Top > 百日の薔薇
HTML convert time to 0.036 sec.


百日の薔薇

Last-modified: 2016-02-09 (火) 07:19:59

百日の薔薇 Edit

  • 原作・イラスト: 稲荷家房之介
  • キャスト: (クラウス・フォン・ヴォルフシュタット) 井上和彦×千葉進歩 (タキ・レイゼン)/ 秋元羊介 (スグリ)/ 広瀬正志? (ハセベ)/ 加藤亮夫? (ウエムラ)/ 宮澤正? (トリエダ)/ 重松朋? (ハルキ・ヤマモト)/ 武田華? (クロウディア)/ 中野さゆり? (幼少時のタキ)/ 山中真尋 (アズサ)/ 佐々木大輔? (ダテ)/ フルヤミツアキ? (モリヤ)/ 金田アキ? (少年)/ 蓮岳大? (店主)/ 川原慶久 (中隊長)/ 川野剛稔? (学生)/ 御園行洋 (士官)
  • 発売日: 2007年06月29日    3,150 円
  • 収録時間: 56分07秒    トークなし
  • 発売元: ムービック Dramatic CD Collection(AQUA COMICS) MACY-2141 /オークラ出版アクアコミックス
  • 脚本: 前川陽子 ドラマ制作: 神南スタジオ 音響効果: サウンドボックス
  • 演出: 平光琢也(R/E) / 松下一美(D/B) エンジニア: 山口貴之 マネージメント: 長嶋篤史
  • 作曲: 隆勇人 マネージメント: 山中紀昌 音楽制作: タルバーラレコーディングス
  • ブックレット: 書き下ろしショートコミック「刻印」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    Dramatic CD Collection 百日の薔薇 
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 我が騎士。お前の命運を支配するのは、私だ。..敵国の軍人同士でありながら主従の契りで結ばれているふたり。一国の命運を担う気高く美しい指揮官、タキ・レイゼン。彼に忠誠を誓う騎士であり気性の荒さから『狂犬』と呼ばれるクラウス。だが、ふたりを見る周囲の目はさまざまな危惧や、心配から冷ややかだった。純粋に想いあいながらも戦況の激しさに伴い過酷になる恋の行方は―――!?大尉・クラウス×師団長・タキの息詰まる大河ロマン
  • フリト有りません。ラストに1分半位音楽入りです。
  • 原作では分かりにくかったクラウスの部分や、他キャラクター、そして物語の進展が非常に明確に伝わる。また激戦の最前線という緊迫した背景を、効果音が盛り上げ、音楽も控えめ。タキを幼い頃から見守る侍医役の秋元洋介氏、侍従長役の広瀬正志氏など大ベテランの支えもさすが。いつもより低音でやさぐれた井上×独特の硬質な清潔感有るストイック千葉
  • 原作に忠実。クラウスと姉との遣り取りを削ってでも、最初の出会いのシーンと、事後主治医の所で経緯を知り愕然とするシーンに間尺を割いて欲しかった。折角のキャスト陣なのに尺が短い事とフリトが無いのが残念。事前に原作を読んでおく事をお勧めする。
  • 流れる雰囲気は好き。ストイックな千葉の演技もツボ。ただ原作未読なため時系列などわかりにくい点が多かった。 -- 2007-11-14 (水) 18:22:53
  • 脚本GJ。原作信者でも分かりにくかった部分をうまくまとめている。 -- 2008-03-03 (月) 20:01:24
  • 原作未読。BLCDって好きな声優目当てできいてるだけで、大抵聞いてて恥ずかしくなるんですが、この作品はちゃんと物語としてBLを聴かせてくれました。古今東西、軍隊内BL横行は不自然じゃないってのもあるけど、そこにきて野獣井上さんこわいくらい演技はまってたのが大きいです。千葉さんも気高い紅一点な感じ良かった。しかし60分足らずのCDで終わらすのはもったいない。 -- 2009-01-12 (月) 04:04:46
  • 原作を読んでから聞くことお薦め。原作では少しわかりにくかったところがCDを聴くことによってかなり把握できた。話の進行、音楽ともに文句なし。聞き終わった時点で、映画を観ていたような気分だった。 -- 2009-06-18 (木) 09:07:37
  • 原作既読。タキ(千葉さん)は師団長としての立場からほとんど本音を言葉にしない分、原作では表情など視覚的に表現されているものを音だけでここまで完成させたのは本当に凄いと思います。声優さん達全員の熱演が素晴らしく、女性キャスト含め邪魔に感じる人が一人も居ないし脇役の方々も本当に話を盛り上げています。迫力ある戦闘や美しい回想シーンが満載でBGMもとても合っていて、上の方も書かれていますが映画の様な雰囲気でした。シャワールームから始まるベッドシーンは圧巻で、タキの台詞「許せ…」は彼の本音が凝縮している様で本当に切ないです。原作より背景や時系列が分かりやすく上手くまとまっていて良質な作品だと思います。収録時間が短いのが残念でした。是非続編が聴きたいです。 -- 2009-11-02 (月) 11:35:09
  • 個人的に、ここ数年のBLCDの中で一番素晴らしい作品であったと思う。キャスト、BGM、脚本等、全てにおいて申し分ない。昨今は声優人気だけで作ったと思われる駄作が多いが、この作品は非常に(良い意味で)硬派なつくりで買って損をした気分にはならない。原作から抜け出してきたかのような井上さんのクラウス役はもはや神!!野生的でありながら包容力さえ感じさせる大人の魅力にやられました。千葉さんのこういう役は鉄板ですし、絡みの美しさたるや垂涎ものです。濡れ場のみならず二人の息が詰まるような会話のすべてが秀逸です。56分しかないのに最後に1分程度のBGMが続くのも、他の作品ならありえないと思ったかもしれないが、百日の薔薇に関してはいい感じに余韻が残る適切な演出だったと思う。OVAも出たことですし、そろそろ続編を作ってはくれないのだろうか。。。 -- 2009-11-25 (水) 20:51:51
  • 原作片手に聴くといい感じです。原作とCDとで、それぞれを補い合っているので。千葉受け作品はよく聴いていますが、今回もいい千葉受けだった。彼のファンになったことを自覚した作品でした。タキの意志の強さと儚さ、クラウスの逞しさと力強さがよく表れていた。物語の主軸に戦争が絡むのだが、作者の世界観をうまく受け取り、濃縮している。自分も該当するが、ファンタジーが苦手気味でもこれはいける、という人がいるはず。もっと聴かれるべき作品だと思います。続編希望。 -- 2009-12-07 (月) 13:03:32
  • とても面白かったです。丁寧に作られていて1時間未満の作品とは思えない濃さ。ぎゅぎゅーっと濃縮されてる感じで大満足です。個人的ベスト千葉さん作品。 -- 2010-01-13 (水) 18:18:59
  • 主題曲も良い!こういうレベルの高い作品は作るの難しいでしょうけど早く続編を! -- 2010-01-26 (火) 14:09:38
  • アドバイスに従ってCDと原作を購入。気高さと激しさが交錯する美しい世界に魅了されました。久しぶりにトコトン付き合いたいと思った作品です。続編出ないかなぁ。 -- 2010-04-05 (月) 10:29:27
  • 原作未読です。のせいか、オチがわかりにくかった。なんか終わってない気がしてたまらなかった。キャストはかなり好きで、是非第二弾も聞かせてほしいです。 -- 2010-12-17 (金) 19:50:16
  • 無駄の無い出来栄え。原作では、表情や風景から察するしか出来ない、二人の心情や戦況が、音声に差し替えることで、より分かり易くなっている。声優陣がとにかく皆熱演で、原作ファンを裏切らない作り。第二弾を切望。 -- 2011-01-28 (金) 11:54:32
  • 原作未読。CDの出来としては申し分ないと思います。短いのに濃く、それでいてバタバタした感じもなくて、キャストも凄く好きです。最後のBGMもいいし、トークがないのも作品の余韻に浸れていいです。続編が出ればいいなぁと思います。 -- 2011-01-30 (日) 16:42:28
  • 原作未読ですが、タキ(千葉さん)のお美しいこと!クラウス(井上さん)の獣っぷりも凄くハマってて良かったです。千葉さん今までで一番かもしれません。丁寧な作りで情景が浮かんでくる一枚でした。 -- 2011-02-06 (日) 03:57:24
  • いろいろな点でクオリティの高い作品だと思いました。物語世界に気持ちよく入っていけます。気高い清潔感のある千葉さんがすてき。井上さんとしてはなかなか珍しい役どころじゃないかと思いますが、さすがのリアリティ! 原作未読だったので、最後のシーンが何をしているのかよくわからなくて、原作を買ってしまいました。原作も素晴らしかったです。ここで終わったら暗すぎるので、ぜひ続編を作ってください。脇の、 秋元羊介さん、宮澤正さんもすっごくいい味を出していらっしゃいました。 -- 2011-02-11 (金) 18:20:00
  • 原作未読。中だるみもなく、頭から終わりまで集中して聴くことができる、緊張感に包まれた良作だと思う。タキの国の設定が余りにも日本過ぎるかとも思ったが、原作未読の者でも話にすんなり入っていけたのはなじみのある設定ゆえだしまぁいいか。落ち着いた聴きやすいモノローグ以外は野性味あふれる井上さんと、抑えた演技がストイックなんだけどそれが色っぽい千葉さん、とてもいいコンビ。続きがあるなら聴きたい作品。 -- 2011-02-25 (金) 02:51:56
  • 原作の濃密さをあまさず音声化した名品。千葉さんの心奥に激情を秘めた美人声は鉄板。井上さんの大人な‘狂犬’ぶりも文句無し。主役カプを鉄壁でサポートする秋元さんや広瀬さんら側近のおじさまたちの重厚で達者な演技が素晴らしい。つーかオヤジスキーwな稲荷家さんなので、ここはかなり重要なポイントかと。原作も続いていることだし、ドラマCDもそろそろ続編希望です。  -- 2011-05-21 (土) 11:12:55
  • 原作未読。一度目は国名・状況把握に手間取り置いて行かれました。が、それでも楽しめるレベルの高さです、声が。気品のある千葉さんの声、粗野ながら風格と品格漂う井上さんの声、脇もしっかり演技できる人に固められていて、リピートに耐えうる出来だと思います。続編を切に願います!!! -- 2011-09-27 (火) 15:28:10
  • 素晴らしいクオリティ!たった一つ気になったのは、最後のBGM。最後の重厚なシーンからすると少し軽いような、雰囲気が違うように感じました。OVAのエンディング曲が素晴らしかったので。でもそれぐらいで後のBGM・演出・脚本共素晴らしく、全く世界観を崩しません。主役お二人は当然の事ながら、脇のベテラン人の素っ晴らしい演技によってさらに重厚感が増しています。甘々な雰囲気は全く無いので、それでも大丈夫、ストーリーに抵抗も無ければぜひ聞いて欲しい作品です。そろそろ続編出してほしいなぁ。 -- 2012-05-04 (金) 12:27:02
  • 原作未読。井上さん目当。聴後、一番に感じたのは、身も蓋も無いことを言いますが、タキの容姿がこんなにも女性的なのに、男性に設定する意味があったのか?もう、女性でいいのでは?BL必要無いのでは?ということです。「戦争」という舞台設定の中、BLファンタジーに浸れない自分が残念です。(BLを嫌悪してるわけではありません。)井上さんの狂犬もすごく迫力があって格好良かったのに、自分でも不思議な程、消化不良でした。 -- 2012-08-11 (土) 12:07:49
  • これは・・すごいですね。ストーリ的にはまだ話が収まっていないような気もしますが、声優の皆さん素晴らしい演技力で、集中して聞くことが出来ました。最初は背景設定がちょっと難しくて何度も再生を止め辞書を引いたりしましたが、大体の背景が頭に入るとそれからはすんなりです。OVAから観ましたのでシーンが想像しやすかったです。両方とも上出来ですね。壮大な主題歌(?)も作品にぴったりでとても良かった。千葉さんのタキ、好きになれずにはいられないほど美しく強い且つ可憐な人。千葉さんでないタキは考えられません。井上さんのクラウスも同じく、井上さんでないクラウスは想像もつかない。渋いお芝居を聞かせてくださった声優様方、可愛い子供を演じてくださった声優様方、素敵な作品をありがとうございます。 -- 2014-08-27 (水) 02:42:12
  • 音楽いいなぁ!癖になる。最初は音楽入ってるよ!と驚いたけど、この話にはこの壮大な音楽が合ってる。最後が軽いけどこれは時間的にしょうがない。内容も面白かった。濃縮果汁みたいな話。短いのに濃い。続編欲しいなぁ -- 2015-02-27 (金) 00:14:21

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit