Top > はきだめと鶴
HTML convert time to 0.002 sec.


はきだめと鶴 の変更点


 *はきだめと鶴 [#c294068e]
 -''原作・イラスト・脚本監修:'' [[キタハラリイ]]
 -''キャスト:'' (岡崎準太) [[古川慎]]×[[平川大輔]] (澄川螢)/ [[川原慶久]] (波柴)/ [[新垣樽助]] (大野)/ [[狩野翔]] (山咲卓)/ [[間宮康弘]] (藤場尭)/ [[横田紘一]] (舎弟)/ [[山口正秀]] (映画客)/ [[佐藤はな]] (岡崎母)/ [[大森舞]] (岡崎妹)
 -''発売日:'' 2017年01月27日    4,320 円:通常版
 -''発売日:'' 2017年01月27日    4,536 円:初回限定版(コミックス未収録エピソード追加) +10分36秒
 -''発売日:'' 2017年01月27日    4,536 円:Amazon限定版(巻末キャストコメント付)
 -''発売日:'' 2017年01月27日    4,752 円:アニメイト限定版(限定版+4コマ音声化) +1分35秒
 -''収録時間:'' 68分00秒+29分53秒 2枚組    トークなし
 -''公式通販特典:'' トークCD (平川、古川) 
 -''発売元:'' フィフスアベニュー FACA-0201:初回限定版 FACA-0202:通常版 FACA-0203:アニメイト版 FACA-0204:Amazon版 / 竹書房バンブーコミックスQpa collection刊
 -''脚本:'' [[木綿]] ''脚本監修:'' [[キタハラリイ]]
 -''音響監督:'' [[蜂谷幸]] ''音響効果:'' 八十正太 ''録音調整:'' 早野利宏
 -''音響制作:'' デルファイサウンド ''音響制作担当:'' 大坪絢
 -コミコミ特典: 描き下ろし小冊子 / ホーリンラブブックス特典: 描き下ろし4頁リーフレット / とらのあな特典: オリジナルブロマイド / アニメイト限定版特典: 差し替えアナザージャケット / アニメガ特典: 44mm缶バッジ
 //-''関連:''
 -''関連画像(Amazon.co.jp)'' [[アルバムCDランキング]]
 &amazon(B01MEFTFKV,image); &amazon(B01MDNEV65,image); &amazon(B01MF8MHPK,image); 
 #region(TRACK LIST)
 TRACK LIST
 1. scene 1
 2. scene 2
 3. scene 3
 4. scene 4
 5. scene 5
 -限定版
 1. scene 6
 2. 雀の千声 鶴の一声
 3. 焼け野の雉子、夜の鶴
 -アニメイト限定版
 1.年下の恋人について
 #endregion
 //下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)
 
 2017/01/23/〜2017/01/29のCDアルバム週間ランキング(2017/02/06日付) 233位
 **感想 [#j8e141d1]
 - 映画館でバイトとして働く、元AV男優の澄川螢、35歳、フリーター。澄んだ川に蛍だなんてうすら寒い冗談の様な名前に、”綺麗”なんて言葉とは相容れない至極どうしようもなく堕ちた人生。毎週日曜日のレイトショー、螢の働く映画館にやって来ては螢のことを「ほたるさん」と呼びやたらと懐いてくる一回りも年下の男・岡崎準太に”綺麗”だの”一目惚れ”だのと言われつい口を衝いて出た言葉……。「僕ね、今の映画館でバイトする前はゲイビに出てたの。バリネコでハードなやつ。」
 -原作コミックスの魅力を余すところなく収録した、完全ノーカットの2枚組み仕様!(約100分程度予定)
 -初回限定版には、5年後の螢と準太を描いたコミックス未収録エピソード「焼け野の雉子、夜の鶴」をキタハラリイ先生完全監修のもと収録いたします。
 - Amazon版の巻末キャストコメントは、平川さん・古川さん・新垣さん・川原さんの4名とのこと。 --  &new{2017-01-19 (木) 19:47:33};
 - コミコミ特典の描き下ろし小冊子は、初回限定版エピソードの「焼け野の雉子、夜の鶴」よりも少し後ろの時間軸とのこと。 --  &new{2017-01-19 (木) 19:53:15};
 - アニメイト限定盤に収録の4コマ音声化は、コミックス発売時のアニメイト特典の内容と同一とのこと。 --  &new{2017-01-19 (木) 19:58:03};
 - 原作未読。澄川の過去話多すぎ。大野、間宮、モブとのエロシーン有り。この辺はちょっとでもあると地雷になる人もいるんだから明記して欲しい。 --  &new{2017-02-13 (月) 14:50:54};
 - とても丁寧に原作に沿って作られています。インタビューで川原さんもおっしゃってますが、平川さんの繊細さ、魔性の色気がすごいです!貴重なデレシーンもめちゃ可愛い。古川さんのお芝居も、純粋な一途さが表現されてて良かったです。 --  &new{2017-02-25 (土) 17:10:45};
 - 正直原作を読んだ時は何だか重いわりに心に引っかからないなぁという印象で、今回音声としてこの作品に触れてみて、各キャラクターに声優さんの魂がこもって肉付けされたような感じです。ダークサイドを歩いてきた螢にはBL経験豊富な平川さん、そんな男を愛する準太には私は初めて声を聴く若手の古川さんということでイメージ通りでした。後半二人が互いの想いをいまいちど告白しつつ泣くシーンがありますが、そこで力の差を見たという感じです。決して古川さんが下手なのではなく平川さんがうますぎるということで凄いなということと、彼はやっぱりさち薄系な役柄が似合いますね。古川さんはアニメイト限定版での「わんわんっ!」というセリフがハマっており可愛かったです。初回限定版の5年後の二人は聞き逃しても特に痛手はないです。ちょっとありきたりだし周りの理解が出来すぎていて・・・。全体として聴き応えは充分なのでストーリー重視のを聴きたい時にどうぞ。 --  &new{2017-02-28 (火) 10:28:06};
 - 原作未読。平川さん、やっぱ上手いなあ。脇の新垣さんもゲス男がナチュラルに上手すぎて笑った。年下ワンコの古川さんは一途な若者感がストレートに出てた感じで、釣り合いも良かった。しかしこれ、主人公とはいえ受けのみが話の中心すぎて、恋愛モノとしてはやや物足りないかも(攻めの存在感が薄い)。が、バカエロ、お手軽、テンプレBLに食傷気味な自分のような人間には、感情の乗った演技がじっくり聞けるこういった作品はありがたい。 --  &new{2017-03-13 (月) 00:45:22};
 - 思いのほかストーリーがシリアスでちゃんとしてた。純愛。愛人部分が幸せそうで好き。愛人に戻るエンドでも別によかった。最後がとてものどか。 --  &new{2017-03-16 (木) 02:52:22};
 - 原作よんでないからか、螢がなんであんなタイミングでぶっちゃけたのかびっくりしてついていけなかった。 --  &new{2017-03-16 (木) 05:01:16};
 - 原作未読。平川さんの演技を堪能する作品でした。 --  &new{2017-07-17 (月) 05:28:33};
 - 物語は重めで人を選ぶ作品ではありますが、キャストさん方は文句なしの名演です。特に平川さんは暗い過去を背負った主人公を声色で見事に表現されていて素晴らしかったです。1枚のCDに無理に収めようとせずあえて1,5枚組にしたことで話の整合性もとれて良作に仕上がったのだと思います。 --  &new{2017-08-03 (木) 03:32:58};
 - 地雷を明記しろって……近年の同人でもよく聞くけど、いつからこんな我儘が増えたのか --  &new{2017-10-26 (木) 12:38:34};
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#q72b4455]