Top > 野蛮なロマンチシスト
HTML convert time to 0.015 sec.


野蛮なロマンチシスト

Last-modified: 2016-02-09 (火) 07:18:09

野蛮なロマンチシスト Edit

  • 原作: 高岡ミズミ    イラスト: 蓮川愛
  • キャスト: (芦屋愁時) 成田剣×武内健 (倉橋多聞)/ 千葉進歩 (芦屋冬海)/ 鈴木達央 (芦屋朋春)/ 星野充昭 (峰蔵)/ 小林和矢? (北野)/ 細谷佳正 (サーファー)
  • 発売日: 2007年04月27日    3,150 円
  • 収録時間: 70分27秒    トークなし
  • 発売元: ムービック Dramatic CD Collection(Rutile Bunko)MACY-2139 /幻冬舎コミックスルチル文庫刊
  • 脚本: あおばよう 制作担当: 長嶋篤史 ドラマ制作: 神南スタジオ
  • 演出: 平光琢也 効果: 稲田祐介(ゼロデシベル) 調整: 山口貴之
  • 作曲: 鈴木吉水 制作担当: 山中紀昌 音楽制作: タルバーラレコーディングス
  • ブックレット: SS書き下ろしショートノベル「ロマンチシストの野蛮な衝動」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    Dramatic CD Collection 野蛮なロマンチシスト 
    TRACK LIST

感想 Edit

  • いまのはまるで愛の告白みたいに聞こえるな。ミニコミ誌の記者・倉橋多聞がカフェ「エスターテ」を取材中、現れた感じの悪い男はオーナーの兄・芦屋愁時。彼は、多聞が憧れているルポライターだった。再びエスターテを訪れた多聞は、愁時にからかわれるが、どうやら気に入られたようだ。以来、芦屋家に通い始めた多聞は、次第に愁時とも打ち解けてきたが、やがてふたりはお互いを意識し始め……!?
  • 横暴なルポライター・愁時×勝気なミニコミ誌記者・多聞がカフェを舞台に巻き起こす恋物語。フリト有りません。
  • これは原作からしてそうなんですが、聴きたい(読みたい)のは兄弟愛じゃなくて恋愛の方なんだよ、と。ドラマCDもその兄弟愛原作まんまで、二人が何故惹かれたのか、惹かれあったのか、よく分からない…。声優さんのイメージは外れてはいなかったし、だからこそ勿体ない気がしました。更に絡みのシーンのBGMがどうも…おマヌケでしたね。あーもー勿体ない。もっとちゃんと成田さんと武内さんの絡みを聴かせてほしかったなぁ。あと多聞の方言、あの辺りももう少し聴きたかった。あそこはカットしちゃダメでしょう。武内さんなら可愛く演じてくれただろうに…。もやもやの残る作品でした。 -- 2008-03-20 (木) 10:15:29
  • 人によると思います↑の感想の方たちもいますが、ほぼ原作通りで兄弟愛と恋愛モノが一緒の話って珍しいと思うし私は良かった。成田さんは低すぎない声のキャラで主人公武内キャラを可愛がってたのが微笑ましい。展開が駆け足になるシーンがあるので、2枚組なら兄弟と恋愛それぞれがっつり入って、大変満足できたのではと思う。 -- 2008-03-27 (木) 22:34:18
  • 芦屋家3兄弟物語(一つ屋根の下)。原作未読組み。多聞野次馬押しかけ女房。愁時は父子共憧れの人ではあるが、見下されていてお互いの気持ちの惹かれ方も絡みもBGM(笑)までも強引。カフェ中心でジャーナリスト仕事風景は期待しないで。声目当てなら構わないが、原作読まない人は読んでから来い!な行動不明ワープ注意作品。で、朋春の写真の件はどうなった?。振り回される峰蔵さんが不憫。ライターの仕事しろよ、喫茶店に入り浸っていないでさ。。。
  • 鈴木達熱演。武内さんも生き生きしててイイ感じ。確かに恋愛モノというより兄弟愛メインという感じですが、皆さんさすがの安定した演技できっちり聴かせてくれます。贅沢言えば、成田武内二人の恋愛をもっとじっくり聴いてみたかったかなと。 -- 2008-08-17 (日) 16:44:08
  • 受けの名前が‥‥‥‥絡みのシーンでは特に吹きました。成田氏、武内氏、良かったのに〜 -- 2009-01-08 (木) 17:33:17
  • 原作未読。これは…兄弟愛に重点を置いていますよね?取ってつけたようなメイン二人の絡み。とても恋愛になんて発展していないだろうふたりなのに急にラブラブって…。せめて2枚組にしてこれから発展させるくらいにすれば良かったと思うけど。とても不自然でした。 -- 2009-07-01 (水) 00:54:20
  • 鈴木達くん、若手(になるのかな?)なのに迫力ありますね。ほかのみなさんはおなじみの方々でしたが、鈴木達くんはまだ数を聴いていないので新鮮でした。成田さん演じる長男に似ている役所はそのままに、高校生の若さも出てました。感心! 本筋のほうですが、シリアスでもなくコメディでもなく…うーん、割と普通ですね…。色恋の絡まない兄弟モノと受け止めて聴きました。成田さんがナチュラルな感じでよかったですね! -- 2009-12-28 (月) 02:59:37
  • 蓮川先生のイラストと声がイメージぴったりでした。もの足りなかったので2枚組みでじっくり聴きたかったです。 -- 2010-01-10 (日) 10:03:46
  • 序盤で「愁時.A」を連呼する多聞に混乱。芦屋だからAなのだとわかるまで、成田さんの役は仕事時に「愁時英(エイ)」とでも名乗ってるのかと思った。泣きながら「どうしてもなりたいんだ」と告げる鈴木さんの演技がしっとりしていて軽く衝撃が走った。現在の癖のある感じがなくて若々しい。ぼんやり聴くと、まっすぐな兄弟の掛け合いを多聞が見守る図にしか思えなくて恋愛部分が薄いなあと思ってしまった。1枚でいいから、兄弟部分はもっと要所を絞って恋愛部分のエピソードをひとつ入れるくらいが理想だったかな。このペースで進む2枚組だと冗長になる恐れがあるので1枚でよかった。2007年作品にしてはBGMも古くだれてしまった。 -- 2010-07-14 (水) 00:34:28
  • あまり評価が良くない様でびっくり。個人的にはとても良かったと思います。受のあこがれから恋愛感情までの移り変わりは確かに分かりづらい部分もありましたが、ストーリーもなく惹かれあった理由も分からないようなBLCDもたくさんある中、丁寧な作りでストーリーはしっかりしているし、それなりに惹かれあってる様子は描かれていて絡みも良かったです。メイン2人+残り兄弟2人の演技も熱心に取り組まれている様子が感じられて申し分なかったです。 -- 2012-01-03 (火) 20:07:27
  • 蓮川愛さんの絵が好きなので拝聴。私がバカだからか長男と次男の顔の区別がつかなかったので勝手に脳内補正。各キャラクターにまさにこの人といった声優さんたちの起用で良かったと思うが、やはり散々即出の意見である"兄弟愛"。ここに的が絞られすぎて長男と多聞くんの恋愛はほんの少しというのが頂けない。原作はこのあと次男と三男もめでたく(?)ホモとなり、三兄弟全員が・・・声優さんのファンにはオススメできるけどboysloveのloveを期待する人は回れ右! -- 2014-11-17 (月) 10:06:26

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit