Top > 愛の罠にはまれ!
HTML convert time to 0.002 sec.


愛の罠にはまれ! の変更点


 *愛の罠にはまれ! [#f832da1a]
 -''原作:'' [[樋口美沙緒]]    ''イラスト:'' [[街子マドカ]]  「愛の」虫擬人化シリーズ4
 -''キャスト:'' (兜甲作) [[平川大輔]]×[[松岡禎丞]] (蜂須賀篤郎)/ [[斉藤壮馬]] (蜂須賀郁)/ [[前野智昭]] (七雲澄也)/ [[阿部敦]] (雀真耶)/ [[柳田淳一]] (鎌谷)/ [[藤原由林]] (篤郎幼少期)/ [[中田沙奈枝]] (郁幼少期)/ [[藤吉浩二]] (篤郎・郁の父)/ [[吉田麻実]] (篤郎・郁の母)/ [[粟津貴嗣]] (兜の父)/ [[秋保佐永子]]  (兜の母)/ [[花倉洸幸]] (男)/ [[兼政郁人]] (鎌谷仲間)/ [[青野菜月]] (園児)
 -''発売日:'' 2016年12月26日    5,400 円:通常版
 -''発売日:'' 2016年12月26日    6,264 円:初回限定版(通常版2枚組+ミニドラマCD1枚 23分40秒) 
 -''収録時間:'' 79分31秒+79分48秒 2枚組    トークなし
 -''通販特典:'' トークCD (松岡、平川) 17分56秒
 -''発売元:'' フィフスアベニュー FACA-0194:初回限定版 FACA-0195:通常版 FACA-196: アニメイト限定版 / 白泉社 花丸文庫刊
 -''脚本:'' [[木綿]] ''脚本監修:'' [[樋口美沙緒]]
 -''音響監督:'' [[蜂谷幸]] ''音響効果:'' 古谷友二 ''録音調整:'' 田中直也
 -''音響制作:'' デルファイサウンド ''音響制作担当:'' 大坪絢
 -コミコミ特典: 書き下ろし小冊子 / アニメイト限定盤特典: ジャケットイラストシール封入 / ホーリンラブブックス特典: イラストカード
 -''関連:''
 --[[愛の巣へ落ちろ!]]
 --[[愛の蜜に酔え!]]
 --[[愛の裁きを受けろ!]]
 --[[愛の罠にはまれ!]]
 -''関連画像(Amazon.co.jp)''
 &amazon(B01LZE7RSG,image); &amazon(B01LZE7TV3,image); 
 #region(TRACK LIST)
 TRACK LIST
 DISC1
 1. 愛の罠にはまれ!1
 2. 愛の罠にはまれ!2
 3. 愛の罠にはまれ!3
 4. 愛の罠にはまれ!4
 5. 愛の罠にはまれ!5
 6. 愛の罠にはまれ!6
 7. 愛の罠にはまれ!7
 DISC2
 1. 愛の罠にはまれ!8
 2. 愛の罠にはまれ!9
 3. 愛の罠にはまれ!10
 4. 愛の罠にはまれ!11
 5. 愛の罠にはまれ!12
 6. 愛の罠にはまれ!13
 #endregion
 //下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)
 
 **感想 [#r5ebf013]
 - ハイクラス種オオスズメバチ出身の篤郎は、過去に深く傷つけた義理の兄・郁への罪悪感から立ち直れず、幸せになってはいけないと自分を責め続けて生きていた。そんなある日、以前の篤郎を知り尽くしたヘラクレスオオカブト出身の兜と再会する。今は有名政治家の秘書をしているという博愛主義の兜。こちらを軽蔑しているはずなのに、なぜかつきまとわれ優しくされて、篤郎の頑なな心は次第にほどけていく。そんな時、篤郎の体に重大な変化があらわれ……!?愛と許しの擬人化チックファンタジー!!
 -初回限定版:樋口美沙緒先生書き下ろしストーリーのミニドラマCD付 初回限定版!
 - 原作既読。初回限定購入。前作ではホンットに下衆な篤郎でしたが、今回主役の松岡さんの泣きのシーンにこちらも涙を誘われました。DISC2は兜からのレイプシーン、兄・郁との再会シーン、母との再会など涙が止まりませんでした。演じれおられる松岡さん、大変だったのではないでしょうか。平川さんの兜はもう言うことありません!篤郎を丸ごと包み込む器の大きさと篤郎に対する執着のバランスが凄い!阿部さんの雀家当主としての凛とした声も聞けて良かったです。本編が切なかった分、ミニドラマでは力を抜いて聞くことができました。前作でも使われていたピアノのBGMがさらに切なくて心がギュッとさせてくれました。 --  &new{2016-12-25 (日) 15:08:02};
 - もう終始涙が出っぱなしでした…↑の方も仰っていると通り前作では屑野郎と思っていたあっちゃん…でも郁ちゃんも言っていた通り本当は優しい子だったんだよね。 --  &new{2016-12-31 (土) 08:02:05};
 - 松岡さんの演技がすごすぎる…!!! --  &new{2017-01-04 (水) 12:39:03};
 - ほんとうに涙が止まりませんでした。篤郎がまた愛せる人ができて兜に感謝ですね。松岡さん平川さんお疲れ様でした。 --  &new{2017-01-05 (木) 04:18:51};
 - とても良かったです。松岡さん演じる篤郎、鬼気迫るものがあります。聞いてるこっちが苦しくなるほどでした。そして平川さん演じる兜のゲスヤローっぷりがスゴイです。褒めてます。買って損はないと思います。 --  &new{2017-01-08 (日) 00:01:31};
 - 原作既読です。ストーリーと声優さんの演技に引き込まれ本編2枚、特典のミニドラマCD1枚を一気に聴いてしまいました。松岡さん演じるあっちゃんの心の奥底にある優しさが声から伝わりました。過去の後悔の念や兜の態度に思い悩むあっちゃんのモノローグから愛しさが溢れ出ていて素敵でした。胸が痛みました。平川さん演じる兜のあっちゃんへの執着の演技の迫力は凄かったです。怖かったです。その後からの兜の優しさにはほっとしました。あっちゃんの可愛さにもやられました。2人の愛は勿論、あっちゃんの家族の愛にも感動出来ました。こっちも泣きそうになりました。大袈裟ですがボリュームのある映画を一本見終わったような気持ちになりました。とても良かったです。 --  &new{2017-01-08 (日) 11:10:22};
 - 受けの気張った演技に疲れてストーリーどころじゃない…二枚組長かったです…マヤマヤが癒しでした。 --  &new{2017-01-08 (日) 16:33:45};
 - 原作既読。原作でも可愛いあっちゃんは松岡さんの可愛い声が付いたことで「可愛いは正義」状態ですな。泣いても怒っても呆れても怯えても可愛いなんてズルい。2度目の絡みのあっちゃんの破壊力半端ない。ただ可愛いだけじゃなく、あっちゃんの抱える孤独や愛への渇望が伝わる演技で切なくなりました。 原作ではあまり好きになれなかった兜は平川さんの演技でだいぶ印象良くなりましたw 平川さんの温和な声から飛び出すクズい台詞が凄いですね。Disc1の終盤からDisc2序盤の兜はBLというよりサイコサスペンスの登場人物じゃないかと思うくらい怖かったです。(原作より控えめとはいえ)この上なくゲスいのに、あっちゃんの言葉に喜んだり嫉妬で余裕なくなっちゃったり、どうにも憎めない感があって良かったです。 原作からカットされた部分や台詞の変更が結構あったけれどキャスト陣の熱演もあり、さほど気にならずに聴けました。 --  &new{2017-01-09 (月) 01:44:02};
 - 「愛の裁きを受けろ!」を聴いてこのCDを聴くと、もっともっとこの作品を楽しめると思います。 篤郎くん、本当は優しい人だったんだね。 この作品(特にDisc.2)は、篤郎くんに酷い言葉を吐き続ける兜に聞いてるこっちまでイライラ! でも、郁との再会シーンと母親との再会シーンに涙が止まらなくなります。   個人的に、何度聴いても感動する素敵な作品です。 --  &new{2017-01-10 (火) 23:39:16};
 - 原作既読、全シリーズCD視聴済み。今回も特殊設定あり、妊娠し出産していますのでそういった設定が苦手な方は注意。良作でした。篤郎は前作では本当にカス野郎だなと思っていましたが、今回は幸せになれて良かったねと思いました。途中兜をなかなか酷い男だな…と思いましたが、篤郎によって本当の愛を知れて、二人がやっと結ばれた時は凄く感動しました。他の作品でも思いましたが、松岡さんの嘔吐シーンの演技が素晴らしいです。泣き演技も怒鳴る演技も絡みの演技も文句無しの作品です。二枚組でも飽きずに聴ける良作でした。 --  &new{2017-01-11 (水) 02:42:12};
 - 原作既読。ニ枚組で原作に忠実に作ってあって原作ファンは嬉しいです。前作ではゲスだった篤郎ですが、松岡さん嵌り役ですね。素晴らしかったです。篤郎の愛への苦悩や葛藤を繊細な演技で演じてくれています。そして、とても可愛いです。やっぱり松岡さんの受けは良いですね。そして、兜の平川さんですが、あまりの凄さに鳥肌が立ちました。穏やかで優しい声なのに、すごく怖いです。流石平川さんだなぁと圧巻でした。ニ枚組ですが、引き込まれて時間も忘れ一気に聴いてしまう程出演キャスト皆様の演技が素晴らしい作品です。家族とのシーンは原作でも号泣しましたが、CDでも号泣してしまいました。大好きな作品だったので、このキャストで聴けて幸せでした。あと、阿部さんのマヤマヤは本当に最高です! --  &new{2017-01-11 (水) 17:11:19};
 - ボルバキア症、ね。覚えました。松岡さん熱演でしたね・・・全力故に疲れてる時に聞くのはあまりおすすめしないかな --  &new{2017-01-18 (水) 01:02:45};
 - 原作未読、前3作品は聴いているので設定は理解済みです。シリーズ4作品目、新たな扉を開かせてくれた作品です。元々BLCDを聴くキッカケとなったのが"ごはんを/食べよう"シリーズなので男同士の結婚や家族ものには抵抗がないですし、むしろ大好きです。でも女性という性を感じさせる"出産"は正直とっても苦手です。前3作品に似たような描写があれどギリ耐えられました。というのも出産ができる体であれ今まで受けがホントに出産するBLは聴いたことがなかったからです。でもこの作品は初回版の"罠にかかって四苦八苦"では子育てまでしてるのでスゴイ衝撃です。これBLとしてやる意味あるのかどうか疑問ですがいわゆる地雷を一つ克服できました。前作までの篤郎の印象だけだと最悪でホントにイヤな奴として描かれていましたが今作では一転めっちゃカワイイです。紆余曲折あったという一言では片付けられないですがとにかく守ってあげたいほどのカワイイキャラクターになっています。対する兜はゲスゲス言われている通り、初登場時の印象とまるっきり違いこんなダークな一面を持ち合わせているんだと驚きでした。その二人を演じてくださった平川さんと松岡さんは文句のつけようのない演技力で、このキャスト以外考えられないほどハマっています。シリーズ通して脇役で登場するマヤマヤ役の阿部敦さんも存在感たっぷりで前野さん演じる1作品目の攻めである澄也にまた会えたのも嬉しかったです。原作にいえることですが毎回の作品タイトルの付け方がうまく、聴き終わって内容と符号しておりしっくりきます。新境地開拓となる作品にはあまり巡り会えないのでいい出会いとなりました。 --  &new{2017-01-19 (木) 02:50:03};
 - 原作が重いお話なので覚悟して聴きました。想像以上に音楽も演技も素晴らしくて聴いて良かったと思いました。松岡さんのあっちゃんがとっても可愛くて原作者さんがあっちゃんとお話するCDが欲しいと仰っていたのに同意しました。お話が重いのであっちゃんと兜がもっとイチャラブするところが聴きたいと最後に思いました。笑  それぐらいあっちゃんは可愛くて兜は素晴らしくかっこいい攻めでした。 --  &new{2017-01-24 (火) 23:14:52};
 - メインお二人の演技素晴らしかったです。本編が甘くないので特典CD期待したのですが正直がっかりな内容でした。ようやく両想いで結ばれた所で本編終了、二人のラブラブいちゃいちゃが聞きたいと思っていましたが特典では兜がグダクダ言って喧嘩からのキスして仲直り展開。 一度だけでも二人のラブラブ絡み聞きたかったです。満足度が全然違ったと思います。この作者さんはBLと言うより家族を書きたい方なんだろうなぁ。この内容なら通常版で充分です。キャストさんの演技は最高でした。  --  &new{2017-02-08 (水) 03:43:03};
 - 原作既読。初回限定盤購入。シリーズ全部聞いていますが、平川さん演じる兜のイメージがガラッと変わってビックリしました。優しいと思ったら、とんだゲス野郎でした(笑)平川さんの優しい声色から出てくる恐怖に近いセリフの数々。兜の生い立ち故の心の歪みがなんとも…凄かった。松岡さん演じる篤郎はとにかくかわいいかった!前作の『愛の裁きを受けろ!』ではドラッグに溺れて郁を苦しめたりとっても遊び人だったけれど、今回は郁を苦しめたことを後悔して苦しんで、ボロボロな姿に「あっちゃん、そんなに苦しまないで。大丈夫だよ。」と何度も心の中で思ってしまいました。篤郎が嘔吐したり、死にたいと泣く場面の松岡さんの演技は本当に心を揺さぶられて、松岡さんさすがだな!と思いました。妊娠して出産を決めてからの母性が滲みているところなんてサイコーです。郁やお母さんと再会するシーンは涙が出ました。ボルバキアになってもカッコいい男の子の篤郎がいたのも良かった!様々な苦しいことが多い中での兜と篤郎2人のすき焼きを食べるシーンや自転車の2人乗りのシーンは微笑ましくてとっても良かったです。阿部さん演じる雀真耶は可憐でカッコよくてサイコーでした!前野さん演じる澄也は本当にいいお医者で高校生の時と大違いでした(笑)初回限定盤のミニドラマは兜が篤郎と真耶が仲良しなことに嫉妬しているのを軸にひたすら喋っていて、平川さんのコミカルな演技が良かったです。篤郎が大好きなのが伝わってきて心があったかくなりました。シリーズ全て好きですが、今回は特に良くて何度もリピートして聴いています!フリートークも平川さんと松岡さんがとっても仲良さそうな感じで良かったです。とってもボリュームがあり、じっくり聴けて良かったです。でも、確かに篤郎と兜のイチャイチャなのがもっとあった方が嬉しかったです。地雷があってダメな人もいるかもしれませんが、私にとってはお気に入りの作品の1つです! --  &new{2017-03-11 (土) 16:31:21};
 - かわいかった篤郎が妊娠することを黙る卑怯者のクズになり下がった。最初のHの時に妊娠すると言えば攻はすぐ引きさがった。言わないのは卑怯だが攻を好きだったと説明がつくが、堕胎させられることを恐れて妊娠を黙っていたことを「お前を困らせないように」と攻のせいにして言い訳。違うだろ。攻がどう反応するのか怖かっただけだろ。虐待児だった子なのに、あなたのーためだからーを素でするクズになってガッカリ。途中からは過去の罪を償うこともすっかり忘れて、愛がほしい俺への愛を証明白を喚く。おまけに周りはレイプ加害者である受を賛美。被害者のためにも幸せにならなきゃ、うん!の結論しかつけられないなら題材に選ぶべきじゃない。被害者は傷を一生背負うのに。どんなに反省しようがやったことは戻らないよ。受の自分かわいさが前に出すぎて気持ち悪い奴になってた。虐待する父、肝心なところで庇わない母親(しかし後で謝って自己保身だけはしっかりする)、後で受が怒られるのが想像つくのに何度も受をそそのかす兄。さみしい人間なら誰でもいい性癖の攻。妊娠することを隠してHするのは男をはめて妊娠させようとしてる女みたいだった。自分のことしか考えてないね。だまして妊娠したようなものだから本来受から攻の家族に頭下げなきゃいけないのに、結婚してやっていい的立場になってるんだ?兄弟児だった時の受はキャラが立ってて好きだったけど、自己保身で相手を責めることで自分の卑怯さをごまかして庇護されてはグズグズ拗ねるウザイ女になった受はイマイチ。介護者であることにイキイキする性癖の攻はリアルにいるタイプなだけに不気味さが増した --  &new{2017-03-20 (月) 16:58:43};
 - 原作未読ですが、このシリーズで一番泣きました笑本当にいい作品だと思います。前回の自分の罪を背負って苦しんでいる篤郎に何度も泣いてしまいました。やはりこのシリーズは感動だらけだなと実感しました今度原作買いたいと思います。 --  &new{2017-03-21 (火) 00:02:28};
 - 愛の虫擬人化シリーズでは、毎回泣かせていただいてます。今作では、全ての総括CDだと、聞いて思いました。やはり号泣で、兜が、自転車の後ろに、篤郎を乗せて、坂道をブレーキ無しで、降りるシーンでは【愛の巣へ落ちろ】を思い出し思わず笑ってしまいました。そして、その後の篤郎の泣きながら、兜に全てを話すシーンではまたもや泣いてしまいました。郁、母との再開のシーンでは、号泣どころの騒ぎではありませんでした。そして、そんな役をやった篤郎役の松岡さん。兜役の平川さん。ほんとにすごいと思いました。本当に泣かせていただいてありがとうございます。原作未読なので【愛の巣へ落ちろ】【愛の裁きを受けろ】【愛の罠にはまれ】原作買って読もうと思います! --  &new{2017-04-04 (火) 04:33:37};
 - よく考えたら、トンデモBLCD だと思うのだが、フツーに号泣してしまった。聞き終わって、涙をふいて、落ち着いたら、笑える部分とか、ツッコミ処が満載だと思うのに、もう一度聞いたら、やっぱり泣けて泣けて(リピート)……役者さん皆さま達者な方ばかりなので、?と汗を寄り切って泣かせてくれる物凄い作品です。。 --  &new{2017-04-25 (火) 10:02:08};
 - 変形版オメガバ的な設定にそこまでの拒絶感はありませんがキャラ本人さえも死んだ方がいいと言うほどのクズがうっかり幸せになってしまうストーリーでどんなにお涙頂戴の過去話を持ち出したとしても『愛』を語るにはなんか違うんじゃないかなと改めて考えさせられるストーリーなので演者は大変だなぁとつくづく。同シリーズがまたあるのか知りませんが全巻通して攻が受を好きになる理由がまったく理解できずつかみどころと救いドコロのない作品だと感じました。 --  &new{2017-05-08 (月) 08:36:13};
 - 割れ鍋に綴じ蓋のラブストーリー --  &new{2017-05-27 (土) 03:01:03};
 - 郁にした事を思えば、どんなに苦しもうが、クズ郎が幸せになる話っている??って思った。 --  &new{2017-06-05 (月) 22:39:35};
 - 愛しすぎたから薬に逃げて結果兄をレイプする、っていうのは正直よくわかりませんでした。そういう理由で大好きだった兄にあそこまでひどいことできるものなんですかね?共感はできません。が、演技が文句なしに最高なのでわりと好きな作品ではあります。松岡くんの泣きの演技はさすがですね。心がぎゅって締め付けられます。個人的にはすみやさんが立派な医者になっていたことが一番ニヤニヤしました。 --  &new{2017-06-06 (火) 22:52:21};
 - 原作未読。愛の罠- 視聴済み。篤郎くんのその後が気になっていたので、(ひとまず)幸せな今がきけてよかったです。話としては、なにやらいろんなことが詰め込みすぎな気がしてお腹いっぱいでした。これまとまってる、の、か?と思ってしまった。重たい設定だらけで、すべてが中途半端なままな気がして。贖罪に保父さんにヤンデレに妊娠に親との確執、郁との関係、盛りだくさんで。兜の両親とか急にでてきて、出てくるのはいいけれどさらっと消えて、そこ出すなら両親問題も掘り下げて!中途半端にするなら出さないで!と思いました。CDのシナリオのせいかしら?もう少し綺麗にまとまってればよかったです。兜がクズ過ぎて本気でイライラしてしまいました(笑)平川さんにしてやられた!悔しい!流石です。松岡さんの演技も素晴らしいですね。泣き演技、嘔吐のシーンから、柔らかいモノローグまで、耳が幸せでした。途中松岡さんに誘われて泣いてしまった。特典CDが幸せでほっこりしました。 --  &new{2017-06-08 (木) 19:31:27};
 - 平川さんのヤンデレにはまった。兜が俺様エリートなのかと思いきや抜けてて可愛かった。健気なのに気が強いあっちゃんの松岡さんが可愛かった。とんでも設定に引っ掛かる人はダメかもしれないが、二人の演技が噛み合っててぐいぐい引っ張ってくれるので、安心して聞いてられた。相性いいですこの二人。B級映画もいいもんです。 --  &new{2017-06-18 (日) 12:23:20};
 - 病弱息子可愛いさに父子家庭に寄生し、まだ15の子供をまんまと追い出し成功。この寄生親子こそ郁とその母。このクズ親子に最後まで腹の立つ物語であった。 --  &new{2017-10-10 (火) 14:35:51};
 - このシリーズはとても大好きなのですが、今回も期待を裏切らず面白かったです。さらに松岡さんの声が可愛すぎて、何度もリピートしてしまいました。
 
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#le9acd91]