Top > 黒い竜は二度誓う
HTML convert time to 0.018 sec.


黒い竜は二度誓う

Last-modified: 2015-11-16 (月) 07:15:21

黒い竜は二度誓う Edit

  • 原作: 英田サキ    イラスト: 中村明日美子
  • キャスト: (ジェイド) 安元洋貴×神谷浩史 (ラシュリ)/ 楠大典 (バルキン)/ 早水リサ? (マルザ)/ 小島敏彦? (ザクトーレ)/ 木下尚紀? (デミル)/ 御園行洋 (デスヴァ)/ 長門三照 (奴隷)/ 遠近孝一 (サラマーヤ)/ 石田嘉代? (女性)/ 里郁美? (女性)
  • 発売日: 2009年01月25日    3,150 円
  • 収録時間: 77分20秒    フリートークなし
  • 初回版特典: フリートークCD (神谷・安元・楠・早水) 約12分
  • 発売元: インターコミュニケーションズ INCD-2522 / 白泉社「花丸文庫BLACK」刊
  • 脚本: 中野睦 プロデューサー: 是安浩二 アシスタント: 田村梨也子 / 丘愛子 
  • 演出: 町田薫 録音・編集: 中野陽子 録音・編集助手: 牛黒希美
  • 効果: フィズサウンドクリエイション 録音・編集スタジオ: スタジオインスパイア
  • ブックレット: 4コママンガ「ストップ!!サラマーヤさま!」(作:中村明日美子)2頁/ ショートストーリー「月下の涙」(作:英田サキ)4頁
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
     

感想 Edit

  • 竜が伝説のものではなかった時代。小国アベリエの第三王子ラシュリは、人質として隣の強国ガズマール帝国で暮らしていたが、老皇帝ザクトーレの慰み者にされていた。母国のため、男娼同然の扱いに耐える日々をおくっていたラシュリ。ある夜、剣闘士のジェイドと出会った。ジェイドを、ラシュリは従者として召し抱えるが、彼は過去の記憶を失っていた…!?ラシュリに忠誠を誓うジェイド。ジェイドの忠誠は真実の愛へと変わるのか? そしてジェイドの真の姿は…?
  • フリト司会安元さん神谷さん楠さん早水さんで「You来ちゃいなょ」「来ちゃったv」「バルキンマン」「楠大典画像」「残念な人」「初対決」「黒いNEW」12分半弱。本編にフリトはありません。
  • この手のファンタジー作品ではよくある設定、内容、結末なので、聴きながら完全に先がよめてしまいます。ただ、個人的に王道なストーリーは好きなので、ドラマ自体はとても感動的でした。神谷受の作品にはよく遭遇しますが、相変わらずの艶っぽい演技には毎回驚かされます…。 -- 2009-02-06 (金) 05:02:20
  • 朴訥な安元さんの声と、色っぽい神谷さんの声、相性が良かったです。 -- 2009-02-06 (金) 17:52:51
  • フリートークが面白すぎる・・!笑 -- 2009-02-27 (金) 13:30:51
  • フリトの大典さんがダメダメ過ぎて面白い。タイトルを「黒いニュウは」という駄目っぷり笑 -- 2009-03-01 (日) 13:31:28
  • お話は1枚組なのであっさりとしていますが、神谷さんの声が相変わらず色っぽくて良かった -- 2009-03-02 (月) 22:24:22
  • 神谷さんは相変わらず丁寧で艶っぽい、そつのない安定した繊細な演技でとても素晴らしいです。王子という高貴な役がまた声と合っていてハマリ役です。ストーリーも裏切らない王道さがとても良かったです。無駄なくまとまっていて満足です。一回目聴いたときは、安元さんの演技が淡白だなあと思ったのですが、フリトを聞いて納得しました。繰り返し聴いてさらに納得。全体的に丁寧に創られていてとても素敵な作品でした。フリトは大典さんが参加すると大典さんの話に終始してしまうので、もう少し作品絡みのお話を聞きたかったです。いや大典さんおもしろいし好きですが笑。 -- 2009-03-12 (木) 13:11:59
  • お話、すごくよかったのにフリトに全部もってかれたw面白すぎる -- 2009-04-09 (木) 02:13:16
  • 本編は異世界ファンタジーをキチンと意識した音楽に演技プランで、演劇や映画でも見るかのような感覚で楽しめた。主演2人の凛とした美声でとても上品な仕上がりになっている。ビッグタイトルというわけではないがCD1枚にも手を抜かない姿勢がキチンと伝わってくる。濡れ場はもちろん鉄板、安定してて色気に溢れていた・・・・・・・がー、皆さんも仰ってるがFTがw神谷さんが「(CDを)割れ」と言うくらいに本編を裏切るくだらなさw誉め言葉ですw大典さんのフリーダムさ、すげー。こんなことで言うのもなんだが大典さん、もっとBL出てくださいw -- 2009-04-17 (金) 15:30:39
  • ファンタジーの雰囲気をきちんと表現した作りに好感が持てます。キャストは言わずもがなの大安定。ファンタジー好きならお勧め。大典さんはほんとに・・・w -- 2009-08-31 (月) 18:13:14
  • フリトの大典さんがかなり面白かったです!w -- 2009-08-31 (月) 22:01:02
  • フリトの大典さんが面白すぎ〜!フリトのみヘビーリピート。笑 -- 2009-10-07 (水) 17:30:35
  • 安元さんがはまり役。神谷さんのつやつやボイスも素敵です。相性がいいですね。 -- 2010-09-21 (火) 23:26:13
  • 先の読めるストーリー展開だが、退屈に感じることなく最後まで一気に聴けた。ラシュリの、外見は美しいが心は男前、という感じが、神谷さんの声で不足なく表現されていたと思う。ジェイドの、感情が積み重なって変化したのだと思わせる、安元さんのしゃべり方(感情の込め方)の変化も良い。2回ある絡みもそれぞれ状況が違って、切ないのと幸せなのと両方楽しめる。全体的なまとまりも良い。-- 2010-11-11 (木) 11:03:11
  • 竜×神谷さんの獣姦が聴けます。情熱もてあます。 -- 2014-07-08 (火) 04:03:30
  • 原作未読。話は王道。分かりやすい。感情を全部言葉で表現するので聞いててあまり面白さは感じなかったけど、多分小説は面白いんだと思う。神谷の喘ぎはかん高くてややうるさい。FTは面白い -- 2014-09-30 (火) 01:42:38
  • ↑に同意。展開が陳腐であまり面白さを感じなかった。原作未読。 -- 2014-10-06 (月) 14:25:20
  • きちんとファンタジー世界が構築されているので、安心して楽しめました。美姫だった母譲りの美貌で、敵国で王の男娼の境遇に甘んじるのも自国と家臣のためという、実は男らしい性格の王子役の神谷さん、素晴らしいの一言です。喘ぎも、場面によって様々な艶っぽさ。国を守るために王に媚びている声にうっとりしました。ジェイドとのラブラブも状況によって色々楽しめます。クライマックスの場面、「こうきたか」と思いながらもワクワクしました。少し時代がかった台詞が、神谷さんと安元さんの演技で詩のように響いて耳に心地よかったです。聞いた後で原作を買って、リピしています。 -- 2014-11-14 (金) 21:04:48
  • 竜と獣かn…えっ何これ美味し過ぎる。サラッとちょっとしか出てないのに遠近さんの「はしたない」に萌え死んだ。神谷氏は安定のやかましさ。どこで何の役で聴いても安元さんは安元さん。FTは爆笑w私もFTばっかりリピートしてますw大典さん好きだー -- 2014-12-14 (日) 02:42:06
  • とてもお気に入りの1つです。優しい気持ちになりたいときに聴いています。今日は本編だけ、今回はフリトだけと分けて聴いてます。神谷さんがCDを割れって言うけど、そんなのもったいない!! -- 2014-12-20 (土) 22:30:45
  • 本編は王道ファンタジーで安心して聴けます。相変わらず神谷さんは色っぽいv神谷さんはいつも割れとおっしゃいますが、フリートーク面白かった(笑) -- 2015-03-15 (日) 23:06:48
  • この安元さんとてもあっています! -- 2015-07-12 (日) 20:27:17
  • ジェイドのラシュリに語り掛ける一言一言が温かい。 特に、「お前は汚れてなどいない!」という台詞は、わたしの心の中をも癒やしてくれるような言葉でした/_; 安元さんの役は竜なん ですけど、私の中では安元さんが「王子」役、 神谷さんの方は「お姫様」役っていうのもピッタリかも!なんて考えながら、勝手に一人でイメージ膨らませています。笑 ・・・このCDを聴いてるとき、なぜか頭の中に神谷さんの♪美人 美人 花園 という曲が流れてくるんですよねぇ-_☆ -- 2015-07-25 (土) 17:51:58

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit