Top > 誓約のうつり香
HTML convert time to 0.004 sec.


誓約のうつり香

Last-modified: 2016-01-21 (木) 06:46:09

誓約のうつり香 Edit

  • 原作: 秀香穂里    装画: 海老原由里?
  • キャスト: (チカ/羽沢誓史) 子安武人×野島健児 (南千宗)/ 武内健 (橘美散)/ 一条和矢 (真柴俊介)/ 増谷康紀 (吉田)/ 青木誠 (編集者)/ 渡辺浩司? (通行人)/ 羽多野渉 (アルバイト)/ 松岡大介? (バーテン)
  • 発売日: 2005年08月26日    3,150 円
  • 収録時間: 77分05秒    トークなし
  • 発売元: ムービック Chara CD Collection MACY-2024 / 徳間書店キャラ文庫
  • 脚本: 沙藤いつき プロデューサー: 松下一美 / 牧千佳代 / 植松瑠里子
  • 演出: 小川信寛 効果: 小山恭正(サウンドガーデン)
  • 調整: 天野龍洋(ヒロサウンドテクニック) 制作担当: 長嶋篤史 音響制作: 神南スタジオ
  • 作曲: 芳賀克敏 制作担当: 山中紀昌 音楽制作: タルバーラレコーディングス
  • ブックレット: SS書き下ろしショートノヴェル誓約のうつり香番外編「魔法の声」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
     
    TRACK LIST

感想 Edit

  • スポーツ誌の新人編集者・南千宗は、ある夜、高校時代の同級生・羽沢誓史と、偶然再会する。ソフトな物腰と目を引く美貌は昔と変わらない大親友のチカ。ところが今では、ご主人様として鞭を振るうSMプレイヤーになっていた。驚く南に、チカは「ずっと君のことが好きだった」と熱いキスを仕掛けてきて!?
  • 伝説のSMプレイヤー スレイブ 調教 言葉攻め 子安さんが生き生きと♪ 前半ヌルイ
  • 子安のSっぷりが存分に出されてる作品かと・・・
  • 「伝説のプレイヤー」の危険な言葉責め!意外とさっぱりした口調でHな言葉を発する・・・小説のほうがH度が高いんじゃ?って感じです
  • アラブの石油王くらいぶっとんでくれれば良かったのに…と思わずにはいられない、この中途半端な「攻めはすごい」設定がなんとも生ぬるい。「チカ様はこんなにすごいSMプレイヤーなんだぞ」と周りが褒め称えるたびに笑ってしまった。そんな攻めが受けを「せんちゃん」と呼ぶのもなんだか庶民的でまたおかしい。 -- 2008-06-20 (金) 06:56:22
  • タイトルの「うつり香」に関するエピソードもとってつけたようで、全体的に薄っぺらいストーリーだった。おませな子供ががんばって書いた「エッチなおはなし」みたいw 大人が考えるアホエロは楽しめるけど、これは苦笑しか出てこなかった。 -- 2008-06-20 (金) 07:47:40
  • 突っ込みどころ満載。恋人になってからも、攻めは他の奴隷の調教を続けるとか、それを甘んじてとはいえ受け入れる主人公とかどうなっちゃってるの。ありえない。 -- 2008-07-04 (金) 05:36:11
  • SM話はSMのことをもっと深く勉強してから書いてほしいね…と思った。調教以前に心理描写もお粗末で、全く感情移入できませんでした。キャスト目当てだったからなんとか最後まで無理して聴いた。 -- 2008-11-25 (火) 16:20:12
  • 原作未読。ここの感想を見て期待せずに聴いたら結構いけた…。子安は物腰の軟らかい丁寧な爽やか口調、野島は普通のトーンで挿絵よりも幼い印象の口調。秀原作だからとエロを期待するとガッカリするので注意。SMと言うよりは「ご主人様」という特殊職業の攻め×普通の受けが恋愛という感じ。絡みは前半1回と後半1回(野島のフェラあり)それとキスシーンがちらほら。柔らかS子安の言葉責めに萌えるか萌えないかが分かれ道かなあ…。輝いてたのは脇の武内、ご主人様子安を好きな奴隷役で野島の邪魔をするというポジション、お坊ちゃんで嫌味で強気なツン口調が非常に珍しい。イイ声一条の出番は最後に数分だけなので目当ての人は注意、ラストが一条×武内っぽかったのが気になる…。羽多野が脇で数役の兼ね役やってるのが気になって仕方ないw。一瞬だけ羽多野×野島みたいなシーンあり。ムービックにしては演出やBGMがだいぶマシです。2005年だけど古臭い感じもしないし、ここ読んで躊躇してる方には意外といけますよと…。SMや調教を期待せず『カリスマご主人様子安×一般人野島の純愛』だと思って聴いてみて下さい。 -- 2010-04-26 (月) 00:24:45
  • チカ=ドSではない、寧ろ南に対して甘いのでどえらいことにはならない。出番は多くないが真柴のほうが黒いオーラを放ってた。前半はぬるいけれども後半はそれなりに。敬語なのに南を見下し犬扱いするチカ@子安さんの演技はさすがだが、いかんせん展開が生ぬるい。秀作品でSMを味わうなら「黒○愛情」のほうがよっぽどプレイ内容も激しい。気の強いスレイブ@武内さんが素敵。 -- 2010-11-22 (月) 16:15:49
  • もう少し丁寧な心情変化の表現があるとストーリーに入りやすいと思うのですが。↑の方のおっしゃるように、「黒○愛情」などと比較するとSMッ気は低い気がします。 -- 2011-06-24 (金) 00:29:18
  • 「何メロドラマみたいな事言ってんだよ!」が「そっちがね」と思わず一人でツッコミ入れてしまう程、ストーリー展開が稚拙に感じました。「SMプレイヤー」という設定では無く「Sっ気のある幼馴染」の方が良かったかも?子安さんと野島さんの会話的な部分は普通に良かった。 -- 2012-01-09 (月) 05:05:59
  • SMプレイヤーちょっと笑いましたww子安さんがイキイキしそうwwノジケンの受けはやっぱ最高! -- 2012-03-07 (水) 04:36:26
  • 自称「Mの気持ちがわかるS」の子安さんが伝説のご主人様役なので、妙にリアルに聞こえて困る。柔らかい物腰の言葉攻めだけど、妙に逆らえない雰囲気があるところとか。同じ原作者の「黒○愛情」では攻め役さん無理してるなー、頑張っているなーと思えたんだけど。ぬるい展開だけど、意外におすすめ。でも、どうせならノジケンをそちらの世界に落としてほしかった&武内とのシーンをいれてほしかった。 -- 2012-11-09 (金) 00:04:06
  • 原作未読。攻が日本ナンバーワンプレイヤーに思えません。子安棒読み。SMというほどSMもない。攻は凄いんだと本人が言うし周りも褒め称えるけど、していることがぬるいのでどういうスタンスで聞けばいいのか迷う -- 2014-12-04 (木) 00:42:41

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit