Top > 未完成
HTML convert time to 0.522 sec.


未完成

Last-modified: 2017-03-13 (月) 21:33:31

未完成 Edit

  • 原作: 凪良ゆう    イラスト: 楠本弘樹?
  • キャスト: (瀬名櫂人) 前野智昭×遊佐浩二 (阿南珪)/ 楠大典 (大河内一博)/ 岡崎雅紘? (父親)/ 植竹香菜? (母親)/ 逢坂力? (イトチュー)/ 藤葉愛香? (マイ)
  • 発売日: 2010年05月26日    3,000 円
  • 収録時間: 77分31秒    トークあり
  • 通販特典: キャストトークCD (前野、遊佐、楠) 約14分
  • 発売元: フィフスアベニュー FACA-0068 / 白泉社「花丸文庫BLACK」刊
  • 脚本: 入江郁美 音響制作: スタジオマウス 音響制作担当: 大坪絢
  • 音響監督: 本山哲  音響効果: 小山恭正 録音調整: 清本百合子
  • ブックレット: 書き下ろし小説「Young Swallow」4ページ
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    未完成 
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 夏休み最後の金曜、高2の瀬名櫂人は、クラブで英語教師の阿南珪が男とキスするのを目撃してしまう。面白半分にゲイとばらすと脅したが、阿南は余裕でかわす。「いい子だから、大人の愉しみを邪魔すんじゃねえよ」意地が悪いけれど色香が溢れる微笑に、瀬名は魂を射抜かれてしまう。以来、瀬名は阿南に付きまとい、どうにかセフレに持ち込むが、教師と生徒、男同士、10歳の年齢差を考えると実る恋ではなく……!?未完成なまま恋に溺れる子どもと、子ども以上に未完成な大人が綴るラブストーリー!!
  • フリト前野さん遊佐さん楠さんで「授業が無くて」「パンチが早かった」約1分半。特典フリト司会遊佐さん前野さん楠さんで「見合わせて」「若人」「ゴール家」「大典さんのとっておきプラン」13分半弱。
  • 原作未読。攻め視点で話が進みます。未読だからわからないが原作に問題あるのか、脚本がイケてないのか、主人公の攻めが常に感情的・年下のせいか我侭で、声を荒げて我に返って反省というループを物語で繰り返していて聴いていてとても疲れる。受けがこんな男を好きになった理由も全然わからない。一応、攻めは女に不自由した事がない設定だけど、性格が子供すぎて喚くのが多くてついていけない。聴いていてイライラする人もいるのでは。前野さんの声は高め〜中音。遊佐さんは安定しているお芝居でした。青少年〜法のせいか、高校生時のHが全部押し倒し、朝チュン。エロ目当ての人注意。 -- 2010-05-26 (水) 12:46:22
  • 原作既読。原作より瀬名のモノローグが少ないので感情が掴みにくいかも。ただ、原作でこれはちょっと…という部分も省かれていて脚本の流れ自体は良かったと思います。 -- 2010-05-27 (木) 00:06:29
  • 原作未読。とても良かったです。二人の心の動きも不自然さもなく、なんといっても遊佐さんと前野さんが素晴らしかったです。遊佐さん演じる阿南が感情を吐露するところや、前野さん演じる瀬名の若さゆえの暴走など、とても楽しめました。大典さんもとてもいい味を出していると思います。私としては、期待以上の作品でした。あとフリートークが楽しいです(笑) -- 2010-05-27 (木) 13:52:05
  • エッチなシーンがほとんど省かれていて残念なCD。じゃ、こんだけお預け喰らわせたんだから最後は濃厚だよね、もちろん!と思いきや、これがアッサリで自分ポカーンと放心状態。せっかく遊佐さんいるのに軽めのエロスなんて勿体ない。主役二人の演技は申し分ないだけに本当に勿体ない。攻めの性格もあまりに子供杉で鬱陶しい。この年齢でこんなに空気読めない自己中少年って主役に持ってくるには酷。しかもやってることループしまくりなので上の人同様聞いてて疲れた。 -- 2010-05-27 (木) 14:42:55
  • 感想で既出の通り、攻めの子供っぽさに終始イライラさせられた。これは前野さんの演技云々の問題ではなく原作の問題なので申し訳ないがリピはしにくい。逆に受けは攻めに流されてしまいながらも最後は大人の矜持を見せてくれた。引越し当日の二人の会話、演技がとても素晴らしくてとくに遊佐さんの台詞にはぐっときました。受け視点の後日談でも少し入ってればもう少し良かったかも。 -- 2010-05-31 (月) 05:32:28
  • 原作未読。確かに攻めの子どもさ加減にはイライラします。受けのモノローグも殆どないため、感情の動きとか掴みにくかったかな。でも、他の方の感想にもありましたが、引越し当日の遊佐さんの演技は本当に素晴らしくて、涙が零れるほどでした!!あとやっぱり、せっかくの遊佐さんなんだからもぅちょっと濃厚なHシーンにして欲しかったです。 -- 2010-06-03 (木) 20:20:07
  • 原作未読。若さゆえの青さが聴いてて恥ずかしくてほろ苦くて懐かしい〜(笑) 周りが見えなくなっている主人公の若さが本当に良く出ていて、対する教師で大人であるゆえの阿南の言動が更に引き立ち、動と静の対比が面白い。中盤の阿南の本音が見える部分は、やっぱり遊佐さんはいい役者さんだと再認識させられる。大典さんも意地悪じゃない、さわやかな理解者がよく似合っていた。終盤は互いの社会的立場が対等になったことで、ラストに向けて穏やかな運び。Hシーンが余りないので、遊佐さんのハスキーな受声が少ないのは残念だけど、主人公の成長や心の動向がメインに進む物語なので、私的にはこの量でOKだと思います。 フリトはすごく楽しそう。若いと言い張る遊佐さんがオヤジギャグ言ってます(笑) -- 2010-06-05 (土) 11:09:17
  • 攻の性格があまりに子供で身勝手過ぎてイライラしました。やたら不幸ぶってやさぐれて毒づいてるけど、別に両親ともそこまで酷い親だとは思わないし・・・小学生やせいぜい中学生ならありですが高2にもなって何やってんだか、ホントお子ちゃま。学生同士ならまだしもこれのどこに大人の受が惚れたのかがさっぱり分からない。演技的には良かったです、特に遊佐さんの感情爆発シーンは流石。文句ばかり書いてますがよくまとまってましたし、作品としてはいい出来だと思います。ただ私には攻の性格が駄目でした。 -- 2010-06-05 (土) 14:11:44
  • CD自体が未完成。 -- 2010-06-06 (日) 04:14:09
  • 原作未読。他の方々が言っているほど攻めにイラついたりはしませんでした。高校生の子供っぽいワガママさと不安定さが出てて良かったなぁと思います。まあ、その不安定な子供をなぜ好きになったか?というのは謎ですが、BLだしね。先生の冷たそうでいて優しい雰囲気が遊佐さんの声にぴったりで素敵でした。後半にかけてぐわっと盛り上がるクライマックスでは涙涙です。…が、だからこそ絡みカットが勿体無い!なぜ!なぜそこでカットするんだ!そこの絡みが聴きたかった。CD自体はすごく良かったので残念です。 -- 2010-06-08 (火) 14:47:32
  • 両親の不和が直情言動の要素として大きいので仕方ないけど、両親・特に母親が鬱陶しい。エピソードが伏線のように見えるのに何事も無く中途半端な積み重ねでシーンだけが進む。原作は相当長く、そのさわりだけを組み合わせたのか?という印象。何か凄く勿体無い気分にさせられた。シーンシーンには深い含みが感じられるし情の揺れも聞き応えはある。語られるセリフや人物関係を納得できる展開で聞きたかった。 -- 2010-06-09 (水) 10:13:22
  • 「泣ける」と聞いていたため期待していたのですが・・・。攻めにどうしても感情移入できなくて。ついでに攻めが好きになれなかったので、受けの気持ちにも同調できませんでした。何故好きになったのか訳分からん。5年後の話はよかったです♪ -- 2010-06-09 (水) 19:59:32
  • 原作未読ですが、最近のBL作品を聞いて感じる事は、「作品の内容がリアルに近づいた内容のものが多い」気がします。誰もが夢見る絵に描いたようなストーリーもたまには良いですが、どうしようもないリアルの中で進む今回のような作品は「考えさせてくれる」余地を残している分、素直に「大人に少しなれたね^^」と見守ってあげたくなります。絡みシーンについては、下世話な話ですが、前半何度かあったもののボカシ気味でしたが、それはそれで「若さ」のなせる業の回数の多さ?をある意味出していたのかな?とも思いました。キャストですが、遊佐さんの力量の深さを改めて感じさせてくれるのではないか?と思います。聞き手に考えさせる余地を残した良い作品です。 -- 2010-06-11 (金) 19:23:14
  • うーん、残念です。以前と今の対比を思わせる演出が乏しいせいで、この手の話で重要な二人の成長という項目のパンチ力が欠けてます。このメーカーは軽めのコミック原作担当だと思っていたので正直この結果は想定内でしたがそれでも裏切って欲しかった…。演者の本気モードを引き出すのは演出の仕事だともっと心得て欲しい。 -- 2010-06-12 (土) 09:08:55
  • 両親の不和でキレそうになった主人公を、『つねって』怒りを収めるというやり方に聞いててびっくり。世のキレる若者にも通用するだろうか。そんなことを考えながら聞いていました。主人公の大人と子供の中間のような性格を前野さんが頑張って演じていて、遊佐さんは相変わらず演技に深みがあって聞いてて安心します。でもやっぱり濃厚なHシーンが欲しかったな。もし続編ができるのであれば入れて欲しいです。 -- 2010-06-17 (木) 15:02:06
  • ここの感想を読んで聴くのが不安だったのですが、すごく面白かったです!先生と生徒の切ない恋愛…攻めの感情の高ぶりもひとつひとつが意味あるものに感じられてイライラどころかすごく切なくなりました。攻めが感情的になる度にこっちも切なくて「先生が好き!」っていうのが伝わって来てたまらなくなりました。私はむしろ濃厚なシーンはなくて良かったかな、と思います。むしろ再開後にいきなり濡れ場なのが少し残念だったかと…。切ないもどかしい恋愛モノが大好きな私にとっては大ヒットでした!最後号泣してしまいました!フリトも面白かったです-- 2010-06-18 (金) 11:47:59
  • とてもいい作品だと思います。すごくリアルだと思いますよ。高校生の時期って微妙な年齢ですよね。まだ子供の部分もあり、どこかで大人にならなきゃいけないと言う部分もあり、親の離婚で、やさぐれるのも解りますし、本気で好きになった人への暴走も、リアルでした。↑の方もおっしゃってますが、本当に切なくて、私も号泣してしまいましたよ。トンチキBLも楽しくて好きなんですが、こういったリアルに近いBLも大好きです。 -- 2010-06-24 (木) 11:39:57
  • 原作読んでもそうだったんですが攻に全く感情移入も同調も出来ず、受教師が落ちたのが不思議。当て馬の友人の方がずっとお似合いなのにと思ってしまった。思春期の繊細さとは感じられず、ただもう身勝手な高校生っぷりにイラッ。肌に合いませんでした。 -- 2010-06-25 (金) 01:45:30
  • 皆さんと同じ攻めに感情移入できず、終始イライラさせられた作品。BGMも珍しく耳についてイライラを倍増させた。ただ絡みのシーンはあえてこのくらいだったから聞けたと思う。 -- 2010-06-29 (火) 18:12:24
  • レビューを読むと評価が激しく分かれているようなので躊躇していたのですが、かなり好きな作品です。年齢的なもののせいか瀬名に感情移入はできませんが、瀬名を受け入れた阿南の気持ちはよく分かる。ともすると傲慢で嫌な奴にしか見えない瀬名を前野さんが痛々しいくらいに繊細な等身大の高校生として演じていらっしゃったのが素晴らしい。遊佐さんの演技については言うに及ばず。確かに泣ける。でも、最後の濡れ場は必要なかったんじゃないかと思う。フェイドアウトで十分。なんか最後のあれでしらけた。エロい作品は大好物だが、エロだけが全てじゃないと思うので、こういった心の機微を描いた作品ではおまけのようにして付け加えた濡れ場は逆に興ざめ。そこだけが残念。 -- 2010-07-13 (火) 14:39:18
  • 少し上の方の感想にある瀬名の暴走を阿南が止めるシーン、「腕を掴む」なんですがSEが悪いですね。確かにあれでは「つねった」ように聞こえる。脚本も演出も、もう少しどうにか出来たような気がしますが…。キャスト陣の演技は脇役・モブも含め、悪くなかっただけに残念です。 -- 2010-09-08 (水) 15:10:08
  • 原作未読。こちらの感想を見て特に期待せずに聞きましたが、いい意味で裏切られました。シビアでモラルの感じられる視点で書かれたストーリーは、BLファンタジーに食傷気味の私にはヒットしました。遊佐さんも大人の色気がだだ漏れで素敵でした。 -- 2010-11-05 (金) 22:06:58
  • レビューの意見が真っ二つだったので不安でしたが、私には良作でした。簡単にくっついてハイ終わり!な学園BLが非常に苦手なので、世間体やモラルを抱えた大人と、無力な未成年ゆえにもがくしかない生徒の、切なくてもどかしくてどうにもならない恋愛が、すごくリアルでよかったです。遊佐さん演じる阿南の感情をむき出しにするシーンは、圧巻。さすが、としか言いようがないです。教師としての立場で、恋愛感情を吐露できず、でも拒むことも出来ず、瀬名に好きと言わず瀬名との恋愛を受け入れないことだけが大人としての最後のモラル、そんな葛藤を完璧に演じていて、鳥肌が立ちました。 -- 2011-03-30 (水) 00:09:18
  • 私はどうやら遊佐さんの思い詰めた感情を吐き出す演技に弱いようです・・・。突っ走る高校生と、世間とのしがらみが多い社会人との心の葛藤が描かれていてよかったと思います。絡みのシーンもあれでちょうど良いと感じました。(私は基本的にエロ大好きです)ただ、少しBGMの音量が大きかった気がしました。 -- 2011-04-27 (水) 17:58:17
  • 高校生らしさを意識?してか終始怒鳴り口調のせいで騒々しくて聞きづらい。もっと静かな口調だったら音として聞きやすくなっていたと思うので残念。強引さについつい引き摺られほだされるというパターンモノでは私的に良作。設定上夫婦喧嘩のシーンや母親のヒステリック喚きもあるので、不快な口調声音が作品の印象に損させているのかもしれない。 -- 2011-04-30 (土) 15:07:20
  • 賛否両論なので覚悟して聞いたら意外に面白かった。年下一途攻めなら羽多野さんぽいが前野さんが好演。エチへの賛否が多いようですが一番の見せ場は引っ越し当日の二人の感情の吐露のように思う。最後にしっかりとしたラブラブなものがあるのできれいにまとめた印象。これから二人ははじまっていくんだな〜という余韻が感じられる締めかたになっていて、いうほどがっかりな作品ではないと思う。 -- 2011-07-19 (火) 21:12:27
  • リアルファンタジー系BLと言えばいいのかな。リアルさとBLファンタジーが混在していて、聴き手が攻めの精神的「未完成」さをどうとるかで評価が180度変わる作品だと思います。自分としては、狭く小さな世界を生きる高校生の青臭さ・未熟さ、対してモラルやしがらみを知る大人の苦悩がよく伝わり、良作でした。 -- 2011-07-19 (火) 22:55:04
  • 話の筋すらないような安易な作品が多い中、エロだけじゃない葛藤のあるこういう作品は良いと思います。しかし攻めの瀬名の「アホさ加減」に終始イライラしました。このオチも事を簡単に片付けすぎで好きではないです。前野さんの演技はアツい高校生に似つかわしいし、大人の余裕な役の遊佐さんも大好きなのに。周囲の皆さんの演技もすごくいいのに。リピしようかどうしようか悩む作品です…。 -- 2011-08-19 (金) 22:55:14
  • 原作未読。遊佐さんのみ最高。あとは出演している男全員にイライラ。女に同情するよ。好きでもないのにつき合わされ、あげく男にとられる女。外で子供を作らされた女。夫の不倫相手が男だという女。み〜んな女可哀相。ヒスになる妻とか仕方ない気がする。だって圧倒的に男が悪い。BL全体言えるけど、作者も女なのに女をうっとうしく書きすぎ。人の気持ちが本当にわかるのか?と思う。だから、BLってファンタジーで終わるんだよねww -- 2011-10-09 (日) 11:57:07
  • BGMがめっちゃせつねえ!! そしてエンろいわマジで -- 2011-10-16 (日) 19:44:14
  • 遊佐さんてほんとすごい役者さんですね。阿南の気持ちが声に込められててしっかりと伝わってきます。原作は読んでないのですが、表情やその場の情景が目に浮かぶようでした。とくに、引っ越す前の感情を爆発させるシーンは圧巻。前野さんも若くて周りが見えない高校生をがんばって演じてたと思います。個人的には、5年後に再会したあとの絡みは必要なかったかな。阿南のモノローグとかで締めてあったほうがじんわりといい感じに終われたかもという気がします。 -- 2011-11-11 (金) 01:55:29
  • 前野さんの演技が役にハマっていないというか、スキルに欠けているんだと思う、悪くないストーリーのハズなのに面白みを感じなかった。脇役の方がずっとうまかった気がする。遊佐さんだけ光っててもな。 -- 2011-11-15 (火) 06:14:28
  • イライラさせられる、ということ自体がまさしく等身大の高校生だとリアルスイッチを入れて聞きました。先生が瀬名を好きになった気持ちも分かるし、台詞のすべてが違和感なく聞けた。それにしてもホント遊佐さんはすごいなぁ…。 -- 2012-02-10 (金) 14:47:57
  • 遊佐さん流石の一言でした。声も演技も素敵です。一途で激情な子供の攻めと、ソレにほだされる大人の受け。ハッピーエンドは良いのですが、いきなりの5年後には拍子抜けしました。一旦の別れのシーンを、もうちょっと丁寧に余韻が持てるくらいに延ばして欲しかったかも。あっさりに感じてしまった。 -- 2012-08-04 (土) 17:53:59
  • 大人と子供の恋愛。教師と高校生の恋愛。熱に浮かれた高校生と、大人として流されるわけにはいかない受け。BLファンタジーには高校生でも十分大人なキャラクターもいるけど、ガキはこのくらいでいいんじゃないかな。こんなガキがいてもありだ。これだけ攻めに人気無いのは逆にガキを演じた前野さんが上手いのではないかと思った。 -- 2012-09-10 (月) 15:43:05
  • ここの評価を読んで聴くのを躊躇していましたが、設定が好みだったので聴いてみました。結果、大正解。最初はちょっと悪ぶっていたけど、だんだんと恋愛に対して一生懸命になっていく攻めに胸がきゅんとしました。ほんと、等身大の高校生という感じ。子供と大人のそれぞれの葛藤、立場の違いからくる温度差、一生懸命な攻めと、大人の包容力で攻めの激情をたしなめる受け、といった点に萌える方にはたまらないと思います。攻め、受けがそれぞれ感情を吐露するシーンは思わず泣けてきました。設定が好みなら、ぜひ自分の耳(感性)で評価していただきたい作品です。 -- 2012-10-07 (日) 10:38:50
  • 前野さん苦手ですが、この作品のダメ高校生はハマってて可愛かったです。遊佐さんは素晴らしいの一言。好き嫌いは分かれるのかなと思いますが、遊佐ファンは必聴と思われます。 -- 2012-12-11 (火) 10:06:31
  • 凄く面白かったです。攻めは、親のせいで拗ねた子供だったけど、好きな先生に一途で可愛い。攻めにも受けにも感情移入してしまって涙出そうになった。 -- 2012-12-20 (木) 08:58:41
  • 私のなかでは「恋 ひめやも」とかぶるが、こちらのほうが好み。阿南の男っぽい言葉選びと遊佐さんの色気ある演技がアンバランスで、それがまた良いひっかかりになっていると思う。瀬名の背伸びした高校生の雰囲気、前野さんでいい感じに出ている。 -- 2012-12-22 (土) 14:52:47
  • CD自体が未完成に同意。 -- 2013-04-07 (日) 18:37:40
  • 遊佐さん目当てで聴いたけれど、前野さんも不安定に揺れ動く等身大の高校生を見事に演じておられて引き込まれた。逆にそのリアルさが、BLにファンタジーを求める人には向かないのだと思う。遊佐さんの素晴しさについては言うまでもない。5年後の再会シーンのカラミがなかったら、もっと良作になっていたハズ。お約束みたいにカラミを入れなくてもよかったのに。 個人的には、セクシュアリティや年齢や立場の差を軽々あっけなく乗り越えてくっつくBLモノよりずっと完成度が高いと思う。-- 2013-04-25 (木) 08:31:10
  • 初Hのシーンがアッサリ流されていたのが残念だった。原作では未熟で必死にがっつく高校生と流されながらも主導権は握ってる大人の絡みがとても印象的で、CDにも期待していたので初聴時は唖然とした。繊細さとエロさの絶妙なバランスで良作となっていた原作からエロさを除いて普通のCDに仕上げたなあという印象。そのせいでほんの少し残した絡みが未読者には取ってつけたようなお約束のHシーンにしか聴こえなくなりマイナスにさえなってる作りはやはり残念だと思う。 -- 2013-04-25 (木) 13:56:28
  • これほど評判が二分している作品は珍しいが、要は原作がそれだけ素晴らしいということなのか…。自分は未読でも(未読だから?)十分に楽しめた。何度聞いても心が動く。別れぎわ、阿南が怒鳴るシーンがあって、上でも書かれているが、ほんとうにそこは圧巻。前野さん、遊佐さん、二人とも見事な演技だったし、絶妙なキャスティングだったのではないか。大好きなCDです。 -- 2013-04-26 (金) 00:31:42
  • 上記の方にほぼ同意で、これほど評価が分かれる作品だとは思ってませんでした。突っ走って未熟な高校生がウザくて仕方ないって意見も多いみたいですが、私はそれがリアルに感じられました。そしてそれを受け止めたいけど受け止めてはいけない、相手の為に自分の気持ちを押し殺さなくてはいけない立場で葛藤する苦しみを遊佐さんの演技で素晴らしく出来上がっていたと思います。コメディな遊佐さんも好きですがこういうシリアス作品で苦悩する役どころの遊佐さんも大好きです。再会してからの絡みで初めて阿南が「好きだ」と言うあの声と演技は本当に遊佐さんでよかったと思いました。ぜひ色んな人に聴いていただいてどんな評価になるのか個人的に気になります。 -- 2013-04-26 (金) 13:10:59
  • 原作未読。先生に感情移入して、前野さん演じる瀬名が、とても可愛いと感じました。思ったことポンポン言うけど、素直だし、いい子だ(彼女には、・・・でしたが)。瀬名が泣いてしまった時、私も涙が出てしまった。遊佐さんも、前野さんも素晴らしかったです。瀬名が高校生の時に、言っていた「先生、好きだよ」の声が、めちゃめちゃ良かった。 -- 2013-04-26 (金) 17:44:03
  • 原作未読。聴き手の年齢がある程度いってると、相手の将来を思って未成年との恋愛に躊躇う阿南の気持ちに自然と感情移入できるとおもう。大河内を連れてきたところ、阿南の思いが切な過ぎて泣けた。いま瀬名がダメって思った方、何年か経って聴くとまた変わるかもしれない。 -- 2013-08-26 (月) 02:01:19
  • 攻めの子供っぽさより、大河内の方が嫌いだった 友情の延長線上のつまんない遊びで奥さんと子ども裏切ってる癖に何偉そうなこと語ってるんだろう…って思ってしまった自分はまだ子供なのかも。 ただ大河内以外は久しぶりに集中して聴けるいい作品だったなと思った 他の方もおっしゃってますが、引っ越し前日の阿南が吐き出した心情のシーンはとてもジーンときました 攻めを思うが故、自分が大人だからこそのあの切ない決断。もともとファンだったがさらに遊佐さんのファンになってしまった 絡みを匂わすシーンは多いがちゃんとした絡みは最後に一回。 「先生の良いところは全部覚えてる」って台詞に萌えた 二人の此れからがすごく気になる -- 2013-12-10 (火) 23:36:19
  • 原作が大好きで何度も読み、加筆新装版も読み込んでいる自分としては↑の方の「CD自体が未完成」に同意。最初にボタンを掛け違えてそのまま進行し終了して不満が残る。なんでこう駆け足で単調なの・・。ラストのBGMも原作の雰囲気を全く表現できてない・・。原作未読の人がサラリと聞く分にはいいのかも。 -- 2014-06-21 (土) 14:05:15
  • 攻めの青臭さにイラっとする。前野さんが悪いわけじゃない。遊佐さんが耐えて耐えて耐えきれず感情を吐露するシーンはどの作品でも好き。遊佐さんが真面目な声のトーンで『かわいいと思う』と言ったときはドキドキしました……。フリトが賑やかで聴いてて楽しかったです。 -- 2014-06-26 (木) 01:06:46
  • イライラに同意。が、高校生だからこそ、という理由もわかる。ということは、役者やキャラクターが悪いのではなく、作家の力量に問題があるんでは、と思った。高校生がイライラする理由の描き方が、疑問だったり納得いかなかったり、逆に気にならなかったり、てのが評価が分かれた理由ではないかと。ちなみに自分は前者。家庭のゴタゴタはいいけど、口喧嘩の内容、子が何にイラついてるのかの描き方が、受け入れられず。演技はいいけど、やはり聴いててきつかった。 -- 2014-07-20 (日) 21:23:26
  • 原作未読。何もかも頭より先に口に出してから「あ、ごめん・・ごめん・・!」と謝ってしまう瀬名がどうしようもなく可愛かった。高校生ってそんなもんでしょうね。私も歳が歳なんで阿南先生の気持ちで感想w 瀬名は元々真面目ではない生徒だったし色々不安定なたかが17歳なガキなのに、家庭問題まであって不倫だ離婚だでどれだけ苦しかったか想像もつかない。誰でもいいから頼りたくなる気持ちよく分かる。そのとき阿南先生に出会って、八つ当たりがてら彼に頼ってたらだんだん好きになって、まだまだ子供だから適当に甘やかされたらもっともっと縋るようになって。あまりにもリアルな17歳の男子高校生ではないですか。彼女に「私のこと好き?」と聞かれた時は、なんであんなに確かめたがるんだろうってうざがってた彼が、先生には「俺のこと好き?一回でいいから好きって言ってよ」ってねだるくだりは可愛くて切なくて。そんな彼を前野さんがいい声で完璧に演じてくれて瀬名櫂人が更にリアルに感じられた。遊佐さんは流石安定のお芝居で安心して聞ける。トラック5で瀬名に感情をぶちまける彼が愛しかった。そのまま「よし!今日から同居するぞ!」ってならなくて時間が過ぎるのもよかった。どこまでもリアルなお話。 -- 2014-09-27 (土) 16:50:44
  • 原作既読ですが、まったくもって↑様のおっしゃるとおりだと私も思いました!!素敵なコメントありがとうございます(泣) -- 2014-09-28 (日) 00:55:56
  • 青春小説というか青い鳥文庫、小中学生向け文庫ですか・・・って感じ。いまどきいるんかな「誰もいないところへ一緒に逃げよう」なんていうこーこーせい…中学生みたいな中身。 -- 2014-12-05 (金) 22:34:48
  • 新装版+特典ペーパーSSの原作既読で聴いたので、その後の二人を書かれたSSも音で聴きたかったなぁと無茶なことを思いました。瀬名が子供のように感情のままに出すかと思うと、妙に大人びて愛想のよい声を出す、という変わり身にちょっとついていけない箇所もありました。演技の問題ではなく、展開が速くてついていけない感じですかね。もっとゆっくり2枚組だと良かったかもしれません。 -- 2014-12-13 (土) 20:05:05
  • 「CD自体が未完成」というコメントがずっとネックになってて遊佐ファンでありながら手を出せずにいましたが、ようやく視聴。聴いてよかった。攻め側に感情移入してめっちゃ泣いた。エロはフェードアウト…とすら言えないレベルのちょい出しが続き、最後の最後でやっと1回だけ、でも充分。↑でも何人か仰ってますが、聴き手の年齢(及び腐女子歴?(笑))で感想が分かれるような気がします。今どきこんな高校生いねぇ?いやBLファンタジー界にはいるんですよこれが(笑)あの手のファンタジー作品を見聞きした後だと、すごくリアリティ増します。女のヒステリックな怒鳴り声ってCDで聞くだけでイライラするのに、あんなもんが日常的に家庭で繰り広げられてたら子供は捻くれもするし未熟なままだろうさ。 -- 2015-04-23 (木) 05:41:20
  • いろんな作品のレビュー読みましたがここまで良い悪いの評価分かれている作品ないですね。自分はリアル、ストーリー重視派なので凄く良かったです。前野くんの若さと熟れていない演技が瀬名とリンクして良かったし、遊佐さんはもう言うまでもない名演技。泣きは何度聴いても泣ける。遊佐さんの受けはもう芸術の域です。作品として…瀬名の家庭環境、あんな酷い家庭に育ったら擦れて人生投げ出しそうになっても仕方ない。「阿南となら話せそうな気がした」イキがっていても寂しくて持て余す感情をどうしていいのかわからない、そんな瀬名を前野くんはよく表現していたと思う。あの両親は最低。ゲイであるが故、内面を押し隠してきた阿南にとって、ストレートに感情ぶつける瀬名に惹かれていくのは当然と言えば当然。再開後のエッチシーンは短いけど、5年分の想いが詰まっていると思った。タイトルの「未完成」は瀬名のこと、及び二人の関係じゃなく、聴き手側に突き付けられた言葉のような気がしました。 -- 2016-08-07 (日) 21:58:52
  • 親の離婚や若さ故に突っ走って -- 2017-03-13 (月) 17:00:37
  • 親の離婚や若さ故に突っ走って -- 2017-03-13 (月) 21:33:31

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit