Top > 蒼い海に秘めた恋
HTML convert time to 0.055 sec.


蒼い海に秘めた恋

Last-modified: 2017-03-04 (土) 10:05:51

蒼い海に秘めた恋 Edit

  • 原作: 六青みつみ    イラスト: 藤たまき
  • キャスト: (オルソン・グレイ) 鳥海浩輔×福山潤 (ショア・ランカーム)/(エルリンク・クリシュナ) 森川智之×福山潤 / 下野紘 (キール)/ 内田大加宏? (タフタフ)/ 奥田啓人? (サンミル)/ 畠山美和子? (レノ)/ 志村知幸? (ロアン)/ 田坂秀樹 (フレイム)/ 高田べん (ダイラ)/ 前島貴志 (本部長)/ 森永理科? (ライラ)/ 小原雅? (船長)/ 飯田浩志 (主任)
  • 発売日: 2006年09月08日    4,935 円
  • 収録時間: 76分07秒+74分17秒 (2枚組)    フリートークあり
  • 発売元: サイバーフェイズ CPCD-1071 / 海王社ガッシュ文庫刊
  • 脚本: 中山瑞季 キャスティング: 脇山孝之?
  • 演出: 鈴本雅美 音楽: 宮本空 録音スタジオ: スタジオテイクワン
  • 音響効果: サウンドボックス 録音調整: 滝沢おさむ 音響制作: Fukujyusou
  • ブックレット: SS書き下ろしショートノベル「銀の記憶、金の明日」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    ドラマCD 蒼い海に秘めた恋

感想 Edit

  • 天変地異、未曾有の大洪水に襲われ地上のほとんどのものが失われてから1,200年。人類は、ひとつの陸上都市と4つの海底都市をつくり上げ、均衡と平和を保っていた―ショア・ランカーム『本当に役に立たない人間なんていない。人は誰かを支えるために生まれてくるんだ』―人類を無類なき悲劇と恐怖に陥れてきた『水腐病』から、全人類を救うたった一人の存在。完璧な抗体保持者。全滅した島から救い出され、アストラン研究所で特効薬開発のために15年を過ごしたショア。共に在ったのはエルリンク・クリシュナ―――養父、そしてショアが『愛』と呼ばれる関係なのだと信じて疑わなかった男“エリィ”。だが、特効薬の生成と大量生産に成功し、人類の救世主として崇め奉られるようになった彼の口からもたらされた言葉は……「あの子は、もう完全に用済みの存在です」存在そのものを隠蔽され、壊れた心を抱えたまま軟禁状態に置かれたショア。そんな彼が見つけた一筋の光。それは資料用の記録盤に収録されていた、ある青年の姿だった。太陽のような笑顔、澄んだ碧い瞳。やさしそうな声……。一度でいい、この笑顔が見てみたい。ショアは最後の望みを胸に飛び出した。海底都市へ。オルソン・グレイの元へ―――
  • フリト司会福山さん鳥海さん森川さんで8分半。
  • 切なくてかわいそうでいい話でした。正確には、森川×福山もあります。
  • 途中死ぬんじゃないかと焦りました。下野のキャラがかなり嫌でしたね
  • 聴き終えてからもずっと胸に残る一作。泣きました。
  • 秀逸な一枚。脇を含めて演技力にも文句なし。しかしながら鳥海キャラに魅力が薄い→森川キャラに共感。ゆえにハッピーエンドでもちょっとすっきりしなかった。 -- 2007-11-03 (土) 17:56:18
  • 森川キャラがすごく切なく、苦く残りました -- 2007-11-03 (土) 21:08:39
  • 苦しくなるほど切ない話でした。声優さんの演技も話も本当に素晴らしくて、どんどん引き込まれました。本編でしんみりしたあとに、ほのぼのとしたフリートークでほっとします笑 -- 2008-01-22 (火) 10:30:34
  • 下野キャラがどんだけ嫌なキャラなのかと思ったけど、普通に良い子だった。BGMもキャストの演技もとても良かったし、丁寧に作られている気がしました。でもハッピーエンドなのに・・エリィ(森川)の扱いが悲しすぎる・・・・もう少しどうにかならなかったのかな。そこだけ不服。 -- 2008-03-27 (木) 09:35:47
  • 途中、すれ違いがひどく聞いてて切なくてどうしようかと思いました。泣けるBLは久しぶりでした。 -- 2008-04-13 (日) 08:08:31
  • 初めて泣けるBLに出会った。エリィ(森川)の報われなさが切なさを際立たせてよけい泣けた。 -- 2008-05-24 (土) 02:59:05
  • 泣けると期待して挑んだけど話は特に普通。メインカプに共感度が低い。音作りは丁寧で好感。森川さん鳥海さんは抑えた声。高音福山さんの熱演が聴き所。切ない話だが死に話では有りません。
  • 原作未読。個人的には2枚組みによくある疲労感を感じない作品でした。切ない系の話でしたが、とても良かったです。上記で言われている通り、エリィが結末的に辛い印象です。もう少し和解に近い流れでも良かったかなーと思います。作品としては好きですが、男同士っていうのには寛大な世界なんでしょうかね?誰も同性同士の恋愛に触れないのでそれだけが疑問です。 -- 2008-09-15 (月) 15:29:36
  • 切なかったです。かわいい福山さんの演技に拍手喝采。グレイはもうちょっと低い声でも良かったかも。私は下野さんのキャラは嫌な感じはしなかったです。足音のSEは変なところがちょこちょこあってそれだけが気になりましたが、他は文句なし。 -- 2008-11-21 (金) 18:54:05
  • 福山さん、熱演です。聞いててすごく胸が締め付けられました。森川さんはもうちょい低めが良かったかな。 -- 2008-12-01 (月) 13:18:25
  • 全体的な世界観や雰囲気が非常にドラマCDらしく、完成度の高い良い出来の作品でした。特にラストに垣間見れる森川キャラの人間臭さには涙を誘うものがあります。ただ難点を言えば福山キャラの行き過ぎたネガティブ思考と鳥海キャラの身の軽さ。彼女→福山→下野→福山と鳥海キャラの一貫性のなさが残念。あと森川キャラも切ないのですが、何より一番残念な扱いだったのは下野キャラでしょう。森川以上に報われてない子。その後が非常に気になります。 -- 2009-01-20 (火) 18:21:06
  • 原作未読。聴き終えて、ドラマ聴いたなーという気分になれる作品。ショアとグレイのすれ違いに恋愛ものの醍醐味を感じるし、その効果で初めて肌を重ねる場面が切なく、涙がこぼれる。エピローグでの場面展開があまりに飛び過ぎてて、せっかくそこまで丁寧に場面を積み重ねてきたのにちょっと勿体ない気がした。そこが残念。時間的制約の中で良く纏めたんだろうとは思う。エリィ(森川さん)は勿論、キール(下野さん)も切ない。が、ブックレット掲載のその後のショートストーリーで少し救われた。特にキール。慌ててもう1度CDを聴きなおして「その人」を確認(笑)。 -- 2009-02-15 (日) 22:57:06
  • とても良く出来た一枚。絡みよりストーリー重視。全ての人がそれぞれに切なく、また気持ちも伝わってくる。解除のキーワードを知る部分は特に切ない。誰にも知らされない一言に、幸せと絶望が去来する。森川さん演ずるエリィと下野くんのキールには是非とも幸せになって欲しいと心から願ってしまう。時間の長さを感じさせない、良く纏まった話だと思う。敢えて上げるなら最後のシーン。端折り過ぎている感が残る。チップを取り出す手術のシーンとその時のエリィの心情を聴いてみたかったし、その後の時間経過とキールを含めた心の動きが欲しかった。けれど良作には間違いない。時間のある時に聴いてみて欲しい一枚。 -- 2009-10-01 (木) 13:43:40
  • 原作を読んでいなかったのでどんな話かわからずにCDを先に聞きました。ショアがグレイに辛くあたられている所は聞いていかなしくなりました。最初エリィはなんて酷い人だと思ったけど最後の方はなんかかわいそうでした。このCDを聞いてから原作も欲しくなって買って読みました。オススメな作品です。 -- 2009-10-22 (木) 02:24:15
  • 前に書かれていますが、同性同士に寛大なのは女性が多くかかりやすい感染病のため女性の人数が少ないと冒頭にあったので必然的なのかと思います。職場も男臭いのでこの世界の中ではそういった恋愛もよくあるお話なのではと原作未読ながら拝聴した印象です。ただグレイのアプローチはいきなりでびっくりしましたが(笑)そして確かにキールやエリィには幸せになってほしいと切に願います。1人1人はみんないい人なのに心に物悲しさが残る、聞き応えのある作品に感じました。出会えて良かったです -- 2009-11-23 (月) 02:12:43
  • あまりBLCDを沢山聴いてはいない私は、福山さんでは元気っ子や騒がしい感じの受しか聴いたことがなく、本作ショアの演技に激しく感涙。泣きや叫びの演技にひどく心を捕まれました。鳥海さんはメインより軽い脇役のものばかり聴いていたせいか、とてもつもなく男前声で凄く好きになりました。すれ違いすぎて切なく、エリィの結末にもまた涙。聴いた後も心にじんわりとくるBLCDは初めてかもしれません。素晴らしかったです。 -- 2009-12-15 (火) 07:40:42
  • 福山が死んでエンドかと思った・・・切なくて良作だが、ショアはおしんみたいだなーって思ってしまった。不幸すぎww -- 2009-12-18 (金) 22:15:09
  • 秀逸な一枚だけど間の不幸のエピソードが重すぎて・・・ちょっと可愛そうでもう一度聞く気になれない -- 2010-01-05 (火) 14:56:50
  • 感傷的な気分に浸りたいとき、切なくてかわいそうなストーリーにどっぷりはまりたい方にオススメです。上の方が『おしん』のようだと書かれていましたが、たしかに不幸の連続とひたすら耐えるところがおしん入ってますね(笑)私は儚なくて、切なくてかわいそうといったところから『人魚姫』のようだと感じました(結末は異なりますが)主人公ショア役の福山さんの演技は素晴らしいと思います。ショアの薄幸さ、いじらしさ、一途さがよく伝わってきます。下野さん演じるキールについては私もいい子だなと感じました。欲しいものは欲しいときちんと意思表示する点は好感が持てます。ショアとは全く違うタイプですね。ショアにはショアの魅力がありますが、個人的にはちょっとネガティブすぎやしないかと感じるところが度々ありました。グレイは鳥海さんの演じる役としては珍しいタイプだと思います。鳥海さんの攻が好きな方は一度聞いてみてほしいです。『潔癖さや不安定さを内面に秘めた、皆に慕われるリーダータイプな男前』の鳥海さんを聞くことができます。森川さんのエリィは…ほんと報われないです。切ないです。それでもとりあえず主人公達がハッピーエンドなのでホッとしました。BGMも物語の世界に引き込まれるような、雰囲気に合ったもので良かったです。 -- 2010-01-07 (木) 01:10:19
  • 世界の不幸を一身に背負ったような健気なヒロイン(ヒーロー?)がラストには幸せになるという王道のラブストーリーに、近未来テイストで味付けしたおとぎ話といった感じです。他の方のコメントにもありますが、森川さんの演技の素晴らしさもあってか、エリィがあまりに報われなくて物語はハッピーエンドなのに哀しくなりました。鳥海さんを始め、キャストの皆さんの演技は全て秀逸ですが、特に福山さんの憂いを帯びたショアの声はぴったりハマっていました。 -- 2010-01-07 (木) 10:52:08
  • 原作で続編が出たので改めて聞き返してみましたがやはり良いです。気軽には聞けず、聞く時の気分を選ぶ程切ない話。このままでは森川さん演じるエリィがあまりに不憫過ぎるので、是非エリィが主役の続編もCD化して欲しい。 -- 2010-01-16 (土) 21:24:45
  • 舞台が深海というのがとても活きている作品。じっくり物語りを堪能したい方向きの良作CDです。重すぎるのはちょっと…と迷っている方もぜひ聞いて頂きたいです。 -- 2010-04-10 (土) 17:55:38
  • とても、素晴らしい作品なのに、すごく悲しいです。確かにハッピーエンドですが、エリィが不憫で、そっちの方が泣けました。他の方もおっしゃってますが、ハッピーエンドなのに悲しいという不思議な気持ちになりました。 -- 2010-05-26 (水) 15:13:10
  • サイバー無き今、CD化の可能性は低そうなのであえて書いておきます。原作はエリィ主役で続編が出てます、エリィのあのラストに納得いかない方はそちらを読んでみるとエリィのその後と新しい出会いと共に、オルソン×ショアも含めてすっきりします。出来れば他レーベルでメインキャスト変更無しでCD化してほしいのですが・・・。 -- 2010-05-26 (水) 18:24:08
  • 原作未読。前半の展開は本当に素晴らしくて、繊細で悲しい物語でした。ショアの深い絶望感に思わず涙が出ました。ハッピーエンドが少々違和感あり。そのままバッドエンドに繋がれば作品全体としてもっと深くなるかと思います。 -- 2010-06-07 (月) 11:43:52
  • ショアがネガティブすぎるというコメントがいくつかありますが、彼の立場を考えるとそりゃネガティブにもなるだろ、と思います。育った環境や、彼にとって全てであったエリィに捨てられたと思い込んでまたグレイとのあの誤解や、誤解を解こうにも解けないあの状況…それにしても手紙一枚でショアの話も聞かないままショアを追い出すあたりはネガティブなショアの夢かと思ってしまうくらいあの辺りはちょっと如何なものかと。彼女とかキールとかの話もそうだし確かにグレイって案外軽いキャラかもしれない…エリィのキャラの方が共感が持てます。とにかく福山さんの演技は本当に素晴らしかった! -- 2010-06-18 (金) 02:34:54
  • 他のドラマCDに比べてという意味では全体的に頑張っている感は強い。特に終盤の海底のシーンは情景が目に浮かぶようで良い音作りがされていると思った。ただ、終盤トラックで体力を失った主人公に手術を施したり、融解キーワードを生かしきれないなど、話しの作りとして欠点が多すぎる。そのため、物語に深みを沿えるはずの要素が主人公の不幸自慢の要素にしならず、終盤になると「ほらほら、可愛そうでしょ〜」と言われているようで萎える。風と○の詩、マージ○ルなど、様々な名作少女漫画のオマージュが読み取れ、俳優、世界観も悪くないだけに少し残念。ただ、他の作品と比べると完成度は高く、それなりに力も入れていると思われる作品。 -- 2010-07-25 (日) 02:03:37
  • 原作未読。森川さんのキャラが報われないと言いますが、可哀想ではあるけどある意味因果応報。主人公のおしん化はBLに限ったことでもないので普通に聞けました。おかげで福山さんの切ない演技が聞けたのでまあ満足です。下野さんキャラも、報われてはいませんが自分が納得して受け入れた失恋だし、同情しなければならないとは思えない。鳥海さんキャラも身持ちがちょっと緩い以外はいい人だと思います。海底都市のお偉方も悪い人じゃなかったし、誰も悪くないのに生じる葛藤という、なかなか描きづらい話がうまく表現されていましたので、個人的には満足。BGMとSEも力を入れていることがわかりました。融解キーワードは、私は逆にああいう解決でよかったと思います。あれで奥田さんキャラが本当は森川さんキャラに気があったんじゃないかと想像が広がりました(笑) -- 2010-08-03 (火) 19:57:55
  • 面白かったです。CD2枚があっという間でした。ショアとグレイとキールの三角関係のおかげで、すごく切ない物語でした。恋敵ですがキールは普通にいいやつだと思いました。設定に甘い部分もありますが、BLとしての心理描写がしっかりとされているので気にならないと思います。ただ森川エリィの避けられっぷりが半端なくて、エリィはたった一回の出来事で見限られちゃったのかーと思ったらエリィがとても不憫でした。 -- 2010-08-06 (金) 21:37:58
  • 原作未読。福山さんの演技に拍手!!切なかったけどハッピーエンドでよかった。ただエリィとキールが…。フリトの福山さん、相変わらず早口で捲し立ててるw -- 2010-08-10 (火) 17:26:33
  • ファンタジーのためか、音楽がRPGにおける海関連のマップ(派手ではない)のようで、心地いい。ショアに感情移入できなかったもののエリィにやられた。エリィはグレイよりいい奴で、その不器用さが愛おしい。最後まで気が抜けないドラマだった。 -- 2010-10-23 (土) 19:18:19
  • こういう丁寧に作られた作品はめったにないのでとても好感がもてます。世界観も不思議なもので聞き入ってしまいました。でも丁寧作られているからこそ、ファンとして欲がででしまいます。まずグレイ(鳥海サン)の性格がもっともっと優しいというのを強調して欲しかった。なんとなく軽い人に思われてなりません。そしてエリィ(森川サン)のショア(福山サン)に対する心情をもっとわかりやすくして欲しかったかな。とはいえ、声優さん達の演技は素晴らしく、BGMの聞いていてとても心地よいものがありました。上の方も書かれていますが、原作に続きがあるようなので、見てみたいと思います。ぐっと世界に引き込んでくれる良作だと思いました! -- 2010-12-15 (水) 03:00:18
  • 原作未読。すごく切ない物語で、涙が止まりませんでした。声優さん達のすばらしい演技が作品の世界に引き込んでくれました。非常に完成度の高い作品だと思います。 -- 2011-07-12 (火) 13:21:05
  • とてもいい話だった。声優さん非なし!かなり泣いてしまった。自分の心臓が痛くなりました。 -- 2011-07-12 (火) 23:56:06
  • ザ・ファンタジーはあまり好きではないのですが福山さんが台本を読んでグッときた、と聞いてチャレンジしてみました。本当に面白かった。その一言につきます。食わず嫌いはいけないと思えた作品です。福山さんありがとう -- 2011-07-21 (木) 17:42:43
  • 福山さんのこんな可愛い声を聞けてサイコーです!!! -- 2011-07-28 (木) 14:19:28
  • 原作未読。先程聞き終えましたが、blcdの中では秀逸な作品ではないかと思いました。それほどキャストの演技も素晴らしかったし、作りも丁寧、ちゃんと考えさせてくれる部分もあり、(blcdにありがちですが)内容が薄いこともなく素晴らしい出来だと思います。ですが、あえて言うなれば、最後の展開が少々急過ぎたと思いました。最後は全体的にもう少し時間をとるべき。そのせいで最後に少し感動が薄れました。しかしながら、久々に泣けるblcdを聞きました。中身も濃く素敵に仕上がってます。とてもオススメの1枚です。 -- 2011-08-01 (月) 05:34:57
  • CD2枚組というボリュームなので内容も濃く、丁寧に仕上げられたストーリーになっている。世界観がしっかり出来ているので、blcdにありがちな、突飛な感じがなく、すんなりストーリーに引き込まれる。そして、面白い。blcdで初めて号泣しました。原作未読。ラストは主人公が生きて帰れるのか最後まで分からず、ハラハラしました。声優さん達の演技も素晴らしく、よりストーリーを楽しめました。ぜひ多くの人に聞いてもらいたいです。 -- 2011-08-01 (月) 15:40:36
  • 福山潤演じるショアが、グレイとキールの仲むつまじい様子を見たときの気持ちがすごく切なかったです。グレイにたった一度の願いを叶えてもらい、グレイには何も言わずに自分の命の賭けて未来のために立ち向かうショアの姿に感動しました。エリィは最初すごくイヤなヤツだと思ったけれど、最終的にはずっとショアのことを想う一途な方でした(エリィのやり方は気にくわないけどね)。キールは結局恋敵に自分の恋人を取られてしまったけど、その後どうなったのかな……幸せになってほしいです。福山潤役は元気な、明るい役を演じてる印象があったので、今回の様な役は新鮮でした。でも、福山潤はどんな役柄でもぴったりハマり役なので、その演技力にはいつも脱帽です。鳥海さん演じるグレイは少し自分勝手?な所があると思いました。 -- 2011-08-05 (金) 23:26:33
  • 最後の、エリィが融解キーワードを知るところで大号泣しました。途中でやり方を間違えてしまったけれど、間違いなくエリィの心の中にはショアへの深い愛がずっとあったのだと感じることが出来、エリィへの解釈が変わりました。役者さん達の演技は言うまでもありません。 -- 2011-08-29 (月) 01:41:24
  • 最後までいっきに話に引込まれて聴く事ができた良作でした。ファンタジーですが世界観の作り込みがしっかりとしています。しかしたくさんの方が書かれていますが、ショアに対しての愛情の深さは最終的にエリィ>グレイに感じられてしまい、グレイに攻としての魅力をあまり感じられなかったのが残念。エリィに感情移入してしまうのは 森川さんが本命攻役のCDを聴きすぎてるせいもあるかもしれませんが(笑) -- 2011-10-11 (火) 14:04:18
  • 何度もリピしています!けなげなショアを演じる福山さんが素晴らしい!特にタフタフの披露宴でのキール(下野さん)とのやり取りの場面が胸にグッと来ます。「僕は…ほんとにもういいんだ…」ってセリフに毎回号泣。グレイ(鳥海さん)も、人間臭くていいと思います。そしてストーリーがまたよくできている。こんなにのめり込んだBLCDは初めてです。コメント書きたい!と思ったのも初めてです。本当にオススメです! -- 2012-06-05 (火) 19:38:35
  • 目が腫れて大変です。SF的なBLCDはあまり好きではなかったのですが、これは別です。声優の実力が手にとって分かります。ぜひ、聴いてみてください。憂いを帯びた福山さんの声が涙を誘います。こんなに健気な男の子は現実に居ないと思います…設定の内容がとても細かくて、ついのめり込んでしまいます。グレイの頑固さにたまにイライラします。大好きな作品です -- 2013-06-16 (日) 17:29:19
  • SE良いです。ストーリーは悲劇の主人公と鈍感男の話。脇役の方がいい人な気が・・・。特にグレイにはイライラしました。 -- 2013-12-31 (火) 00:34:20
  • 原作未読。素晴らしい作品でした!もう切ないなぁ。色々と・・・。ディスク1の方が大泣きでした。個人的に。チップの言葉、そうだと思ったよ。思ったけどさ・・・まぁ良かったよ。「エリィ嫌い」じゃなくて。ストーリーがとにかく面白くて、これならHがなくても全然OKな感じ(あったけど)。話にすっかりのめり込んでいたらH部分で「声高すぎるわ、お前はガールか」と素に戻った。女が異常に少ない世界だから、ゲイは普通なんだろうね。むしろ女性と結婚したタフタフの方がすごい気がする -- 2014-07-08 (火) 01:37:01
  • エリィの方が良くね?グレイ当て馬で良くね?二枚組なのにあっさりしてる。キールかわいいと思う。 -- 2014-07-08 (火) 04:28:35
  • BLでこんなに泣いたのは初めてでした。出てくるキャラクター全てに切なさを覚えずにはいられませんでした。エリィの切なさを演じられるのはさすが森川さんですね。 -- 2014-07-18 (金) 03:01:30
  • 原作未読。健気受けは基本的に「これはBLじゃないのか?テメェは女か」と具合が悪くなるので嫌いですが、これは最後まできちんと感情移入して聴けました。内容も最初から最後まできちんとまとまっていて聴きやすかったのですが、やはり「何で言えるところでも言わないのか」と何度も思いました。そこと、エリィがどうしてああ言ったのかをきちんとエリィ視点から話してほしかった。(最後エリーのモノローグ入ってるんだからそこで。もちろんどうしてかは分かるが、それでもエリィから本音を聞きたかった。想像してね、ではなく)非常に良作でした。長いので次に聞くのは何年後かになりそうですが…。 -- 2014-08-06 (水) 15:57:17
  • 何の前情報もなく仕事の休憩中に聴き始めて後悔(笑)途中まではアル○ゲドン系なのかなーと気楽に聴いていたのですが、エリィが…エリィが!大事にしている上でのもう要らない発言(解放する為とか)と邪推していたのですが、ラストで号泣してしまいました。グレイの映像見ただけで好きになった・グレイの研究所嫌いのくだりを細かく噛み砕いていたら、もっと感情移入出来た気がします。重要な部分がサラッと流されてしまったので、グレイが軽く見えたのかなと。 -- 2014-08-26 (火) 17:28:21
  • 攻と脇以外はみんないい人。いや、攻が悪人として描かれているわけでは決してないんですが!エリィがもう少し言葉足らずでなければ、あるいはサンミルの誘導に気づいていれば…と思ってしまいました -- 2014-10-10 (金) 11:23:50
  • エリィ切ないです………。グレイが好きになるのは共感できずに残念。 -- 2014-10-30 (木) 18:59:20
  • エリィが全てを持っていったと言っても過言ではない。ショアの一途さ、健気さ、強さにも涙涙。グレイは確かに子どもっぽいというか、THE 傲慢男子な部分もありますが、グレイのそういう部分でショアの健気さが際立ったのではないかなと思うし、一番人間らしかったかな。原作未読なのでこの続きがあるのかは知らないのですが、エリィとショアの繋がりが途絶えてしまわないといいなと…あのままでは余りにエリィが可哀想で…また元気のある時に是非聴こうと思います。素晴らしい作品に感謝。 -- 2015-01-14 (水) 00:05:14
  • 幸薄そうな美少年声の福山さん、とっても素敵でした!鳥海さんもいい男で・・・。 -- 2015-05-05 (火) 18:27:54
  • 鳥海さんが格好良き。福山さんの高音も良き。森川さん…は狂っているような。 -- 2016-09-18 (日) 06:14:33
  • 原作未読。終始ハラハラドキドキしっぱなしでした。作りが丁寧な分、聞くのに体力がいりますね。ストーリーとしては、全体的によくまとまっている印象。ただ、グレイの過去の話、手術のくだりにもう少し時間を使って欲しかったかも。皆さん言っているようにエリィが本当に不憫でしょうがなかったです。キールもいい奴だっただけにこの2人が報われて欲しいなーと思います。個人的にはグレイも嫌いじゃないです。この登場人物の中で魅力に欠けるのは事実ですが......。役者さんの演技は言うことなし。特に福山さんと森川さんは素晴らしいです。今にも消えてしまいそうなショアの儚さや、エリィの人間味はこのお二方にしかだせないと思いました。とても良作なので、ぜひ聞いて欲しい作品です。 -- 2017-03-04 (土) 10:05:50

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit