なかったのでまだ良い方。無くても充分ストーリーがしっかりしてるので買って損、とすぐにはならないと思います。やはりメインカプということもあり新垣×斉藤多め。原作からかなりオリジナルストーリーや説明が加えてありますが違和感はありませんでした。村田さんはちょっと若い?三十路というよりか、20歳代後半のように思いました。でも明るくて愛らしいキャラです。前野さんは原作通り。驚きました。羽多野さん野島さんは安定です。田丸さんが兄役というのは受け役しか聴いたことのない私には少々不安でしたが、いいお兄さんでした。こういう役も合うんだなあと。古川さん花江さんも原作にぴったり。花江さんいいドSっぷりでした。非常に掘り下げてほしいカプ。結局どっちが受けなの?攻めなの?と思いましたが、分からないのもこれはこれでいいなという印象。新垣さんは高校生時代のと現在のと流石という演じ分けでした。忍と和解してからのデレっぷりというか、ヘタレ感というかが可愛いです。対して斉藤さんは声質が原作の雰囲気まんまで、感情の揺れ方など本当に忠実に再現してくださったのですが、少々声が若いのが気になりました。佐渡と同い年の29歳の声にはとても思えなかったような…。それでも中条そのもの、という声で安心して聴くことができました。長々と失礼しました。非常に良い作品でした。 -- 2016-02-13 (土) 08:27:47
  • 原作は登場人物の多さと入り組んだ人間関係、見分けがつきにくいキャラ絵で読んでいて混乱しました。CDならば声で聞き分けできるかなと思ったけど誰が話しているのかわからなくなることも多々あり、やはり混乱してしまいました、特に村田さんと花江さん。いい年の大人の男性が乙女のような繊細さでお洒落モノローグを語るのでその辺り好き嫌い分かれるかなあ。全体通して、この原作をとても上手く音声化しているなとは思いました。原作ファン、あと出番の多い新垣さん斉藤さんファンには楽しめるのでは。原作読んだ時も思ったが、ヤクザの面々が普通のサラリーマンっぽい。羽多野さんのキャラは特に。もう少しヤクザ感がほしい。 -- 2016-02-13 (土) 17:25:52
  • 原作既読。原作では泣けなかったのにCDでは泣けた。原作では萌えなかったのにCDでは萌えた。これはひとえにキャストの方々のお芝居と大幅に加筆された脚本のお陰かと。それと、登場人物の関係性やリンクしている感じがCDの方が分かりやすくなっていると思います。モノローグに多用される気取った言葉の羅列は原作のままで少々鼻につきますが、セリフは普通だったのでまだ大丈夫でした。私は完全に新垣さん目当てで購入しましたが、やはりこの方の役柄を掴む技術はハンパないですね。様々な声色を使い分けてピタリと合わせて下さるので、毎回驚かされます。お兄さんへの想いも、CDの方がより強く伝わってきて泣けました。そんな中、今作で一番心惹かれてしまったのは斉藤さんのお芝居でした。とにかく色っぽい。焦燥感たっぷりのキスシーンは新垣さんとの息ピッタリですし、佐渡への想いをぶつける所から、互いの気持ちを確かめ合った後の絡みシーンは必聴です。お若い方だと思うので、若い役柄がまだまだ多くなるのかと思いますが、こういう大人の色気と影のある役もどんどん演じていただきたいなと思いました。それと、冒頭から新垣さん&羽多野さんコンビが、その筋の組員であるところの上役と部下の関係で登場したので、別作品のファンとしては楽しかったです。 -- 2016-02-16 (火) 10:54:27
  • 原作読んでいるのにCDだと混乱して意味が判らない。もう三回聞いても良くわからない。声優の声は聞き分けできるのでこれは脚本がダメなんだと思う。 -- 2016-02-17 (水) 23:43:40
  • 原作既読。皆さん絶賛の嵐なので期待して聞きましたが原作通り、何が何やらさっぱりわからなかった。新発田役のかた、テンション高すぎてなじめませんでした。子猫の声に一番萌えた・・・。 -- 2016-02-18 (木) 20:07:22
  • 原作が好きすぎて、CD化は不安だったのですが、すごくよかったです。新しいシーンやセリフが原作の味わいを壊すことなく追加されていて、演出もとても丁寧につけられていたと思います。リピ率高くなりそう。 -- 2016-02-19 (金) 00:11:08
  • 原作既読。村田さん滑舌がよくて凄い上手いけど、声がでかくてちとうるさめだった、村田さんのような上手い声優さんが埋もれてたのは本当勿体ないどんどこBLの仕事やってもらいたいですね。村田さん名義ではこの作品で初受だけど、違う名義ではすでに初受経験済みwどのキャラもだいたいあってたしよかったが、忍役斎藤壮馬さんが今までされた役の中で1番好きで、ピッタリだと感じました。あと、佐渡役新垣さんも上手かったな、演じわけが上手いし、佐渡さんが何割増しカッコよくてぐっときましたね。ドラマCDは原作をちょい足し補足してあるからお得感ありで購入してよかった。 -- 2016-03-12 (土) 08:58:29
  • 原作既読。原作が大変大好きだったので楽しみにしていたのですがエロシーンの追加で1章聞いただけでもう聞けなくなりました。原作の雰囲気にそぐわないエロ追加で個人的に大変ガッカリです。この先を聞く勇気が全く湧きません。原作者のキヅナツキ先生の作品の雰囲気や世界観が大好きな分、不容易な濡場が受け入れられませんでした。BLCDの文化に詳しくないのですがCD化するとみんなこうなるのでしょうか?原作のシーンはとても素敵に再現されていたので本当に残念です。 -- 2016-03-24 (木) 11:39:21
  • 原作既読です。よく分からないと言っている方々も、原作も読みながら聞いて見ると内容はしっかりつかめると思います!聞いた中で一番濃いドラマCDでした。どの役もピッタリでみなさんとっても息が合っていたので聴きやすかったです。佐渡中条がメインでしたが、普段の会話だったり、最中の細かな演技だったり、とってもとっても良かったです!!これはリピート間違いないですね。原作にはない濡場が少しあったり、ドラマCDならではのBGMも原作を崩さない完成度で大満足です。 -- 2016-03-28 (月) 10:29:49
  • 佐渡兄@田丸さんが全てを持っていってしまったと思います。良い意味で。亡くなってしまったからこそ、それぞれの抱えるジレンマ等物語が広がっていくのですが、お兄ちゃん生きてて欲しかったなぁとか、もっと沢山出て欲しかったなぁとか…お兄ちゃん本当良かった…ドビュッシーの月の光も本当にピアノ演奏で素敵でした。ラスト、演奏が終わってからブワッと涙が溢れました。やっぱり死ネタはつらい。 -- 2016-04-23 (土) 21:36:31
  • 斉藤さんの絶叫、新垣さんとのやりとりがすっごく聞きごたえがあって、そこだけで満足しちゃいました。オムニバス?なのかな?原作未読で分かりにくいところもありましたが、全体を通してよくできた話だったと思います。何回も聞きたくなる。昨今の作品の中でおすすめ。 -- 2016-05-19 (木) 18:17:05
  • 面白い。原作を見たら絵が何かの二次創作っぽくて人物の区別がつきづらかった。オムニバスで前の人がふいに入ってくるので音声で聞いてもやっぱり混乱する。原作読んでた方がいいかも。個人的にはネグレクト父子家庭金も払わなかった人の子供がピアノを習っていたという設定がやはりちょっと疑問。ピアノは親の協力が結構必要だから。幼少期から始めるものだし、月謝もピアノもコンテストに出る金も安くはないので貧乏家庭はあんまりできない。バイトはピアノをやめた後始めたとしても兄がバイトで立て替える生活とは噛み合わない。金だけはいくらでも出すが子をガン無視する父ならまだ理解できたんだけど。話は雰囲気があってよかった。 -- 2016-05-23 (月) 15:16:29
  • ここでの高評価が意外。オムニバスにする必要を感じない作品。というか、前二組エピいらないのでは? 出演の皆さんは好演されてますが、一番キャラがたっているのは故人。その佐渡兄も上の方が言われるように設定に破綻があったり、極道の現役組長・その子息・幹部構成員のいずれにも、それらしいダークな匂いが皆無だったりと、お話自体の説得力がない(極道に設定する意味がわからない)。佐渡兄だけ活かして、もっとよくできた話にできなかったのか、と、思ってしまった。イントロや結びは素敵だっただけに残念。 -- 2016-05-25 (水) 18:39:20
  • 原作既読。基本的原作に忠実な脚本だと思いました。CDの感想を一言で言うなら、「綺麗」。BGMなどもそうなのですが、声優さんのひとつひとつの演技が繊細で綺麗でした。聞いた後、すごく涙が出そうになりました。関屋さんと新発田さんの話では、原作になかった続きを多く聞けて満足でした。でも少し重い雰囲気を感じたのは私だけ?亡くなった佐渡兄のシーンが辛かったです。でも聞く価値はありだと思います。^^ -- 2016-05-25 (水) 20:46:19
  • 「演出」の勝利!!聞けば聞くほどそう思う。普通に物語が進んで行くスタイルとは違うし、登場人物も多いので評価が分かれるのは仕方ない気がするが、「見事な演出だなぁ」と思った作品は初めて。キャストの演技力はもちろんだけど、誰一人として浮いてない。テンポと音楽と間の取り方と、リアルさとファンタジー感も秀逸。よっぽど「脚本」「演出」「原作者」の相性が良かったのかな。加筆された部分の台詞もめっちゃ世界観に合ってる、プラスされた濡れ場も満足感と説得力を上げてる。他の人が言ってるように個々の職業とか佐渡兄の行動、恋愛の巣進み方等つっこみ所は多々ありますが、そんなもん些細な事です。聞いていて心地良い。ここまでの仕事をしたスタッフ陣に感謝!! -- 2016-05-26 (木) 04:28:57
  • 秀作です!何回も聞きました。古川慎さん、村田太志さんを初めて知りました。一層のご活躍を期待します。他の方々もさすがに上手いです。こんなblcdを期待します。高額でも満足、納得いきますね!! -- 2016-05-26 (木) 14:17:21
  • 確かにキャラクター(特に佐渡さんと亀田さん)が聞き分けにくいかな…と思う所はありますが、本当に皆さんも書いていらっしゃいますが、原作の雰囲気も壊さず、忠実に再現出来てると思います…! -- 2016-06-13 (月) 23:34:17
  • 原作未読なので登場人物が誰に話し掛けてるか等分からないこともありましたが題名通りリンクしていて面白かったです。野島さんやっぱり最高に好きです!ちょっと残念なのは猫のニャーがあまりにSEぽかったこととおばあさんの話し方が年齢的に?違和感があったことです。ピアノや前野さんの関屋と、CDの良さが出ていると思うのでもう一度聞いて原作も読もうと思います。ストーリー性も素敵で高評価も納得でした。 -- 2016-06-16 (木) 03:50:33
  • 原作既読。原作の絵が綺麗なぶん、世界観はどうかと気になっていましたが、BGM、声優さんの声も含めてとても良い。 -- 2016-07-12 (火) 23:15:21
  • 素敵なタイトル、だと思います。 -- 2016-07-27 (水) 22:21:07
  • おまけの受け攻めどっちかってのが面白かったです。 -- 2016-08-20 (土) 04:22:51
  • おまけも含めて良かったです。大満足です。 -- 2016-10-08 (土) 13:13:44
  • 原作既読。原作を読んだ時にはキャラの見分けが難しく、何度も読むことになったのですが、声がはまるととても理解しやすかったです。みなさんよかったですが、特に忍役の斉藤さんが素晴らしかったです。原作で描かれていた微妙な心境の変化がうまく表現できるのか不安でしたが、そんな必要はありませんでした。原作では泣きませんでしたが、ドラマCDは泣きました。独特の世界観を表現してくださったキャストの皆様に拍手。 -- 2016-11-07 (月) 23:13:43
  • この作品の古川さんの声、たまらなくいいです。 -- 2016-11-08 (火) 21:03:07
  • 原作未読でしたがここ最近の作品では一番好きです。 -- 2016-12-25 (日) 13:32:37
  • 村田さんの声が物語から浮いてる。キンキン耳障りで耐えられなかった、、ごめんなさい、、 -- 2017-01-07 (土) 10:18:08
  • こんな感じのblcdがもっと増えるといい、 -- 2017-01-16 (月) 15:53:15
  • ↑の方も言ってますが、この時の古川さんの声が好きです。しびれました。 -- 2017-02-02 (木) 16:02:28
  • 原作未読で最初聞いたときは「???まぁ壮馬くん可愛いな」としか思わなかったのですが、原作を購入して絵を見ながら再度聞くと泣いてしまいました。キャラ一人一人に個性がちゃんとあるし何よりもキャスト様全員の演技が上手い!!漫画とリンクさせるとリアル感が増し、何度も何度も聞きたくなってしまう作品でした。利点は「ボリューミーである」「キャスト陣が豪華である」「演技がリアルで共感が持てる」「ストーリー盛りだくさん」と言ったところでしょうか。欠点としては「長すぎると感じる方もいる」「絵がないとわかりにくい」「新垣樽助さん×斉藤壮馬さんが主なので、他キャラの恋愛がかなり急展開」と私は感じました。そこは個人差があると思います。私が推したいのは斉藤壮馬さんですね。斉藤壮馬さんが出演なさっているBLCDはいくつか聞いていますが、こんなにリアルで感情の入った演技をなさっている、と感じた作品は今回が初めてです。あと古川慎さんの演技もハマってて低音ボイスがかっこよかったです!総合的にはかなり完成度の高い作品だと思います! -- 2017-02-10 (金) 20:22:57
  • 最近の作品では珍しくすべてにおいて大満足でした。この役での古川さんの声は堪らなく良かったです!カッコイイ! -- 2017-05-15 (月) 04:05:13
  • 古川さん、このドラマCDで初めて知りました。原作のキヅナツキさんが好きで購入。古川慎さんに惚れました。静かな声で、ただ話しているだけでもたまらない気持ちになります。一番好きなドラマCDかもしれません。 -- 2017-05-16 (火) 03:17:12
  • オムニバス苦手なのですが、すんなり聴けました。キャストみなさんに拍手です。特に私も古川さんしびれました!ただここまで綺麗な世界観に仕上げるならヤクザ設定とかはやめてほしかった。でもとても素敵な物語でした! -- 2017-06-18 (日) 16:24:59
  • 声優さんの声の区別が着いてから聞くとめっちゃいいcdだった。最初に聞いたら絶対に誰が誰だかごっちゃになると思う。田丸さんがあんまりやらないキャラクターだったからなんか新鮮だった。キャストが豪華すぎて泣きそうになった。 -- 2017-08-20 (日) 14:51:05
  • 新潟出身なのでキャラの名前を聞いて「あれ?」と思って原作者を調べたら新潟出身でびっくり!田舎の市を名前につけてくれてて嬉しかったし、話もとても面白かった!エロは少なめだけど色々な人の感情が交差してるのがとても良い話だなと思いました。 -- 2017-08-31 (木) 18:30:21
  • オープニングでやられた。 -- 2017-09-13 (水) 20:37:49
  • ↑まったくもってその通り。オープニング最高。私はオープニングの古川さんの声にやられちゃいました。そのまま2枚、あっという間に聴けちゃいます。 -- 2017-10-10 (火) 00:07:25
  • 原作未読。メインのお話は佐渡×忍でしょうか?バックボーン重くて辛いですが聴きごたえがあります。秋葉のお店を中心に登場人物がリングしている感じかな?続き。原作未読だと亀田が忍のお守りをしてる組関係の人なのかよく分からないので原作読んでみたくなりました。 -- 2017-10-12 (木) 00:25:23

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit