Top > 右手にメス、左手に花束 3 耳にメロディー、唇にキス
HTML convert time to 0.014 sec.


右手にメス、左手に花束 3 耳にメロディー、唇にキス

Last-modified: 2014-09-23 (火) 12:28:03

右手にメス、左手に花束 3 耳にメロディー、唇にキス Edit

感想 Edit

  • 「あなたが、こんなに誠実で真っすぐな人じゃなければよかった。篤臣が好きになっちゃう理由がわからないくらい、ろくでもない男ならよかったのに…」シアトルに移り住み新たな生活を築き始めた篤臣と江南。そんなある日、突然、篤臣の父の訃報が…。父との関係にわだかまりを残したままだった篤臣は、帰国して母と対面してもなお呆然としたまま…。そこへ後を追って帰国した江南が現れ、なんと篤臣の母に2人の関係をカミングアウト!ショックに飛び出してゆく母。さらに江南の両親も現れて、篤臣&江南、人生最大の大勝負!!果たして2人の未来は!?『こいつのためなら、自分にできることなんでもしてやりたいって思える。―そんな奴、他にはいない』
  • フリト司会鈴村さん置鮎さんで「結婚しましたねぇ↓」「英語」「歌えるかボケぇ」「憶えません」約6分。
  • 8cmCD2人の結婚式 in U.S.A.
  • 両親にカミングアウトする話は、BLとはちょっと言えないと思う。
  • BLというよりはゲイカップルのカミングアウト話。確かにボーイズという感じよりガチっぽい。永福家の長い一日。
  • 2の最後で江南が”結婚しよっ!!!”と大騒ぎでしたが、結婚式を実行します。一枚まるまる使って、二人の親に自分達のことをカミングアウト ホームドラマみたい 三作目でもあり、すっかり江南@置鮎と篤臣@鈴村は違和感はなく安心して聞けるようになってしまいました
  • カミングアウトされた篤臣の母のセリフには泣けます。意を決した二人を取り巻くそれぞれの家族の心が伝わって、とてもあたたかい仕上がりになってます。 -- 2008-08-17 (日) 08:41:07
  • 篤臣の母曰く凄まじく長い一日になっております。(笑)フリートーク、鈴村健一さんと置鮎龍太郎さんの2人で6分弱。 -- 2008-11-03 (月) 12:00:44
  • 普通のBLとは違ってものすごくリアリティを感じました。深い内容に感動します。 -- 2009-12-19 (土) 01:45:21
  • こういうドリームでない「ゲイ」でも、広い意味ではBLの範囲だと思います。声優さんの高めの声と流れる雰囲気がBLです。でも話はゆっくり、しっかりと続いていきますので、多くある「1(または2)枚でカップルのすべて」が聴きたい方向けではないかも。そういうCDに多い、シーンの抜き出し感はこの作品ではほぼなく、カップルの生活を自然に覗いた感じです。なのでシリーズ通して聴くべき。丁寧な作りです。 -- 2010-01-16 (土) 08:21:40
  • リアリティありますか?医者をやめて男についていくって設定自体、ドリームでしょう? -- 2013-05-22 (水) 00:22:21
  • BLの枠を超えた、でもとてもナチュラルないいドラマです。この二人が好きで堪らない・・・! -- 2013-09-07 (土) 02:26:53
  • BLに親へのカミングアウトのシーンは時々ありますが、これはそのエピソードだけでほぼ丸々一枚となっている貴重なCDです。それだけのお話だとちょっとナニですが、シリーズの中の一枚ならいいと思います。二人の親のキャラがとても立っていて面白いし、自分も息子を持っていますので「こういう時自分はどう対応するんだろう」と真面目に考えてしまったりして(笑)中味のあるCDと思います。この3で江南と篤臣がとても好きになりました。 -- 2014-03-15 (土) 12:52:56
  • このタイミングでの江波の勝手なカミングアウトは無神経すぎる…びっくり -- 2014-09-23 (火) 12:28:02

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White