Top > しあわせにできる 5
HTML convert time to 0.001 sec.


しあわせにできる 5 の変更点


 *しあわせにできる 5 [#pe0766cb]
 -''原作:'' [[谷崎泉]]    ''イラスト:'' [[陸裕千景子]]
 -''キャスト:'' (久遠寺皇) [[置鮎龍太郎]]×[[森川智之]] (本田雪彦)/ [[小杉十郎太]] (徳永映)/ [[鈴村健一]] (各務保)/ [[古澤徹]] (久遠寺昴)/ [[高木渉]] (豊川課長)/ [[飛田展男]] (森田祐一)/ [[牧野芳奈]] (落合桜子)/ [[武田華]] (石川敦子)/ [[稲垣美和子]] (佐藤由美)/ [[斎藤恵理]] (小山内美和)/ [[芦澤孝臣]] (稲葉)
 -''発売日:'' 2007年04月25日    2,700 円
 -''収録時間:'' 67分29秒    トークあり   特典: ポスカ
 -''発売元:'' インターコミュニケーションズ INCD-2168 / 二見書房シャレード文庫
 -''脚本:'' [[中野睦]] ''録音:'' 佐藤敦 ''キャスティング:'' [[西田絵里]] ''制作:'' [[岩村美和子]]
 -''演出:'' [[阿部信行]] ''録音スタジオ:'' スタジオインスパイア ''編集スタジオ:'' ディオス
 -''関連:''
 --[[しあわせにできる 1]]
 --[[しあわせにできる 2]]
 --[[しあわせにできる 3]]
 --[[しあわせにできる 4]]
 -''関連画像(Amazon.co.jp)'' [[アルバムCDランキング]]
 &amazon(B000O77LCO,image); 
 2007/04/23日〜2007/04/29日のCDアルバム週間ランキング(2007/05/07日付) 236位
 **感想 [#oc15b976]
 -年明け早々からバレンタインデーまで、お釣りが来るほど暑苦しい愛が飛び交う本田ラブソティー!一年中多忙な本田雪彦は、街で偶然昔の恋人と出会い「久遠寺 昴を調べてほしい」と頼まれてしまう。昴は久遠寺家の長兄だが、同居人の皇は出張中だったため次男で婿養子にでた徳永 映に探りを入れると、「昴には絶対関わるな」と強く忠告される。しかもまずいと感じながらも映のペースに巻き込まれ、ネクタイを解かれあわやというところで森田に救われる。昴に関わることを危険だと感じた本田だったが、さまざまな人間模様に翻弄され昴と対面してしまうことに…。出張中の皇は、本田のピンチを救うことができるのか?さらに本田に降りかかる、バレンタインの悲劇も収録!
 -フリト司会森川さん高木さん飛田さん小杉さん鈴村さん、別で置鮎さん「でちた」「3大怪獣」「今だっ!」「モデルの様な」11分半。
 -小杉×森川未遂あり。長男登場。次回作へ続く。
 - 美和が老け声。耳障りで気になってしまった。 --  &new{2009-03-05 (木) 01:32:11};
 - シリーズ5まで一気に聴きましたが、びっくりするくらい話が進んでいない。ほんとにびっくりした。季節は廻るが二人の距離はほとんど変わらず。季節イベントごとにどたばたやってるだけ。サ○エさんか?!と突っ込みたくなること請け合い。絡みはシリーズ全てにありますが色気は感じなかった。いいキャスト集めてなんてもったいない。次へ続いているので気になりますが、次回はいつ?森川さんの高めの声が好き人には、声を聴く、という意味ではいいかもしれません。 --  &new{2009-09-03 (木) 02:53:34};
 - 原作も全巻読んでCDも全巻聞きました。原作はこの後から雪彦が気持ちを自覚して甘々になって面白くなるのに・・・どこかでCDの続きを出してほしいです。 --  &new{2010-02-10 (水) 12:39:58};
 - これも続きが気になるwここまで続けてきたのだから、ぜひ6も出して欲しい。3課の人たちのみならず久遠寺家の面々を次々と虜にしてしまう本田がこの後どうなるのか凄く気になる。本人にとっては不本意極まりないだろうが。 --  &new{2010-02-15 (月) 21:47:21};
 - 1のシリアスな感じが一体何だったのかと思うほどコメディだった2-4ですが、5でやっと軌道修正です(笑)しかし昴問題序章で終わっているので続きを聞かせてもらわないと消化不良です……。 --  &new{2010-03-26 (金) 11:24:13};
 - 1作品=1か月ペースでゆったり進む。何かしらのイベントが絡んでいるシリーズ。古澤さんがいい声すぎた。まだまだ続いていくという終わり方なので、ぜひ続きがほしいですね。この次は出るとしたら(やや地味だが)花見だろうか…? --  &new{2010-09-10 (金) 13:43:31};
 - このシリーズは原作が長いから最後までCDに出してほしい置鮎さんが色っぽい --  &new{2011-03-28 (月) 23:16:52};
 - 5までだしてラブラブとはほど遠い関係のBLCDってwwしかしずるずると聴かせてしまう魅力があります。カップリングというより主人公アイドル状態がずっと続いてるCDとも言えます。あるいみ新鮮で楽しめましたw1ではまったく好感が持てなかった久遠寺が2以降はかわいく思えて仕方ありませんでした。続きは気になるので小説読んでみます。 --  &new{2011-09-09 (金) 11:42:36};
 - 森川さん目当てでしたが、出来る男風な役が声とはまってて良かったです。高音でも低音でもないほどよい声で役のイメージと合っていましたし、色気もあってよかった。ストーリーとしてはなかなか先に進んでいない印象で、そしてちょっと外野(同僚たち)がしゃしゃり出過ぎて気になったかな。 --  &new{2012-03-25 (日) 10:34:45};
 - 珍しいblcdですね。面白くないことはないけども、本当に話が進まない。原作は終わっているようなので、最後の巻を読んでみたいと思います。きっとラブラブになっていることでしょう。 --  &new{2012-04-09 (月) 13:00:12};
 - CDとしての評価欄に原作のことを書くのはどうかと思うが、長編であることの必要性をまるで感じない作品。必然性のない出来事が毎回無理やり入っていて、職場での主人公の人気っぷりを出そうと必死過ぎており、主人公に絡んでくる人物たちすべてに鬱陶しささえ感じたほど。原作共々どうしてうまくまとめられなかったんだろう?ここでの高評価がすごく謎な作品。 --  &new{2013-06-14 (金) 01:11:43};
 - 置鮎さんのセクシーで艶っぽい声がとても素敵です。初登場の昴さんもまた素敵な声の方で、映さんもあわせてイイ声三兄弟ですね。森川さんも言うまでもないですし、途中で終わってしまってとても残念です。原作7〜8巻の修羅場からの心の通い合いとか、お二人の演技を本当に本当に聴きたかったなぁ……。 --  &new{2014-09-05 (金) 22:41:26};
 - かなりの消化不良感。最初がシリアスだっただけに、毎回のシーズンイベントにモヤモヤ感が半端ない。身体を何度重ねても、全く距離が縮まらず主役の心情変わらな過ぎ。ちょいちょい出てくるウザい女子社員のネコ撫で声にうんざりする。昴の存在が気になり聞いてたけど、ここで終わりって・・・・。何もかもがありえないCD。ただただ、色気のある置鮎さんの危険な低音ボイスを堪能しただけだった。 --  &new{2015-06-01 (月) 08:04:56};
 - 次回もあると期待してたらここで終わってたんですね… 中途半端な終わり方でとても残念でした。キャストはハマってました --  &new{2015-07-25 (土) 12:05:55};
 - キャストははまっているし、話自体も1〜どんどんギャグ化していってお話し自体は聴いていて面白いのだが、BLである必要性すらないのでは?と思ってしまった。ほぼほぼ↑の方々の感想と同意ww --  &new{2016-04-23 (土) 11:05:02};
 - ここで終わりのはずがない、という終わり方。CD途中で壊れて止まったかと思った。いい声だらけの豪華キャストだったので残念。 --  &new{2018-02-13 (火) 20:30:37};
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#x08a1f9b]