Top > 初恋のあとさき
HTML convert time to 0.042 sec.


初恋のあとさき

Last-modified: 2017-04-02 (日) 00:47:08

初恋のあとさき Edit

  • 原作・イラスト: 日高ショーコ
  • キャスト: (美山洸平) 間島淳司×小野友樹 (仁科透)/ 高橋広樹 (安東)/ 山口香林? (高橋)/ 青木紀子? (仁科の妻)/ 粕谷菜摘? (同僚女性)/ 深町寿成? (同級生)/ 渡部由佳? (女子生徒)/ 相坂優歌? (女子生徒)/ 株田祐介? (タクシー運転手)
  • 発売日: 2013年02月27日    3,150 円
  • 収録時間: 67分13秒    トークなし
  • 通販特典: キャストトークCD (小野、間島) 17分52秒
  • 発売元: マリン・エンタテインメント MMCC-3174 ルボー・サウンドコレクション / 芳文社 花音コミックス
  • 脚本: 椎名理生
  • 音響監督: 亀山俊樹 音楽: 川中ゆかり 録音調整: 熊倉亨 効果: 中野勝博(サウンドボックス)
  • 音響制作担当: 関智寛 音響制作: Grooove スタジオ: スタジオアクア
  • 関連:
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
      
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。確かに存在した“友情以上”の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──?
  • 10年振りの再会は懐かしさと恋の痛みに溢れていた――カフェオーナー×会社員のすれ違いラブ。ジャケットイラストは日高ショーコ先生の美麗描き下ろし!
  • 美山洸平: 鈴村健一 (サイバー)→スピンオフ(マリン) 間島淳司 にキャスト変更。
  • 特典フリト小野さん間島さんで「×巻末」「若く」「下校」約18分。
  • 間島淳司×小野友樹 /(仁科) 小野友樹×間島淳司 (美山) リバあり、苦手な人注意。
  • 役者じゃなくて録音調整か録音の責任だと思うが、モノローグの時に妙にくぐもった音になってしまっていた。そのせいか特にモノローグでの聴き分けが一言単位では困難になっていたような気がする。間島さんが上手く美山キャラを引き継げていただけにそこだけが非常に悔いが残る作品。 -- 2013-02-27 (水) 23:10:55
  • うーん、嵐のあとのクオリティで、安心してだと購入したけど音楽が残念…あとCDにするには難しい先生の作品にしても、いじりすぎだしモノローグ回想の境が分かりにくい…あと、役者さん皆、かなり早口に感じました。CDからならいいかもしれないけど、原作好きだと残念です。でも全体的に穏やかな雰囲気なので、スルメ系だんだん良くなるCDでわないかと… -- 2013-02-28 (木) 02:03:54
  • 私も脚本、原作をいじり過ぎだと感じた。前後のシーンとの繋がりが唐突だし矛盾も目につく。特にscene2冒頭は再会した日の夜の場面なのに、回想中のモノローグで「2週間前に再会した」とか言ってるし。あと、間島さんはやっぱりいつもの「ごく普通のイイ人」な雰囲気から脱却できてないなと感じた。本来は凄く心優しくて人当たりもいい、けれど仁科に傷つけられたトラウマで、人を信じず何事も冷めた目で俯瞰達観してしまうようになった美山の性格の多面性の切り替えが、美山を演じる上でキモだと思っていたので、そこがぼやけていたのが残念。声のトーンが前キャストと似た系統の人を選んだ事は想像できるし、視聴者に声イメージが既に付いている役を引き継ぐという難しい仕事だったとは思うけれど。凄く悪い、ていう訳では全くないけど、原作が大好きなだけに、脚本・演出・声優の演技ともに少しずつ不満が残る残念な出来。 -- 2013-02-28 (木) 04:03:33
  • 原作既読。確かに回想との区切れがわかりにくく、BGMも少し気になるところも。モノローグは音割れ?と少し違和感を感じてしまった。声優さんについては、間島さんは高校生時代の美山はとてもやんちゃで良い感じに演じられていたと思う。大人美山については、もう少し彼の複雑な感情のブレを出して欲しかったかな。安東役の高橋さんは、彼の飄々とした優しい男を上手く演じられていた。とにかくかっこいい。仁科演じる小野さんは相変わらずいい美人声。高校生仁科も可愛い。喘ぎが非常に色っぽかった。乳首弄られて声を上げてしまうシーンは必聴。エピローグに当たるgood morningは原作よりもラブラブ感があってほっこりします。数少ない絡みのシーンが良かっただけに、所々惜しいと思ってしまいますが、話の流れは綺麗で良作だと思いました。 -- 2013-02-28 (木) 13:17:40
  • 原作既読。日高作品はセリフで感情説明せず、絵で感情を見せているので、その「絵」を演技に変換できるキャストが良かったかな…。高橋さんの安藤は良かったです。原作のイメージ通りでした。全体的には良作。原作を見ない方がすんなり楽しめます。 -- 2013-02-28 (木) 15:50:20
  • 原作未読組。お話しどうこうの以前に間島、小野両氏の声質が似ているせいか今どっちのセリフ??という場面が多々あり集中出来なかった。残念。特に絡みのシーンの受け攻め?今のどっち?にイライラした。お二人とも好きな声優さんだけに残念感が否めない。 -- 2013-02-28 (木) 19:01:08
  • 原作の良さを悉くダメにした脚本、演出に愕然。間島・小野友の声は聞き分け出来ないほど似てはいないし、両者とも演技はかなり良かったと思う。が、モノローグを土管の中で話しているようなくぐもった声に音響加工した方が大問題だと思う。音響監督は猛省すべき。サイバーフェイズの倒産がこれほど惜しまれるとは思わなかった。 -- 2013-03-01 (金) 00:44:50
  • モノローグの加工の仕方が全体から浮き出てて違和感。全体的に駆け足で進んでいった感じ。 -- 2013-03-01 (金) 23:17:37
  • 自分も聞き分けるのに苦労しました。キャスティングもう少し考えてほしいわ -- 2013-03-02 (土) 14:02:22
  • ↑同じです。主役2人の声を聞き慣れていないせいな・・・。高校時代の美山だけははっきり区別できました。 -- 2013-03-02 (土) 21:00:20
  • 原作片手にCDをききました。小野さん声がすごく艶っぽくいい声なのでポーっとなってしまいましたwキャラのイメージは残念ながら安東役の高橋さん以外あってなかったように感じましたが小野さんはさすがお上手なので、仁科を自分なりに演じられてましたが、美山役の間島さんは、ん〜今ひとつかなと、下手ではないけど美山の仁科に対する複雑な想いが表現できてなくてがっかりで↑の方達も書かれてた2人で会話してる時片方の声が遠くなり聞こえにくくなる現象が勃発かなりイラつきながら聞く羽目に、原作が面白かっただけに期待した分がっかりでした。 -- 2013-03-02 (土) 21:46:02
  • 間島さんは演技は上手いけど良くも悪くも普通の声なので高校生時代は良かったけど大人になった屈折した美山にはどうしても合わなかった印象。原作既読なのでリバ要素があるのは知ってたけど音声では聴きたくなかった。折角の小野さんの美人受なのに濡れ場では受役に徹して欲しかった。 -- 2013-03-03 (日) 00:44:19
  • 間島さんはなにを聞いても同じに聞こえてしまう・・・自分の耳のバカバカバカ。 -- 2013-03-03 (日) 02:51:53
  • お話も残念でしたが何より演出(モノローグ)が酷すぎる。折角の声優さんの演技をパーにしてしまっているぐらい酷い…。小野友さんはほぼイメージ通りでしたが、間島さんはちょっと違うかな。あとお二人共声がよく似ていて所々聴き分けが難しい所がありました。私が普段お二人の声をあまり聴かないせいかもしれませんが…。 -- 2013-03-03 (日) 20:15:06
  • 過去と現在を交互に織り交ぜる手法は漫画というビジュアルがあって初めて効果が出るものなので、これははっきり言って音声化には向かない作品。マリンは原作チョイスを間違いましたね。キャスティングも同じで、主役CPは聞き分けやすい声を念頭に置いて配役するのはドラマCDの基本だと思うのですが。間島さんも小野さんも好きな声なのに生かされなくて勿体なかった。モノローグの処理(脚本も音も)も下手。「嵐のあと」のCDが原作の榊の内面を見事に表現しきっていただけに、スピンオフである本作の出来のいまいちさは残念。 -- 2013-03-05 (火) 00:05:45
  • 声優のお二人はとても素敵でしたが、「嵐のあとの」の美山の声のイメージが強すぎて どうしても違和感がありました。同じ人の声で聴きたかっただけに残念でした。 -- 2013-03-05 (火) 07:15:14
  • 出来は確かによくないのかも。前作の恐ろしい破壊力のある美声コンビのインパクト、加えてやっぱりキャスト変更ということで酷評されてますが自分的にはお二人の声も非常に大好物なのと丁寧に作られてるのかわかりにくい部分もなく(原作未読)モノローグも未読者にはわかりやすくてよかったかも?でも内容わかってる人にはくどそうですねぇ。ともあれあの素晴らしかった前作と比べても・・・あれは本当に素晴らしかったので・・・。 -- 2013-03-13 (水) 10:46:45
  • 「イベリコ豚と,恋と椿。」同様、聞き分けられません!!!BLCD会社が無くなりつつある中、良い作品なのにこれじゃ購買意欲が削がれます! -- 2013-03-13 (水) 20:14:36
  • 小野さんの声が男前すぎて、仁科(受け)向きじゃなかったかも。 -- 2013-03-13 (水) 20:33:02
  • 間島さんは個人的に好きなんですが、声質が凡庸というか個性があまり無いというか、演技も圧倒的存在感があるわけではないので、それがいい働きをする場合は良いのですが、このCDや「イベリコ豚と.恋と椿。」や「秋山,くん」では他声優さんと同化しすぎて埋もれてしまった感があります。あんまりメイン向けじゃないのか、もっと声質が違う人と絡ませた方がいいのか、勿体ない。聞き分けの難しいイライラと、音響演出の微妙さが相まって、終始聴き込めませんでした。 -- 2013-03-14 (木) 02:20:28
  • メイン二人は確かにミスキャストかも。好き声優さんにもかかわらず「これじゃない」という感じ。もっと相性のいいお相手と組んでいればもう少しましな聴きごこちだっただろうと思うと残念。お互いに魅力を殺し合っている。原作のイメージともあってないんですよね…。キャスト考える方はもっと頑張っていただきたいです。脚本も残念なんでしょうが、相性の悪いキャスティングが何より残念ていうか、お互い別の方と組んでたほうがもっと輝けてたと思う。 -- 2013-03-22 (金) 18:27:51
  • 原作既読。音声化が難しい作家さんなので仕方ないけれど、状況説明の表現が直截過ぎて興をそがれる場面がいくつかあった。仁科はもっと線の細いイメージだったのと、美山は前キャストの印象が強くてキャスティングが残念だったかも。モノローグだけじゃなくて、複数人が会話しているときの距離感が変な印象がありました。脇の高橋さんがうまかった。 -- 2013-03-25 (月) 15:13:41
  • 小野さん好きなのに・・・・良い作品・キャスティングに恵まれてない気がする。他の方同様、このCPは聞き分けられない!!キャスティング担当の人はもっと配慮すべき!! -- 2013-03-26 (火) 02:45:01
  • 原作自体は人気作品ですし、期待値も高かったのに、CDとしての出来は残念…。キャスティングの相性や、演出や、脚本や、BGMなどの問題。最近そういうCDが多い気がします。 -- 2013-03-26 (火) 04:37:16
  • 【原作既読】キャスティングに恵まれていない、とあったけど、確かに。とてもいい声優さんばかりなのに声質の似ている方を集めちゃった感じですね。小野くんの声は男前にした近/藤/隆さんに似ていて(少しね)若干、聞き分け出来たかな。いい作品なのになぁ。 -- 2013-03-28 (木) 20:18:45
  • 前作の美山と雰囲気が大分違くなっているので、これは別の作品と割り切って聞くと、普通にいい作品だとおもいます。 -- 2013-04-02 (火) 07:52:27
  • 小野さんの声がハスキーで、仁科の声がハスキーで大丈夫かな〜と思いました。前作の美山が受けだったから間島さんの声になったのかもしれませんが、仁科相手では攻めなのでもう少し受けっぽい声の方が良かったのでは… -- 2013-04-02 (火) 09:29:45
  • 辛口が多くて驚いた。前作とは全く別作品と思えば地味な良作という印象でした。ただ、美山の声はもう少し迫力が欲しかったです。原作ファンなのでそこだけが残念でした。 -- 2013-04-02 (火) 17:24:01
  • 小野さん好きだけど、声が特に変わらずいつも通りで、仁科には合ってなかったです 。声は聞き分けできますが、ミスマッチ感は否めない。でも似た音程同士の絡み好きなので、ストーリーにあったキャスティングなら良かったかなと。日高さん作品は音声化には向かないし、原作ファンの目が厳しい人気作が多いので賛否両論は仕方ないですが、ドラマCDは毎回実力派が選ばれるので、別物として考えれば十分な良作として聴けます。美山は前の人と声違うし別物として考える方が妥当です、下手に前と似た人にするより、私は間島さんのも良かったと思います。 -- 2013-04-02 (火) 21:59:36
  • 上の方が何人かおっしゃっていましたが、わたしも聞き分けに苦労しました。間島さんも小野さんも他のCDで聞いていたにも関わらず、やっと3トラックぐらいから聞き分けることができました。わたしは鈴村さんより個人的には間島さんのお声の方が好きですが、前の作品のインパクトの強さに負けたのでしょうか?前の作品が好きで購入したので残念です。小野さんの美人声も何故か近藤さんとかぶってしまって、最初はあれ近藤さんだっけ?とキャストを見直してしまいました。演技云々より組み合わせ的なことを考えてキャスティングしていただきたかったです。 -- 2013-04-04 (木) 16:48:33
  • 私も間島さんのほうが、癖がなくて好きです。作品もすごく良かったです。 -- 2013-04-05 (金) 23:48:00
  • 前作を聴いてないので間島さんで合ってると思った。普段の喋りは聞き分けられたけど、絡みのシーンになると確かにどっちの声かわからなかった。モノローグが浮いた感じになっている違和感以外は良かったと思う。 -- 2013-04-06 (土) 18:58:35
  • 聞き分けはできるけど…絡んでるんだか絡んでないんだかどう絡んでるんだかわからなかった…。モノローグは気になりますね。小野友好き的には美人声がたくさん聞けて嬉しかったです。 -- 2013-04-27 (土) 21:04:23
  • とても良い作品だったと思います。ストーリー、役者さんの演技など、しっとりと聞くことができました。ただ、皆様おっしゃっているとおり、お二人の声は似ていますね(笑) -- 2013-05-16 (木) 05:29:46
  • わたしもメイン二人の聞き分けができない箇所が多発。苦手な人も多いリバ感を薄めるためにわざとやったのかとも思いましたが、二人とも声が溶け込みやすいのかな?それに↑にもありますがモノローグの処理はどうしてこうなった。後は原作が絵で魅せる作品である反動か台詞やナレーションで場面説明過多だと感じました。学生時代の話と聞き手もわかってる場面で学校を表したいならわざわざ「学校で云々カンヌん…」とナレーションいれなくてもSEでチャイム入れれば伝わるし話のテンポも崩さないのにな…みたいな箇所がところどころあり気になりました。前作を受けての今作で期待しすぎたのか悪くはないんだけどうーん…と言う印象。 -- 2013-06-13 (木) 13:59:49
  • 原作既読。間島さんを聞くのはイベリコ以来だけど美山あってる。イラッとした感じとか。逆に小野友さんの仁科のほうがちょっとイメージが…。ここで言われてるとおりモノローグの処理は音がこもりすぎです。聞き辛い。 -- 2013-07-02 (火) 22:38:58
  • 間島さん、前半のモノローグ下手クソ。高橋役(仁科と同じ会社)の女性も演技わざとらしくて耳障り。ああ、演出が悪いんだ。セリフが原作より説明過多だし、声優さんの演技も誰も彼もやや過剰ぎみで下手に思える。 -- 2013-07-04 (木) 12:24:28
  • 原作既読&嵐のあと原作CDどちらも済み。メインの2人については原作既読なのに聞き分けに苦労しました。美山は間島さんが合わないとは思いませんが、鈴村さんの印象が強すぎました。しかし、声よりも何よりも残念だったのは脚本ではないでしょうか。脚本家さん、BLの萌えが分かっていないのでは?原作にない場面やセリフを追加している部分が所々に見受けられるのですが、コレじゃない感満載です。原作で言葉を濁したり呑み込んだりするシーンなど、その後に続くセリフはそうじゃないだろ?!って感じで本当にガッカリ。何度萌えが消されたことか…脱力ものですよ。唯一の救いは高橋さんの安東がピッタリだった事くらいでした。二度聴くことは無いでしょう。 -- 2013-07-31 (水) 23:04:07
  • だからなに?という内容。CD化は原作を知らない人にその作者を印象付けるから、CD化して映える作品かどうかの吟味が必要だと思う。絡みもあまり情景が浮かばない。絡みシーンで二人の声が意外と似ていてどっちが喋っているのかさえわからない……「どっちがどっちかさえわからなくなる」というモノローグがあったからそういう意図があるのかもしれないけど効果的とは思えなかった。 -- 2013-08-05 (月) 09:32:49
  • 原作はレンタルで2回読み、CDを聴いた後に、コミックスを買ってしまいました。じわじわ好きになった、自分としてはあまりないパターンの作品です。かなり賛否の分かれる作品みたいですね。自分は割りとうまくまとめてあるのでは、と思ったクチです。なんでだろうな、小野さんの声が好きで、細かい事が気にならなかっただけなのかもしれません。 -- 2013-09-06 (金) 17:40:02
  • 声似てるし、ぶつぎり感満載のシナリオ。わかりづらい。聞きづらい。聞き直したくもない。 -- 2013-09-08 (日) 09:42:53
  • 原作無視した作りのCDですよね、これって。原作好きなだけにそこがとても残念。皆さんが声質似ていると書いているのでどんなもんだろと思って聴いたら私には全然違って聞こえて聞き分けは難なくできました。美山の声は前の声優さんより今回の声優さんの方がぴったりだと思いました。しかし演技力がまだまだですね。ただ淡々と喋っているという感じ。感情がこもっていない。 -- 2013-09-08 (日) 23:21:01
  • 間島さんてシリアス向いてないんじゃないか...そういう問題でもないか... -- 2013-09-10 (火) 00:00:35
  • 美山の声は今回の声優さんの方がイメージにあってました。聞き分けも難なく出来たので、私は楽しめました。ただ絡みのシーンが分かり辛い。 -- 2013-09-23 (月) 20:32:19
  • 意外に良かったですよ!!かなり満足。ここでの酷評を見て覚悟して聴いたけど、間島さん、私は下手とは思いませんでした。美山の他人を突き放したような性格には合っていたんじゃないかと。自分は原作者ファンですが、この作品は最初全然萌えず、後日再読してからじわじわ引きつけられていった不思議な作品。今でも主人公二人がイマイチ捉えきれず、でも何度も読み返してしまいます。そんな懐深い原作だから、思い入れとか自分の理解がしっかり出来上がった人には、CD制作側の解釈に批判的になってしまうのかも。自分で違和感があったのは、最後のトラックのコミカル寄りBGM。原作でその部分は、両思いになった二人が、淡々と会話しながらも甘く心を通わせ、熱を高めていく…そんな日常を切取ったシーンだったと思うので…。ほとんど淡々と進んでいく話だから、最後は甘めに締めくくって欲しかったかな。コミカルさは唐突な感じがした。不満はそれくらいです。聞き分けもまあ何とかなりました。 -- 2013-10-02 (水) 10:01:03
  • 原作未読。正直期待ハズレでした。人間ドラマとしては悪くはないけど↑の方にある「だから何?」という内容というのに同意です。BLCDなのだから幸せな気分にさせたり萌えさせてほしい。重いテーマならそれなりの感動を与えて欲しい。これはそのどちらもなかった。演じられているお二方とも今まで演技うまいと方だと思っていたのですが、この作品では適度に感情混めてただただ台本を読んでるだけに聴こえてしまいました。。。脚本のせいもありますがお二人の役の人間的魅力を最後まで感じられなかった。それと下調べ不足で購入したのが悪かったのですがリバ要素が地雷で萎えました。。このジャンル、リバ作品は商品に分かりやすく明記して欲しいです。 -- 2013-12-04 (水) 00:08:06
  • 原作未読。声優さんの声がとても似ていて、聴くのに苦痛で仕方がなかった。 -- 2013-12-04 (水) 13:03:40
  • 原作既読。音響センスが酷過ぎて耳が辛い。特にモノローグの録音?加工?調整の仕方があり得ない。えーと。根本的にオーディオドラマには不向き過ぎる作品だと思います。何でもCDにすればいいってもんじゃない・・・。 -- 2013-12-23 (月) 17:56:32
  • 原作も前作も大好きで、キャスト変更から気分が後ろ向きになってたせいか、最初は「いまいち」だと感じたこのCD、何度か聴いているうちになじんできました。小野さんの仁科ははまっているし、間島さんも前作の鈴村さんと意外に通じる声だったんですね。だんだん美山にかぶってきました。ただあちらこちら効果音の音量が不快なほど大きく、それだけは何度聴いても慣れません。毎回びくっとします。 -- 2014-02-01 (土) 02:58:37
  • 一回聴いて放置…からの再聴。意外と脚本は悪くない気が。主人公二人の心情に沿ってドラマが進んでいく…が、やはり大多数の意見どおり、音響?処理?がマズい。ヘッドフォンで聴いてて耳が辛くなった。 -- 2014-05-04 (日) 22:03:14
  • 原作未読。声が似てて聴き分け困難。心の声がこもりすぎて耳障り。流れが突然すぎて心情がついていけない。ところなどなどでしたが、最後の美山の「うん」の可愛さに持ってかれました♪ -- 2014-06-24 (火) 15:53:34
  • 声が似てる、似てるということだったので、どんだけ似てるんだろうと、疑い半分で聞いてみたら、ほんとに似てる!ちょっと聞き分けに苦労しました。話は静かに流れていくので、そういうのが好きな人にはいいんだろうな、と思けど、話にオチというか、ちゃんとしめられていないので、聞き終わって、続きがないことに驚いた。 -- 2014-07-24 (木) 22:46:37
  • 駅のアナウンスが変w -- 2014-09-11 (木) 22:37:48
  • 声似てますか・・? お二人声似てると思ったこと一度もなかったし、いい声いい演技いい原作で普通に良かった。個人的には前作の「ARASHIのあと」より恋に落ちるきっかけに蓋然性があってこっちに方が好き。納得できるストーリというか。「ARASHIのあと」のページにも書いてますが、榊さんが岡田さんになんでそこまで惚れたのか、全然追いついてけなかったので。久々に2作品連続に感想しましたが、そこだけは未だに彼らに追いつけず。一方のこちらは「高校時代の初恋を10年経った今でもずるずる引きずってる二人」という何て明快な関係ですか。なので二人に共感できるしより引き込まれた。私は前作の美山さんにそこまで濃い印象を持ってなかった所為か、間島さんの美山でよかった。評判のいいカフェを経営してる店長さんだしARASHIから時間も経ってるものだし、それくらいの落ち着いた声で正解だったと思う。久々なのでどっちが攻めでどっちが受けだったのか忘れてたけど、ここに間島X小野と書いてあったので「おいちょっ待って、じゃ前作の榊さんが受けだったの?ここで高橋さん受けるの?」ってビビリましたが、中盤に美山が「オレ、どっちもいけるんだよ」って言ってくれて安心したww あと一つ気になったのがモノローグのときにかかったBGMあれなんですか。2013年の作品としてはひどい。そこBGMなくてもよくないですか。そこで白けたのを除いたら全部よかった。小野さん間島さんお二人ともやっぱりいい声落ち着いたお芝居、安心して聞ける。FTも面白かった。小野さんのお話をよく聞いてくれる間島さんがすごいよかったな。小野さんをゲストに迎えた間島さんパーソナリティのラジオ番組を聴いたかのような。間島さんいいお兄さんって感じてこんなお兄さんほしいなって思った。 -- 2014-09-14 (日) 12:20:56
  • 原作未読、前作既読。間島さんは余り聴いた事のない方ですが、お二人の聴き分け余裕でした。土管モノローグ同意。脚本も本当酷い。この作家さんの作品は脚本家にかかってるんだなと痛感。美山って誰だっけ?って思い出せない位印象ないので、違和感はなかったです。リピはしないかなー -- 2014-10-29 (水) 00:42:36
  • 声優慣れしてないわたしですが聞き分けられましたよ -- 2016-03-08 (火) 19:23:13
  • 声の聞き分けに関しては普通に出来ますね -- 2017-04-02 (日) 00:47:08

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit