Top > 疵<スキャンダル>
HTML convert time to 0.006 sec.


疵<スキャンダル>

Last-modified: 2017-11-21 (火) 22:25:36

疵<スキャンダル> Edit

  • 原作: かわいゆみこ(かわい有美子)    イラスト: 杜山まこ?
  • キャスト: (司馬彰典) 小杉十郎太×増谷康紀 (桐原晃司)/ 一条和矢 (有賀祐介)/ 中村千絵? (桐原弥生)/ 秋元羊介 (桐原英輔)/ 宝亀克寿 (篠田雄一郎)/ 岩崎征実 (吉谷)/ 斉藤瑞樹 (中井和久)/ 米山奈穂? (女将)/ 山本満太? (医師)
  • 発売日: 2002年08月31日    3,150 円
  • 収録時間: 57分28秒    トークなし
  • 発売元: ムービック BE×BOY CD COLLECTION MACY-2201 / ビブロス
  • 脚本: こぐれ今日子 制作担当: 林希実子 音響制作: 神南スタジオ
  • 演出: 平光琢也 効果: 風間慎二(アニメサウンドプロダクション) 調整: 山口貴之
  • 作曲: 澤口和彦 制作担当: 當真一 音楽制作: イマジン
  • 関連画像(Amazon.co.jp)
    BE×BOY CDコレクション疵〈スキャンダル〉 
    TRACK LIST

感想 Edit

  • 高級官僚として順調にキャリアを積む桐原晃司と、同期でライバルの司馬彰典。エゴとスキャンダルの渦まく中で、出世の為に 孤独な戦いを勝ち続けてきた。誰もが羨み、妬む存在。しかし桐原に大きな挫折が訪れる。その時、彼が心と躰を委ねたのは…。
  • 大蔵省官僚のエリート同士の大人のCP。増谷さんの受けは、色気満点でヤバイです。
  • 濃ゆいふたりの絡みがインパクトありすぎ 重量級のふたりの絡みもだけどサブキャラの一条さんもええ声
  • テンプレ的BLに辟易した時に一度お試しを。腰にクル大人の低音いい声祭り。30代高級官僚ノンケ同士がカプになる過程、序章なので続きは・・・と言う所で終わっているのが気になる。絡みがたどたどしいのも微笑ましい。宝亀×増谷は描写はないがフェラまで。ねっとりとした役はさすが宝亀さんだとキラリ。リアルに有りそうな展開、BGMが浅いのも気にならない位造りが丁寧、脇も豪華で皆さん好演。不妊について辛辣な台詞が有るのでその辺りにデリケートな人は注意。出世の為に、家庭の為に、戦う男の人間ドラマがお好きな方は是非。
  • これは何というか普通にありふれたBLとはかなり趣が違っていてちょっとびっくりした。大昔のN○Kドラマというかまじめな民法深夜ドラマというか、空気はそんな感じ。聴きなれたBLのつもりで聴くと危険かも。ドリームやラブラブじゃなく追い詰められた人間劇なのでどっぷり重苦しい演劇が好きな人向きってとこかな。楽しいという部分はほとんどなく終了。まさかこの後心中はしないだろな(笑) -- 2009-02-16 (月) 06:32:55
  • 時間軸は過去を思い出しながら、といった形でスタート。この二人がどこをどうやって絡むんだろう?と不思議な程接点も興味もない二人 -- 2009-03-02 (月) 01:41:15
  • 脇キャラ含めて重低音祭りw 一条さんが無駄に色っぽい! 互いに奥さんがいる同士の大人のカップル。増谷さん演じる桐原が追い詰められていく様子がリアルで怖かったです。「透過性恋愛装置」と同じ作者という事で聴きましたが、全くタイプの違う重厚なドラマで、これはこれで面白かったです。でも「愛」にはまだ至っていないところで終わってるのが残念。 -- 2009-03-22 (日) 11:51:26
  • 脇キャラなのに無駄にエロを垂れ流していった一条さんに笑いましたwただ、こういう役作りを頼まれたのか?わからないんですが、増谷さんの棒読みはちょっと…と思ってしまいました。濡れ場ではそれなりに喘いでいた(笑)のもあってか、それ以前でのセリフの棒っぷりが気になりました。 -- 2009-04-08 (水) 14:50:49
  • 全く救いはなく、強者として位置づけられている人物すらどこか哀れであるお話です。物語のトーンに合わせてでしょう、皆さん表面上は感情をどこか抑えた演技が多く、特に冒頭とラストの小杉さんのモノローグが聞いていて非常に落ち着く一枚。これから聞かれる方は気力のご確認と、続きが非常に気になる終わり方ですのであらかじめ原作全巻も一緒に入手されると良いかと -- 2009-04-17 (金) 04:48:33
  • 原作未読。面白かった!昨今ありがちな軽いノリで聞き流せるBLではなく、あたかもサスペンスドラマのように展開が気になって話に引き込まれた。受け役の増谷さんは、個人的にはナレーションのお仕事でお馴染みだったので、どのように演じるのか興味津々だったが、裏声なのかな?色っぽい演技だった。 -- 2009-12-31 (木) 20:49:53
  • ドリームやファンタジーや癒しをBLCDに求める方達にはお勧めできない。リアルに根を張った演劇的人間ドラマに耐性が無いときつい。容赦が無いし救いもこの一枚に関しては、見えない。 -- 2010-01-01 (金) 02:53:31
  • 個人的に隠れた名作だと思う。聴く人を選ぶ作品とも。。。確かに続きが気になる。でも、もう作られないのだろうな、残念。増谷さんの出演されているものは初めて聴いたが、作中で宝亀さんが仰るように聖職者のように清らかで冷感的なお声が素晴らしくセクシー。乱れっぷりもリアルな感じで好ましい。刹那的な大人の恋愛がどう発展していくのか原作もあわせて読みたくなった。 -- 2010-02-15 (月) 21:00:46
  • ドラマCDとして重厚な作品で、面白かったです。リアルな日常と男性同士の絡みなので、BLドリームに食傷気味の方にはお勧めできると思いました。ただ、他の方のコメントにもありますが、桐原義父による不妊や女性についての台詞は、不快に思う方も居るかもしれません。私は、聴いていてひたすら桐原に同情してしまいましたが…。 -- 2010-02-16 (火) 12:23:39
  • 骨太でシリアスだが実に面白かった。こんな作品がもう少し増えてもいい。増谷さんはまさに「清潔感と色気のある」いい声。そして一条さんの滴るようなエロボイスは必聴。 -- 2010-03-06 (土) 12:05:00
  • 桐原が「舐めてやるから…頼む」と司馬に迫るシーンはゾクリとしました。必死に縋る増谷さんの桐原の演技は、とても棒には思われません。主人公の境遇に切なくなりつつ一人の男が堕ちていく様に後ろ暗い悦びを感じられた自分はいいが、多分聴いていてつらくなってしまう方もいるかと思います。そう言う意味では上級者向け作品。小杉さん、増谷さん、一条さんとエロスな声を堪能できたのも満足。キャスト的に増谷さんあたりが難しそうだが、ぜひ続編がほしいところ。最後1分半は曲が流れるつくりもムービックらしい良い作りだと思う。 -- 2010-06-15 (火) 21:16:30
  • 皆さん書かれているように、ありきたりのBLでないところに魅かれました。増谷さんはまさにハマり役。 -- 2010-09-22 (水) 19:28:32
  • 重いです。そしていやらしいです(褒めています)。「司馬」と名前を叫んで求める桐原(増谷さん)に萌え。 -- 2010-09-24 (金) 04:48:15
  • アダルトです。浮ついたところがないというか、リアルな感じが新鮮。ストイックな雰囲気ゆえに増谷さんのエロッチックな演技が一層際立つ素敵な作品。義父の容赦ない人格否定も見どころかと。 -- 2011-03-29 (火) 15:43:36
  • 低音受け、アダルトな雰囲気。増谷さんの色気に吃驚した。量産型BLとは演技の質が違うと感じた。あと宝亀克寿さんの攻めの演技がエロい。BGMも合っていていい。 -- 2011-08-16 (火) 04:36:04
  • 皆さんセクシーすぎでサイコーです!プロローグで終わってしまった感じなので、2枚組みでもいいから、もうちょっと先の話まで聞きたかった。続編熱望しますが、無理なのでしょうね…。 -- 2011-08-20 (土) 22:47:14
  • うわあ…凄くドキドキしました。人間の感情が剥き出しになる瞬間にゾクリとしました。 -- 2011-09-07 (水) 15:10:46
  • 濃い、重いに尽きますね。増谷さんもっと受けてくれればいいのに。ナレーター忙しいでしょうか。続編……は無理かな。聞きたいなぁ。 -- 2011-09-14 (水) 00:52:22
  • こちらのコメントを見てずっと気になっていてようやく入手。今時のこなれた感じのBLではない。絡みも重い。恋か欲望かわからない、互いの縋りあいが大人なリアルさに満ちていた。あと、一条さんは確かに無駄にいろいろ垂れ流してます。艶っぽい… -- 2011-10-13 (木) 00:14:45
  • 古い作品ですが、ストーリー展開がとてもスムーズで突飛な展開で全くリアル感が無い作品も多い最近の作品群に飽きた時には必ずリピする作品です。できれば続きを聞きたいけれど・・・・無理かな〜〜・・・・。 -- 2012-01-09 (月) 05:44:21
  • この作品を聞いてあまりにも素晴らしいと思い、原作を読みました。 -- 2012-02-09 (木) 02:59:57
  • 本当に皆様アダルトでセクシーで。完全脇の一条さんまで色っぽい。ストーリーはややとっぴながら苦い、重い。 -- 2012-02-09 (木) 16:31:54
  • 10年前の作品なんですね。小杉さんがいつものアクの強い話し方ではなく、自然でいい。増谷さんの品のある色気もとても大人でエロチックです。宝亀さんの老齢な攻めがいやらしい。脇なのに一条さんのダダ漏れの色気がすごいです。ただ、義父の長セリフの時、ただ必死に台本読んでます的な感じが残念でした。続きがとっても気になるところで終っているので続編を激しく希望します!・・・無理かなぁ。こういう大人同士の硬質なストーリーが聞きたい。同じくキャスト、プラス一条さんと誰か大人同士カップルで・・・ -- 2012-03-01 (木) 20:25:17
  • 義父の理不尽な命令に従った桐原。「桐原」の家名(出世欲)を捨てられなかった選択に桐原の野心、したたかな一面を垣間見る。心身共にボロボロになった桐原を司馬が助けてくれたことにはホッとした。お人好しで面倒見の良い司馬。戯けたところもあってクスッと笑える場面も(トラック5の有賀と交わす色っぽい会話、萌え)嵐の前の静けさ、とでもいうような不気味な雰囲気を感じるが露天風呂で笑う二人がとても楽しそうなので後味は悪くない。個人的には続きが気にならないわけではないが、こういう終わりかたもアリだなと思う。控えめなBGM。静かで硬質な雰囲気。ほのかに漂う湿った色気。耳に心地好い低音。昨今のBLCDには望めない貴重な作品。 -- 2012-10-08 (月) 00:33:20
  • 萌えるというより、人が脆く堕ちる様を淡々と、しかしドラマチックに聞かせてくれる。浮ついた高音がなく、大人の…恋というより縋りあう感じがリアルで重い。つらい台詞も多いですし展開も速いですが聞き応えあり。続きが気になり、原作を買おうかと思いました。絡みを減らしてもいいから続編を聴きたい。 -- 2012-10-27 (土) 02:33:02
  • 初聴き増谷さんのセクシーな声にどきどきした。年齢を重ねて40代〜50代にならないと出せない素敵な声だと思う。絶対に原作買います。 -- 2013-03-06 (水) 23:50:01
  • 是非続編をと願った作品です。増谷さんも、小杉さんも素晴らしい。増谷さんが棒読みという方には、原作で抑揚のない話し方となっているからとお伝えしたい。 -- 2013-03-25 (月) 03:31:28
  • 素晴らしい作品ですよ。自分は大好物!演技もグー!グー!深みある貴重な作品 -- 2013-05-29 (水) 13:32:51
  • 原作未読。義父よそこまで言わなくても・・・と思った。でもこういう人いる!いいねー。夜10時N.H.Kドラマのようだ。髪洗うシーンが好き。しかし離婚は選択しない桐原。権力は絶対譲らないのねwさすがだ -- 2014-11-28 (金) 22:47:44
  • エンディングが映画のような余韻を残して心地よく、物語のその後に思いを巡らしてしまう。作品の顔であるタイトルも秀逸。古い作品だけに続編が望めそうにないところが残念。   -- 2014-11-29 (土) 20:18:34
  • 原作ファンとしてはイメージ通りで嬉しいです。内容は重い部分も不快なセリフも多々ありますが、リピするたびにアダルトなエロスに悶え聴き入ってしまいます。 -- 2014-11-30 (日) 01:05:59
  • とてもいいです。時々重厚な作品を聴きたくなった時に聞き返すのに丁度いいです。内容は上の方々の通り、重く人間関係もドロドロとしています。キャストもいいですね、増谷さんの儚げで危うい大人の色気がたまりません。それを受け止める小杉さんの硬派な感じもいいです。残念なのは、続きが聴けないこと…。(気になって仕方がないので原作の続きポチリました。) -- 2015-06-30 (火) 01:49:29
  • 名前を呼ばれて××てやる、そのセリフだけでゾクリとする。そんな演技が聞ける。これはBLというより耽美の部類ですね…職業BLとしてたまに挙げられる名作名盤。本当に義父の言葉はキツいし、宝亀さんの優しい声が逆に怖くなる。昨今のBLCDに飽きた人に聞いて欲しい。 -- 2016-11-12 (土) 00:14:08
  • どわーなんなんですかこのヘビーなBLは!!!離婚問題が多発しているので昼ドラかよってくらい重いんだけど、増谷さんの役どころがかわいそうで色っぽく、小杉さんはいつもより自然にダンディ。昨今の可愛いお話も面白いけれど、たまに聞き返したくなる重くてエロティックなお話でした。低い声の受、やっぱりいいわ…。計算したら、当時増谷さん41でして、ひゃー、なんという色気!若手には出せないどエロさ。たまたま手に取る機会があり、買って本当によかった!と思いました。 -- 2016-11-27 (日) 20:55:34
  • 一聴して、あまりに重く暗いのでリピはないかと思ったのに、次の日仕事をしながらこの作品のことが頭を離れず、結果、何度も聴き返しています。堕ちていく主人公のなんとエロいことか。義父への優等生的な返答も、篠田との儀礼的だが献身的なやりとりも、もちろん司馬との絡みも、全て色気がダダ漏れています。増谷さん、恐るべし!脇のキャストも全て良いし、主題歌も内容に合っていてかっこいいし、文句の付けようが無いです。強いて言えば、続きが出てないところが唯一の不満。気に入って、続きが気になって、原作も読みました。 -- 2017-11-21 (火) 22:25:36

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Edit