Top > 春を抱いていた 3
HTML convert time to 0.373 sec.


春を抱いていた 3

Last-modified: 2014-05-18 (日) 22:42:08

春を抱いていた 3 Edit

感想 Edit

  • 「もう後戻りできない!愛しているんだっ!」スイートホームを建てた岩城と香藤は、幸せであった。ところがそんな岩城に不幸が訪れる。彼の母が急死したのだ。岩城は「母親の死に目にも会えないなんて」と泣き崩れた。岩城はAV男優になっこたことや香藤と付き合っていることで、実家から勘当されており、母の死を知らされなかったのだ。香藤は岩城を連れ、彼の実家へと向かう。二人の純愛を、岩城の父と兄に理解してもらうために。
  • フリト司会森川さん田中さん井上さん三木さんで「スタジオに女性が多い」「真っ黒」5分半弱。
  • 業界モノ俳優 実家とのやりとり
  • 森川さんの声が、若干鼻声のように感じます。 -- 2010-03-31 (水) 14:55:41
  • 井上さんのオカマしゃべりがw -- 2010-05-30 (日) 08:27:26
  • 家族ってなんだろうと考えさせられる。ゲイということだけじゃなく田舎の実家というしがらみも加わり話は複雑になるかと思いきや…。脇のキャストが豪華。フリトは関係ない話で濁された感がちょっと…。 -- 2010-11-02 (火) 22:12:08
  • 岩城さんが実家の廊下でひざまづき『もう後戻り出来ないっ!愛してるんだっっ!!』と叫び必死に兄に懇願するシーンは何度聞いても泣けるし、とてもドラマ性があると思う。森川さん上手いなぁ〜と思うし、三木さんと本当に息が合っている。 -- 2011-09-26 (月) 02:51:34
  • お兄さん役の田中秀幸さん、もっと低音で渋い声なのに、キャラの年齢を意識してか、高めのトーンなのが残念。弟が低めトーンの森川さん声なんだから、別に普段の低めのボイスでも良かったのに。それだけが残念。 -- 2012-05-19 (土) 23:57:17
  • 岩城は森川さん以外では表現できない繊細さとプライドの高さと芯の強さと心やさしさだなと聴き直してしみじみ。けっしてご本人のキャラとはかぶらないのにすごい! それから佐和渚役の井上和彦さんのオネエっぷりがたいへんお見事で、もう勝手にひとり歩きするレベル。 -- 2014-05-18 (日) 22:42:08

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White