Top > 対決 vs シリーズ
HTML convert time to 7.614 sec.


対決 vs シリーズ

Last-modified: 2009-07-21 (火) 06:51:43

対決 vs シリーズ Edit

  • 原作: 村上恒一  イラスト: NEO:緋色れーいち NEO2:小山宗祐?
  • キャスト:
    対決1:若本規夫(ザック・アーノルセン)/ 柴田秀勝?(モーリス・クレーバー) 2004年09月15日 3,360円 ANIC-001
    対決2:池田秀一 (葛西雄吾)/ 加藤精三? (長山達栄) 2004年12月15日 3,360円 ANIC-002
    対決3:中田譲治 (上杉謙信)/ 麦人 (武田信玄) 2005年03月15日 3,360円 ANIC-003
    対決NEO:石田彰 (水木真也)/ 中井和哉(青地公平) 2005年12月23日 2,940円 ANIC-004
    NEO:高田陽平?/小川敦?/高橋研二/原田奈美?/たにえみこ?/外木隆行?/箭内園子?/小山博?
    対決5:井上和彦 (デク)/ 内海賢二?(チワワ) 2006年6月15日 3,360円 ANIC-005
    対決6:大塚明夫 (柳本明彦)/ 小山力也?(小野寺隆) 2007年12月15日 3,000円 ANIC-006
    対決8:遊佐浩二 (立花隆士)/ 岸尾だいすけ(三島勇人) 2008年01月15日 2,940円 ANIC-008
    対決NEO2:神谷浩史(加瀬怜一郎)/ 吉野裕行(中嶋新太) 2008年10月03日 2,940円 ANIC-007
    あなたに今夜はワインをふりかけ:石田彰(小河原崎貴生)/ 小野大輔(森島毅志) 2009年02月13日 2,940円 ANIA-0001/イラスト:星野明/脚本:石埜三千穂(本編)竹内光(おまけミニドラマ)/ディレクター:竹内光/制作デスク:小屋野博/
  • 収録時間:1:68分47秒 2:71分22秒 3:72分44秒 NEO:66分02秒 6:74分
  • 発売元: 株式会社アニメアンテナ委員会:イーアンツ有限会社
  • 脚本:対決1:透夜月子/ 天田真人 対決2・3・5・6・8・NEO2:神戸一彦 NEO:松りんこ NEO2:村上恒一
  • 演出:宮崎誠二 対決6・8:納谷六郎?:音響監督 対決5・6:プロデューサー: 村上恒一
  • 音楽:フィスミュージック 神戸一彦 中村太郎(NEO) 対決5:主題歌:伝承歌劇団〜エウロパの軌跡〜 対決6・8・NEO2:音楽:宮路一昭&TONES Project 選曲・効果:野崎博樹(ちゅらサウンド) スタジオえっせんす(NEO) 対決8・NEO2:音響制作:株式会社スタジオマウス NEO2:制作担当:納谷僚介/調整:清本百合子/録音:宮林良太/録音スタジオ:スタジオマウス イラスト:5:小松原英/6:JUNNY/8:倭仙
  • 関連画像(Amazon.co.jp) (非BL)
    対決2 池田秀一VS加藤精三
    対決3 中田譲治VS麦人
    対決NEO 石田彰VS中井和哉
    対決 NEO 2 神谷浩史×吉野裕行
    あなたに今夜はワインをふりかけ

感想 Edit

  • 世のオジサマラブな女性達を中心に、ターゲットを普通のアニメファンの男性にまで広げ、骨太のしっかりしたドラマを、本当の芝居のできる本物の役者が演じる「対決」シリーズ 友情をテーマにさわやかな男の魅力にも焦点をあてた新シリーズ「対決NEO」
  • 対決1 若本規夫VS柴田秀勝:モーリス・クレーバーとザック・アーノルセン 命を預けあう無二の戦友・・・そんな二人の間に ある時 天使が舞い降りた・・・リュシア そして交錯する運命・・・交錯するそれぞれの思い・・・そして・・・悲劇は起こった・・・現在・・・悲劇から約20年の歳月を経て・・・二人の前にあのリュシアが再び現れる・・・あの時の若さを保ったまま・・・再び始まる二人の男の愛憎という名の葛藤・・・そして闘い・・二人の運命は再び揺れ・・・そしてまた動き始める・・・。
  • 『戦う魂は愛へと昇華するのか!!』男のダンディズムに魅了された女性ファンを中心に、ターゲットを普通のアニメファンの男性にまで広げ、骨太のしっかりしたドラマを、本当の芝居のできる本物役者が演じる作品。勿論、作品の中でも戦いますが、本人同士も演技で火花を散らす「VS(ヴァーサス)形式」でのボイスドラマ第一弾。二人のベテラン声優の骨太のドラマと、本物の演技のガチンコバトルをお楽しみください。おまけのメッセージ集がまたすごい!応援、お祝いメッセージから電話応答メッセージ、告白セリフまで盛りだくさん!
  • 対決2 池田秀一VS加藤精三:時代は昭和16年。葛西雄吾は新進気鋭のプロ棋士。八段昇段と共に、並み居る先輩棋士達を打ち破り…将棋界に長きにわたり君臨する“師”にして“名人”長山達栄への名人挑戦権を獲得する。同時に長山達栄の末娘・秋子との婚約も決まり、順風満帆の人生を送るはずであった…しかし国際情勢は風雲急を告げ…日本は太平洋戦争へと突入。海兵の教官をしていた雄吾は、名人挑戦を前に軍隊へと召集されていった。果たして葛西雄吾の運命は…二人は将棋の名人をかけ 雌雄 を決することができるのか?
  • 『男は師の愛を胸に大空へと飛び立って行った…』男のダンディズムに魅了された女性ファンを中心に、ターゲットを普通のアニメファンの男性にまで広げ、骨太のしっかりしたドラマを、本当の芝居のできる本物役者が演じる作品。・・・その男は・・・師の愛を胸に抱き・・・大空へと飛べ立っていった・・・池田さん加藤さんとそれぞれの個性が対象的に、なおかつ見事にマッチングした名作。ラストは思わず涙がじわっと・・・おまけのメッセージ集がまたすごい!応援、お祝いメッセージから電話応答メッセージ、告白セリフまで盛りだくさん!
  • 対決3 中田譲治VS麦人:戦国時代を代表する 名将 上杉謙信 と 武田信玄。竜虎と並び表される二人は、互いを認め合う永遠のライバル。だが…実はその二人…山奥の秘湯にて過去に出会っていた。互いの素性を知らぬまま…互いの器量・そして資質に惚れあう二人。そして愛し合う二人…しかし 時代は戦国…運命とは皮肉…結局は戦う運命に…。…雌雄を決すべく…自らの想いとは裏腹に 二人は…戦場・川中島 へと軍を進めた…。「時は戦国時代と呼ばれた永禄四年九月十日…われら信州武田軍は宿敵、越後の雄、上杉軍と川中島で四度目の合戦を繰り広げていた…そして、一進一退の中、後に語り継がれる、よもやの出来事は起きた…」
  • 名将「上杉謙信」と「武田信玄」!竜虎と並び表される、二人の愛憎うずまく戦国物語!甘いだけの男・・・甘いだけのドラマ・・・甘いだけの声・・・そんなものお呼びでない。そんな本物志向のあなたにお送りする本物志向のガチンコバトル!『名将上杉謙信と武田信玄、愛憎渦巻く戦国物語』
  • 対決NEO 石田彰vs中井和哉:学生バレーのスター水木真也とパートナーの青地公平。その動向が注目される中、二人はビーチバレーのプロ宣言をした。プロといってもビーチバレー界の経済状態は悪く、日々の生活の保証もない。大会に勝たなければ賞金も出ず、その額も少ないのが現実。目標は次期オリンピック。これを合言葉に二人は日々の練習と資金稼ぎのアルバイトの精を出すのだった。その頃、バレー界のキングといわれる神崎竣が突然ビーチバレーに転向。マスコミはパートナーに、水木を指名すると噂し始める。疑心暗鬼に陥る青地。二人の結束に、小さな亀裂が入り始める・・・水木は神崎と組むのか。そして、今まで支えあってきた青地と戦うのか。そんな折、更なる運命のいたずらが彼らを待ち受けていたのだった・・・
  • 『二人の絆は絶たれてしまうのか・・・』
  • 対決5 井上和彦VS内海賢二:人は人生の中で、運命を変える出会いがあるという 本当にそんな事があるとは信じてなかった・・・今日までは――上司にどやされ、失恋し、車がはねた泥水で心身ともにボロボロの、 さえないサラリーマン「デク」が出会った運命の相手――それはなんと「チワワ」であった。ところがこのチワワ、可愛い外見からは想像もつかない程のプライドの持ち主。加えてとんでもないクセ者だったのである…!可愛らしさを売りに、食べて寝るだけの、 のんびり生活を手に入れた・・・かに見えたチワワだったが…。しかしそこはそれ、犬の気持ちと人間は違う。散歩するも、餌を食べるもすれ違う一人と一匹。取っ組み合ったり、仲良くしたり…そんな毎日。…が平和に見えたある日…。八ヶ岳にある社長の別荘にやってきた デクとチワワに運命の大事件が待ちうけていたのである。
  • その姿は天下無敵!人とチワワというかつてない「対決」『人は人生の中で、運命を変える出会いがあるという 本当にそんな事があるとは信じてなかった・・・今日までは――』
  • 対決6 大塚明夫VS小山力也:これまでに数々の事件を解決してきた柳本と小野寺。ベテラン刑事として若い小野寺に刑事魂を叩き込む柳本。そして柳本を信頼し刑事としての心得を学ぶ小野寺。いつしか二人は警視庁一の「名コンビ」と呼ばれる程のパートナーとなった。更に小野寺は、柳本の一人娘・愛との婚約をきめる。しかし、そんな小野寺ですら知らない柳本のもう一つの姿・・・それは、十数年前のある忌まわしい事件がきっかけだった。複雑な心境を抱えながらも、己の目的を全うしようとする柳本。柳本を信頼しつつも、その裏の顔に次第に気付き始める小野寺。そして柳本と小野寺が名実ともに親子になる前日・・・事態は急転直下・・風雲急を告げる。
  • 『愛するものを守るために…信じるものを貫くために…復讐を果たそうとした銃声の先に訪れる結末は…』
  • 対決8 遊佐浩二 VS 岸尾だいすけ『バッテリー』:超高校級バッテリーとしてプロ球団の注目を集めていた立花隆士(遊佐浩二)と三島勇人(岸尾だいすけ)。だが、甲子園決勝戦で立花のサインを無視して三島が投じたボールは、同じく注目のスラッガー・中西のひと振りでスタンドに消えた。サヨナラホームラン。あの夏の日から21年。ともにプロの世界を戦ってきた2人にとって、今日は引退を決意した最後の試合。先発からクローザーに転向していた三島はマウンド上で華やかに、またブルペンキャッチャーとなっていた立花はブルペンで、静かにその時を迎えるはずだった。迎えた9回の裏。そしてバッターボックスに立つのは因縁のあの男。二人の脳裏には遠い夏の日のできごとが甦る。
  • 『恋も、野望も、葛藤も…ただ情熱的に』
  • 対決NEO2 神谷浩史 VS 吉野裕行:高校の同窓会----卒業以来、会う機会のなかった加瀬と中嶋。酒を呑み交わす内に高校時代の思い出話に花が咲く。が、実はこの2人、校内では知らぬ者はいない程の特別な関係だった。「僕たちは恋のライバルになる気がする」転校初日、加瀬が自ら言い放った一言は現実となり、なんと中嶋が密かに想いを寄せていた保健の沙織先生に一目惚れ。彼女に対する熱い気持ちは互いに一歩も譲らぬまま、ライバル関係は激しさを増していく。ギター、運動会、演劇、バレンタイン…常に競い合ってきた2人であったが、最後まで決着はつかぬまま…。そして、12年後の再会----またしても美しい女性を巡り、対立する二人…加瀬と中嶋…果たして二人の迷走する行く先とは…?
  • 『僕たちは恋のライバルになる気がする』あの頃の僕らはただ走り続けていた――
  • あなたに今夜はワインをふりかけ:昼下がりの中華料理屋。客はちらほら。フライパンを振っている毅志。カウンターで新聞を読んでいる店長。一人で来ていた貴生が、勘定を済ませて出ていく。毅志「あいつ、また残しやがった……」いつも暗い顔でやってきては、半分近く残していく陰気な客。ある日毅志は貴生に面と向かって言う。毅志「お口に合いませんか?」そんなことから店から足が遠のいた貴生の部屋に、ある日毅志が大量の食材を持って押しかけ、料理を作って食べさせると言い出す…
  • 非BL。なぜだかBLの棚に並んでいたりするシリーズ。対決という意味を勘違いしたのか、ジャケットを勘違いするのかは謎。同系列で「あなたに・・・」も記載。タイトルは色っぽいが、内容は180度違うので注意。冷やし中華なお話。NEO2はラストちょっぴりBでLな薫り。ただし、ボーイズじゃぁ無いけどね。

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White