Top > DOUBLE CALL 4 〜放物線の彼方1〜
HTML convert time to 0.012 sec.


DOUBLE CALL 4 〜放物線の彼方1〜

Last-modified: 2012-04-19 (木) 06:28:28

DOUBLE CALL4〜放物線の彼方1〜 Edit

感想 Edit

  • 遂にシーズン開幕! そんな中、塔馬は千堂への自分の気持ちが変化してきたことに気づいていた。V2を狙うオリオールズ。そして塔馬は、初のホームラン王獲得を目指す。ところがその矢先、塔馬は元チームメイトの山岡に過去の恨みで難癖をつけられる。そして臨んだ試合、塔馬は山岡の危険球を頭部に受け、意識不明になってしまうのだった!
  • フリト司会森川さん陶山さん鈴村さん中井さん小野さん石田さん、結城さん高木さんで「関西弁が大変」「剣崎をやりましたがアナウンサーの方が」「ヤってる言うな」「ガヤが大変」10分半弱。
  • プロ野球 シーズン開幕
  • 国東役の鈴村さん・・・・・関西弁を陶山さんに指導してもらったとか
  • もう10年も前の作品になるんですねぇ・・・入手困難なのと、主演の片方がこのジャンルでは「既に引退した往年の名選手」的ポジションであることから、手が出しにくいでしょうが、音声化の名盤の一つではないかと思います。ただし「放物線の彼方」シリーズ4枚(実質5枚)通して、という条件つき。感性としては、BLブレーク後よりもプレBL時代の男×男モノが好きな人向けかと。「男×女」ではなく「男同士」でないと成立しない関係のあり方(単に男女カップルの片方を男に置き換えることでは到達できないという意味で)というモチーフがベースにあると思います(明確にストーリーに出ているわけではありませんが、わかる方には聞けばわかるかと・・・)ほぼ原作通りなので、この「放物線の彼方」という物語の発案者(編集担当さんでしょうか?)に賞賛を贈りたいです。また、個人的な高評価の一因は音楽です。このWiki内でも音楽に関して評価の高いものは、たいてい同じ方が作曲を担当されているようですね。ストーリー面はシリーズ通しての鍵となる塔馬の「謎」が登場する前の導入段階なので聞く側としては辛抱どころです。この一枚における山場は、千堂が持っていきます。塔馬はデッドボールで入院してしまうので後半はほとんど出演はありません。シリーズの敵役として準主役比重の犬崎も4での登場は量的には多くはありません(中井さんは某シーンでのアナウンサー役を兼ねています)。主役よりも空気を読まずに首を突っ込んでくるルーキー国東の方が目立っているような。というわけで誰か一人の声優さん目当てだと空振りかもしれませんが、逆にいえば登場人物が多く特定の人物に台詞やモノローグが偏らずバランスがよい仕上がり、演者も外れはないと言っていいと思います。 -- 2012-04-19 (木) 00:18:12

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White