Top > 東海道HISAME〜陽炎〜
HTML convert time to 0.004 sec.


東海道HISAME〜陽炎〜

Last-modified: 2011-03-07 (月) 07:55:07

東海道HISAME〜陽炎〜 Edit

  • 原作・イラスト: 松永空也?
  • キャスト: 下野紘 (嵯峨野氷雨)/ 諏訪部順一 (孔雀院斎)/ 小野大輔 (響)/石田彰 (紫苑)/ 藤原啓治 (八雲)/ 吉田聖子? (幼少時代の氷雨)/ 安士百合野? (幼少時代の斎)/ ??? (ジャム)/第一夜: 大原桃子? (草太)/ 阿久津加菜? (少年)/ 藤田玲奈? (少年)/ 石上裕一? (妖狐)/第二夜: 谷育子? (茶屋のおばさん)/ 安士百合野? (千恵)/第三夜: 坂巻学? (妖怪大髑髏)
  • 発売日: 2008年10月25日    3,150 円
  • 収録時間: --分--秒    トークなし   特典: ポストカード
  • 初回特典:フリートークCD(下野、諏訪部、小野、藤原、石田)
  • 発売元: インターコミュニケーションズ INCD-2803 Dolceレーベル/ 一迅社ZERO-SUMコミックス刊(リブレ出版Zero comics)
  • 脚本: 中野睦 キャスティング: 石渡うた乃? 録音・編集スタジオ: スタジオインスパイア
  • 演出・録音・編集: 中野陽子 効果: サウンドボックス 録音・編集助手: 牛黒希美 音楽: 平野晶子
  • 3:効果: サウンドワークス 録音・編集: 都築寿文 録音・編集助手: 牛黒希美
  • 3:制作: SASAKI / 戸田きみ子 脚本:演出:キャスティング:録音・編集スタジオ:1に同じ
  • ブックレット: ミニ漫画
  • 関連: (非BL)
    • 東海道HISAME-陽炎- 千子村正編 / 2009年07月25日 / 3,150円 / INCD-2812 / 初回特典:フリートークCD /下野紘(嵯峨野氷雨)/諏訪部順一(孔雀院斎)/小野大輔(白銀響)/石田彰(六波羅紫苑)/藤原啓治(八雲)/吉野裕行(影虎)/淵上舞?(小百合)/三宅健太(運慶)/新垣樽助(嵯峨野竜一)/世戸さおり?(嵯峨野葵)/吉田聖子?(幼少時代の氷雨)/藤田麻美?(幼少時代の紫苑)/逢坂力?(和尚)/高橋英則(職人)/ ブックレット:描き下ろし4コマ漫画 / トークなし
    • 東海道HISAME-陽炎- 高野山激闘編 / 2010年04月25日 / 3,150円 / INCD-2821 / 初回特典:フリートークCD /下野紘(嵯峨野氷雨)/諏訪部順一(孔雀院斎)/小野大輔(白銀響)/石田彰(六波羅紫苑)/藤原啓治(八雲)/吉野裕行(影虎)/伊丸岡篤?(朱里丸)/渕上舞?(小百合)/三宅健太(運慶)/新垣樽助(嵯峨野竜一)/世戸さおり?(嵯峨野葵)/石上裕一?(大山)/菊本平?(小林道源)/安士百合野?(斎(幼少時代)/吉田聖子?(氷雨(赤ちゃん)/ ブックレット:描き下ろし漫画「八雲16歳 廖嵌雲16歳◆/ トークなし
  • 関連画像(Amazon.co.jp) (非BL)
    東海道HISAME~陽炎~ 東海道HISAME-陽炎-千子村正編 東海道HISAME-陽炎-高野山激闘編

感想 Edit

  • 1:妖怪退治をしながら東海道を旅する氷雨と斎。旅の途中に立ち寄った村が妖怪・妖狐の力によって危機的な状況だと聞いた氷雨は、妖狐が解き放たれたという祠に向かう。そんな氷雨の前に現れたのは…!? その他、久能山の妖怪騒動や八雲登場編もたっぷり収録!
  • 特典フリト司会諏訪部さん藤原さん小野さん下野さん、特設会場の石田さんで「そりゃまずい」「天然です」「BL要素が無い」「俺だって出来るょ」「詳しくはWEBで」「ぞわぞわする」「前世」「軽妙なトーク↓」約22分半。本編にフリトは有りません。
  • ジャムボイスが「?」になっているが、ジャム(紫苑の猫又黒)は「SE」が正解で、氷雨の猫又(白)が「?」キャストだと思う。で、結局?誰?
  • 2:千子村正編:妖怪退治をしながら東海道を旅する氷雨と斎の前に、謎の僧侶・八雲の部下、紫苑が現れる。捕らえられた氷雨を救出するため響を探すことになった斎。伝説の妖刀・千子村正を巡る争いがついに始まる!
  • 千子村正編特典フリト諏訪部さん下野さん小野さん石田さん、抜きの藤原さん、偽抜き吉野さんで「とーーーーー(長いっス!)」「ドッキリ」「我慢を覚えた31」「深いですね」「谷山クンっぽィ」「ガヤ」「結構です」「そんな多くは望まない」「チョーウケル」「なんつってな」23分半弱。本編にフリトは有りません。
  • 3:高野山激闘編:氷雨の父親がかつて所有していたという幻の妖刀、千子村正。この刀を所持していた氷雨の父・竜一の最期が、ついに語られる――・・・
  • お詫びと修正:ブックレットのキャストのお名前に、氷雨の赤ちゃん役をお願いしました吉田聖子さんが抜けてしまいました。(公式HP)
  • 特典フリト司会下野さん石田さん小野さん藤原さんで「タイトルが当日変わった」「クロスト−ク」「軽く若作り」「好々爺」「中二魂」「最高だったよ」「真実味」「三宅健太の喉が壊れるまで」15分強。
  • これはBLCDではありません -- 2008-09-10 (水) 20:58:44
  • BLCDじゃないけど内容がBLっぽかったですw -- 2008-11-24 (月) 21:25:09
  • ビブロス→リブレ→一迅社と流れ着いた原作既読組。二枚目半・斎とプリティ氷雨ボイス目当てにお勧め。絵無しで判り難い部分が一部と、説明台詞もチョット気になったが、「妖怪退治をしながら旅する幼馴染二人の、なんちゃって時代劇」を押さえておけばサクサクと話が流れるので原作未読でも大丈夫かと。親子熊のくだりは要点飛ばした為、意味不明で台無し。重ねての記載だけどボーイズラブでは有りません。特典はギクシャクさに凍りついた。深〜い意味でドキドキの有る、二アホモ界の超人69的作品(誉め言葉)。
  • 千子村正編、次回へ続きます。
  • 前作の続き。話が続く度に抹香臭く惰性で劣化。女性向けから少年バトル漫画風にシフトしているので、ニアホモは期待しないで。死ね、殺すの単語が多く非常に耳につく。既読組みだが陽炎2以後は内容も絵も(ry。1の様なテンポが無く、2・3続きで内輪のドタバタ。退魔せずに山頂の刀争奪祭、キャラの背景語に終始。音は嫌いじゃないが、続きが出ても買う衝動が起こら(ry。ゼロサム原作はウルブラやdi[○]ce、ハイガ○ラの様に脚本で少し手を入れてあげると聴きやすくなるのに、勿体無い。キャラだけは誰だっけと言う程増殖、フリトに諏訪部さんの名前が無いのはそういう内容と云う事で目当ての人はご注意を。2・3纏めても良い程中身も時間も薄いので、続けて聴く事お勧めする。原作片手に聞かないと迷子になるので聴く前には準備を。

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White