Top > 恋ひめやも
HTML convert time to 0.027 sec.


恋ひめやも

Last-modified: 2016-03-21 (月) 08:15:33

恋ひめやも Edit

  • 原作: 英田サキ    イラスト: 小山田あみ?
  • キャスト: (棚橋孝太郎) 日野聡×立花慎之介 (水原慧)/ 千葉一伸 (大竹)/ 友永朱音? (岡島美紀)/ 仙台エリ? (友梨奈)/ 國分和人? (同級生A)/ 興津和幸 (同級生B)/ 葉山いくみ? (同級生C)/ 澤田将孝? (老人)
  • 発売日: 2010年11月25日    3,150 円
  • 収録時間: 50分52秒 + 59分52秒 2枚組    トークあり
    ※1枚組→2枚組に仕様変更。トーク(日野、立花、千葉)は2枚目巻末に収録し、初回特典なし。
  • 発売元: インターコミュニケーションズ INCD-2554 / 徳間書店 Chara文庫
  • 脚本: 榛乃綾子 制作担当: SASAKI・大内早織・大石明也子 デザイン: 新井友
  • 演出: 菊田浩巳(楽音舎) 選曲: 水野さやか(スワラ・プロ) 効果: 小山健二(サウンドボックス)
  • 録音・編集: 中野陽子 録音・編集助手: 都築寿文 録音・編集スタジオ: スタジオインスパイア
  • ブックレット: 書き下ろしSS「恋ひ恋ひて」
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    恋ひめやも (キャラ文庫) 

感想 Edit

  • 目前に結婚を控え、順風満帆な人生を送っていた棚橋。ある日、出席した高校3年時の同窓会で、担任教師だった水原と再会する。教師と生徒の関係では、遠い存在のように感じていた水原だが、7年ぶりに会った彼は、ひとりの男として魅力的に見えた。以来、口実を見つけては水原の元を訪れる棚橋だが、次第に水原への恋心が育ってゆき…!?
  • フリト立花さん日野さん千葉さんで「なんで俺ここにいるんだろう」「同窓会」「水原面倒くさい」「キスマーク」「熱烈なキスでした」11分弱。
  • 原作既読。原作では、水原のツンデレを通り越した意地っ張り具合に若干苛ついた部分もあったが、CDでは立花さんの演技でこんなキャラもあり、と思ってしまうというマジックが。後半になるにつれて、可愛くなっていく感じが堪らない…日野さん演じる棚橋も、真面目で好青年な感じが滲みでていて、原作のイメージぴったり。基本日野さんと立花さんの二人喋り。二人のファンには垂涎のCDかと。事件のような、大きな動きがあるわけではないので、しっとり聞ける内容。なので、好みが別れるかも…私はお気に入りの一枚になった。さらにブックレットに、書き下ろし小説がついていて、大満足。 -- 2010-11-21 (日) 00:08:18
  • 水原@立花の声に最初は違和感。逆キャストのほうがよかったのでは?と思ったが、最終的には水原と棚橋のイメージ通り。当初1枚に収める予定だったので結構端折ってるが個人的にはうまくまとまってると思う。BL初心者向けの丁寧な作品。 -- 2010-11-22 (月) 00:05:15
  • 原作既読。30代というキャラを考えると立花さんの水島に最初違和感。(声が高くて若すぎる)聴いていくうちに慣れて、最後は合っていたかと思うほどしっくりきてました。DISC2は二人のラブラブがたくさん聞けて、日野さん上手いです。二人のファンは買われた方がいい。ただ、受けが意地っ張りが突き抜けてるので、イライラします。でも攻めも最初二股だから・・設定・展開で好みが分かれる内容。絡み目当てで買うならオススメ!! -- 2010-11-25 (木) 22:56:25
  • 原作未読。キャスト買い。水原の意地っ張りさに少しイライラ。でも、心を開いてからのラブラブっぷりが可愛かった。一回目より二回目に聞いた方が、水原の生い立ちなどが分っていてそこまでイライラしなかった。フリトはまったり。立花さんが話してマーク(笑)思わずブックレットで確認してしまいました(笑)-- 2010-11-26 (金) 19:47:46
  • ストーリーが壮大なツンデレ。2枚目で甘甘にデレてます、脚本が(笑)完全にキャスト買い。本当にお二人が好きな方にはたまらない作品です。クール→乱される立花さんがイメージとしてあったので、キャストはしっくりきていたのですが、まさかの日野さんのSっぷりに不覚にも萌えました(笑)二股や優柔不断な所は、綺麗なところばかり見ないリアルさが好感触。派手な演出はないけれど、疲れた心と脳内にしっとりきますね。もう少しストーリー練ってあれば更によかった。フリトお勧めです、本当サービス精神が旺盛で有り難いw -- 2010-11-26 (金) 23:13:34
  • 原作既読。立花さん日野さん目当てで購入。50分越えのCD2枚組でこの値段・出来はかなり良いです!『嘘と誤解は恋のせい』のような出し方をせず、かつ値段を変えなかったインターさん最高です。キャストもBGMも、とても合っていると感じました。1枚目は棚橋(日野さん)・2枚目は水原(立花さん)目線なので、お二人のファンは買って損しないと思います。上記にもあるように、省かれている部分は多々あります(主にモノローグ)。しかし『エス』や『さよならを言う気はない』ほどバッサリでなく、絡みやラブラブな場面はちゃんと残ってます(笑)原作ファンの方にもおすすめしたいです。 -- 2010-11-27 (土) 03:39:53
  • 原作未読。最初は立花さん若くないか・・と思ったのですが、とくに違和感なく聞けました。日野さんの優しい声にころっとやられました・・・・その後のSぷりに撃沈。2枚組に変更になったときはどうなるものかと思ったのですが、無理やり1枚にするよりよくなっているのでは?と思いました。しかも値段が変わらないなんて太っ腹です☆ -- 2010-11-28 (日) 22:32:29
  • 原作既読 棚橋(日野氏)の声が想像より高くてビックリ 先生(立花氏)を欲し、それでもずっと待ち続ける日野氏の演技は◎ なかなか本音を見せず、ツンな立花氏も良かった ツンがデレるまで相当時間がかかったが、ラスト付近でちゃんとラブはある、というか日野っちがエロすぎて思わず巻き戻して聞いてしまった自分が怖い・・・攻め喘ぎ、お見事でした エロ抜きにしても聞きごたえがあって気に入りました〜 -- 2010-12-05 (日) 20:54:14
  • 未読のキャスト買い。主役両名ファンの自分にとって神キャスト。物語も英田さんらしいヒネリの聴いた作りで面白かった。↑みなさん同様日野さんエロすv期待を裏切られないありがたい作品でした。 -- 2010-12-09 (木) 23:41:16
  • 日野さんも立花さんも、声・演技ともに申し分なかったです。特に立花さんはこのくらいの投げやりなトーンが好きなのでたまらなかった…。が、話はめちゃくちゃつまらない。英田さんってしばらく読んでいないうちにこんなふつーーーーーのBL書くようになったんですかね…。あ、そうです、原作未読です。受けの過去もありがち…ほんっっとうに内容が薄くて、2枚組の必要性をまったく感じなかった。インターの遺品みたいなものだし、2枚組なのに値上げしなかったし、できればほめたかったんだけども…すみません。 -- 2010-12-09 (木) 23:58:44
  • よく言えばとにかく2人の心情が描かれていて丁寧、悪く言えばそればかりで盛り上がりに欠けるという感じでしょうか。水原のぐるぐるマイナス思考や言動も、リスナーの評価が分かれるポイントになりそうです。キャストの演技はぴったりだと思うし静かなBGMも綺麗だし、個人的には嫌いじゃないです。ひたすらしっとりしたラブストーリーを聴きたい方には良いのでは。 -- 2010-12-12 (日) 19:43:00
  • 千葉一目的だと不満が残る出番量。話は淡々、未読だとわかりにくい。 -- 2010-12-13 (月) 21:42:04
  • トークで『断られても、6回もあきらめず迫らないといけないのは面倒』に同感。本当、面倒くさい主人公でした。普通だったら諦めちゃうよね。日野×立花もよかったです。でも7年ぶりの同窓会で会った先生がまだ若かったなんて、羨ましい限りです。なんか今月は、『結婚を決めた彼女を振って男に走る』話が多いですね。この作品も、気付かなかっただけで実は好きだった・・・というような感じです。相手が別の男に犯られちゃったとこを見て、気付く・・・みたいな。それで親に紹介しにいく寸前で振られる彼女達はかわいそうですね。不倫が苦しくて過去に分かれた恋愛経験があるのに、また好きになった人が結婚をすると知って『諦めないといけない』と葛藤する水原が切ないです。そして棚橋が婚約者を捨ててしまったことで『オレが誘惑してその気にさせてしまったのか?』と苦しむ水原。彼の過去が大きく影響してくるので2枚組になって内容が深くなりよかったです。1枚組じゃこうはいかなかったです。 -- 2010-12-16 (木) 14:30:08
  • インターさん最後の作品です。本当に悲しいです。本当に良いメーカーさんなので残念です。とくにインターさんの英田作品のドラマCDは、どれも良作でした。今回もとても良かったと思います。ただ、「DEAD LOCK」などのように、物語に大きな動きがないので、もしかしたら淡白すぎると感じる人もいるかもしれません。主役お二人の演技はとてもよく、絡みもとても良かったです!ただし、千葉さんの出番は少な目なので、千葉さん目当ての方は注意して下さい。フリートークも、とても和気あいあいとして良かったです。個人的には、立花さんのコメントがとても嬉しかったです。きちんとBL作品に向き合っている気持ちが伝わってきました。主役お二人のファンは、買って損しないと思います。インターさんなき今、入手困難になりましたし、多分中古の値段も上がってくると思うので、早めに探した方が良いと思います!そして、フリートークを聴いた後に、ブックレットの集合写真の立花さんをチェックしてみて下さい! -- 2010-12-17 (金) 09:16:24
  • 淡々と進むがBGMが美しくしっとりとした感じが良かった。そして立花さんはつくづく美声。影のあるこんな役がよく似合う。 -- 2011-01-10 (月) 15:55:35
  • お二人とも良い声でした。キャラにも合っていて、お話は平凡でもドキドキします。 -- 2011-03-08 (火) 01:14:18
  • インター最後の作品として、非常にいい仕事をしたと思います。 堀辰雄のくだりを省かず、とても丁寧に作ってあり、日野・立花両者とも熱演で感動しました。 特に、最初の25秒が秀逸でそこだけ何度も聴いてしまうくらい素晴らしい -- 2011-05-07 (土) 00:22:25
  • メインお二人ともいい声なので選びました。その後、原作まで読んでしまいましたが、音だけの方が良かったです。っていうか音にはまるべき作品だと思います。-- 2011-05-08 (日) 23:35:05
  • いや〜丁寧すぎてだるかった。もうちょっとメリハリがあっても良いような; -- 2011-05-13 (金) 22:31:12
  • 「職業/王子」の日野ボイスが素敵だったのでこちらも再聴。やっぱSモードの攻めがめちゃエロかっこいいv “なかなか好きと言わないじれったい受け”にしつこく問う局面は「ねじれた/エッジ」を思い出すが、全く別カラーなのが面白い。どちらも大好物で甲乙つけがたい。 -- 2011-11-05 (土) 22:31:34
  • 原作未読。CDにして正解な作品だと思いました。随所にちりばめられている風景の描写が効果的で、五感を刺激され、ワンシーンワンシーンが印象的に頭に残りました。日野さんファンなので聴いてみたのですが立花さんの演技がよくてびっくり。絡みシーンで水原が豹変する感じに萌えました。大満足な作品です。 -- 2012-01-18 (水) 13:33:45
  • ストーリーに無理矢理感がなく、原作未読の方でも楽しめるのではないでしょうか。メインお二人の演技も素晴らしく、引き込まれました。水原の性格にひっかかる方もいるとは思いますが、私は大竹に会ったあとの棚橋と水原の携帯でのやり取りシーンが好きなので、特に気になりませんでした。 -- 2012-03-11 (日) 02:29:27
  • 本来は恋愛以外の要素がメインのお話のほうが好きなんですが、こういった男性同士ならではの恋愛の葛藤をじっくり描いたお話も好きなんだと改めて実感した作品。優しい声の一途な攻めと素直になれない受けカップルの淡々とした流れのお話がとても好き。日野さんと立花さんの声が世界観を数十倍も素敵にしていると思います。BGMも自然だし、音になってさらに大好きになった作品でした。しっとりとした作品は地味と感じる人も多いでしょうが、個人的にはもっと音声化して欲しいと思います。 -- 2012-07-18 (水) 07:54:00
  • なかなかいいな、って思いました。終盤、棚橋の言葉に心が温まりました。物語としてはありふれてるのかもしれないけれど、それでも聴けてよかったなと思います。 -- 2012-08-22 (水) 22:34:55
  • ごくありふれた日常を描いた心理描写メインの作品、と聞いて楽しみにしていたけど、正直ガッカリ。受の性格が卑屈意地っ張りメンドクサイの3重苦な上、攻もそういう受の性格を分かったうえで「俺の事好きでしょ?」て何かにつけてゴリゴリ押し込んでくる感じが好きになれなかった。終始「なんでそんなこと言うかな。するかな…」てもやもやしっぱなし。心理描写メインの作品がいくら好きでも、描かれた心理自体に共感できないと元も子もない、と痛感した作品。 -- 2012-09-08 (土) 10:47:08
  • それぞれ別作品で「いいな〜」と思っていた役者さんのカプだったので購入。水原は確かにしつこいくらい頑なだと思う箇所もありましたが、立花さんの演技で陰性な感じに色気が加わって魅力的です。自分への苛立ちで泣きじゃくるとこは凄く切なかった。棚橋は逆にごく普通の、優しさもずるさも一途さも戸惑いも抱えた青年だなと感じて好感が持てました。日野さんの演技をちゃんと聴くのは初めてですが、上手いなぁと思います。低くても柔らかい声のせいか、水原に自分の気持ちを伝えるところでは熱い誠実さを感じました。二人とも文系男子だというのも凄くツボで、話す時の言葉選びが丁寧で萌えます。だから濡れ場ではあんなエロくなるんだろうなぁ〜。しっとりした大人の物語で自分は感動しました。 -- 2012-12-01 (土) 15:40:15
  • 日野さんも立花さんも、色気ありすぎです!! -- 2012-12-11 (火) 20:29:15
  • メイン2人の好演!ちょっとの加減で何コイツってなりそうなスレスレのラインですが、そこを良い方向に魅せてくれました。BGMも落ち着いてて良いと思います。 -- 2013-02-12 (火) 19:40:35
  • 受攻共に声が落ち着いていて素敵。たまに挟まれる文学的要素もいいし、じわじわと感動させるセリフやシーンも満載。 -- 2013-05-01 (水) 10:42:42
  • まちがいなく良作。ケーキを前にひとり泣くシーンは、もらい泣きしました。 -- 2013-06-05 (水) 15:04:37
  • 立花さんと日野さんが好きなので買いましたがまったく萌えなかった!フリトでも皆さん言ってますが、この受けのどこに魅力があるのか。ただの嫌な奴にしか思えない。女じゃあるまいし受けでも男でこれは無理。というより、人として無理。立花さんの無駄遣い。 -- 2013-06-05 (水) 23:25:09
  • インターさんがなくなってしまう前に駆け込んで購入した思い出の作品。私は立花さんのファンなので、声優補正で水原先生の性格は特に気にならず。立花さんの上品な声を堪能できます。声優さんが好きなら、それだけで買って損はしないはず。立花さんの「恋なんてしない」のモノローグ?に泣きました。 -- 2013-06-09 (日) 23:41:30
  • 原作未読。簡単な話なのに分かりにくい。女の匂いがする、に犬か!と思った。受の気持ちが掴めず、ケーキのシーンでも置いてきぼり。素直になる時とならない時の違いはその時の気分?受は遠慮がちなタイプではないので控えめな態度しても卑屈ではなく、独善的な君主ぎみになる。英田さんは自分の中にないキャラをむりやりひねり出したのでは。受のキャラがしっくりこない。分かるようで分からない話だった -- 2014-12-03 (水) 20:13:34
  • 原作既読。どうして皆さん水原先生のことをめんどくさいって言うんだろう?って思っていました。久しぶりにリピして納得!父親が不倫してた、としか言ってなかったのですね。ネタばれになるのですが、父親はW不倫の上、不倫旅行中に事故死しているのでこういう人なのです。BGMもいいし、大好きなCDなんですが一箇所だけ納得できないのがあの空気抜けるみたいなSE…あれは無いと思う。 -- 2015-02-08 (日) 18:03:45
  • 原作未読。主人公の性格とか背景が面倒臭いのだが、メインのお二人と脇を固める役者さんたちも熱演していて好感が持てる。本を借りに来て昔の男らしきものに遭遇する生徒が、あくまでも生徒の視点でスルーしているのに、恋愛感情が生まれてそういった記憶の意味が変わってくるあたり、堀辰夫の退廃感漂う作品と絡めて進行していくのが粋な感じがする。 -- 2015-02-20 (金) 04:47:20
  • 原作を読んでいないので分からないのだろうけれど、もっと丁寧さが欲しいと思った。急に好きだと気付くような感じになっていたり、そこいら辺など。受の頑なさにはもっと理由があるんでしょうけどトラウマにしても理由づけとしては薄い気がしてしまいました。立花さんが年上の役で、最初は違和感があるように聞こえましたが、最後には気にならなくなっていましたし、日野さんも相変わらず素敵でお二人とも安定した演技ですっと聴けました。 -- 2015-06-26 (金) 14:18:48
  • 小説原作ということで確かにセリフが多いです。水原先生6回聞いて1回とか現実だと相当手強いですがそこが良いんでしょうか…最後の海のシーン素敵です。でも上の方もおっしゃるように先生の方が声が若く感じて違和感が有りましたが濡れ場の受けで納得できました。風たちぬはジブリの前でしょうか? 所々に文才を感じる身近なお話で楽しめました。激しいストーリー展開はないですが小説好きにはピッタリの作品ではないかと思います。 -- 2016-03-21 (月) 08:15:33

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit