Top > 純情ロマンチカ 4
HTML convert time to 0.019 sec.


純情ロマンチカ 4

Last-modified: 2016-01-29 (金) 07:21:53

純情ロマンチカ 4 Edit

感想 Edit

  • 泣きたいくらい好きな人が、アナタには今、存在しますか―――?超有名小説家(兼ボーイズラブ小説家)の宇佐見秋彦と、ようやく恋人らしくなった(?)大学生の高橋美咲。丸川書店の取締役・井坂龍一郎にそそのかされ、なぜか宇佐見が受賞した菊川賞のパーティーに行くことになった美咲だけど、その途中で問題の宇佐見の兄・春彦と偶然出会って…大波乱!?俺様男前×苦労性大学生の急展開なドッキドキ☆ラブレッスン!野分×上條の「純情エゴイスト」上條の過去編も同時収録!
  • 菊川賞受賞パーティ話 秋彦@花田光の兄、春彦@鳥海浩輔登場。ラストCMあり。
  • この作品のCMロマ組エゴ組5分半弱入り。CD外ボイスメッセージ櫻井さん花田さん鳥海さん森川さん神奈さん伊藤さん大川さんで約7分。本編にフリトは有りません。
  • エゴイストは「大川→伊藤」表記の方が正しいかも。そして「伊藤→花田」で切ない。シリーズ中1番上條を応援したくなった。宇佐見の鈍感! 数年後に野分が現れるとわかっていてもかわいそ過ぎて泣きそうになる。 -- 2008-04-08 (火) 06:37:13
  • 本編はいつも通りの安定感。聴きながら頭の中でアニメが同時再生された。その分、篠田×上條編が新鮮な気持ちで聴けた。上條の行き場のない気持ちを翻弄する大川さんの、少し意地悪な篠田がけれん味たっぷりで魅力的だった。大川さんはこういうちょっとひねた役がすごく上手いなと思う。Hシーンじゃなくて喋ってるだけなのに色っぽい。 -- 2009-04-22 (水) 19:15:22
  • 春彦役の鳥海さんがちょっとキャスティングミスなのではと感じました…演技がどうこうではなくそもそも声が、花田さんの役の兄弟役にしては高すぎる。 -- 2009-12-23 (水) 08:18:22
  • エゴイスト編は、篠田さんとヒロさんのしょっぱい過去話がメインです(性描写なし)。-- 2010-10-13 (水) 23:12:31
  • アニメ2期からの分ですが是非聴き比べが楽しい一枚です。アニメではしょられた部分も面白いです。が、何よりアニメでのみなさんの演技が格段に輝いてるのがわかります。その中で櫻井さん、鳥海さんは本当に変わらないのがすごいとしか言いようがないです。エゴイスト編は是非アニメで見たかった。ヒロさんの秋彦への切ない片思いがよくあらわれていて泣けます。 -- 2011-10-24 (月) 01:07:28
  • ロマンチカ編の可愛い雰囲気のカップルも、いつも通りの面白さだったけど、上條役の伊藤さん、宇佐見役の花田さん、篠田役の大川さんの、三者三様の大人の美声も聴けて、切な過ぎるストーリー展開のエゴイスト編。特に、宇佐見に対する想いを伝えたくても、伝えられない上條の辛い心情は、聴いてて泣かされる。アニメでは、全部カットされた話なので、CDで聴く事が出来て良かった。 -- 2012-07-21 (土) 04:57:15
  • うーん‥。エゴ編は、篠田のしつこいキャラに対して、上條がキレまくると言う展開が、かなり辛くて、声優さんの演技のおかげで、何とか我慢して聴けた。更に辛かったのは、最後のオマケCM。美咲の自己紹介が、小学生並みのクオリティの低さ。更にウサギさんの突っ込み「あ○ぎ声です」は露骨過ぎ。いくらBLだからって、この下りは下品で笑えなかった。過去のオマケCMは、出来が良かっただけに、今回のは残念。 -- 2013-04-03 (水) 05:00:39
  • この方の作品って、意味不明な場面が多々あるけど、例えば、今回のエゴイスト編。秋彦が上條に電話したシーンとか、結局、電話をした理由が分からないまま、話は進行…。エゴ編自体も、ねちっこい篠田に対して、上條が怒りまくりで、聴いてても、何が楽しいんだ?って感じ。BLとは言え、男同士がここまでウザいやりとりだと、幻滅。キャスト陣は素晴らしいのに…。 -- 2013-05-19 (日) 03:53:41

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit