Top > 赤のテアトル
HTML convert time to 0.001 sec.


赤のテアトル の変更点


 *赤のテアトル [#c9f23840]
 -''原作・イラスト:'' [[緒川千世]]
 -''キャスト:'' (アダム・クトー) [[濱野大輝]]×[[中澤まさとも]] (ユーリ・アバルキン)/(カルロス・ガルシア) [[浜田賢二]]×[[山中真尋]] (ミハイル・アバルキン)/ [[藤田奈央]] (ユリア・アバルキン)/ [[岡井カツノリ]] (ジャン)/ [[宮崎遊]] (トニー・カーター)/ [[中島卓也]] (ジュベール)/ [[柚木尚子]] (ミランダ)/ [[野瀬育二]] (ロバート・グリアム)/ [[佐藤はな]] (秘書)/ [[金子誠]] (記者)/ [[引坂理絵]] (エマ)
 -''発売日:'' 2017年12月22日    5,400 円:通常盤
 -''発売日:'' 2017年12月22日    5,940 円:特典ミニドラマCD付き初回限定盤
 -''収録時間:'' 61分42秒+42分47秒 2枚組   トークなし
 -''マリン通販特典:'' キャストトークCD (中澤・濱野・山中・浜田) 
 -''発売元:'' マリン・エンタテインメント MESC-0221 ルボー・サウンドコレクション / 祥伝社「on BLUEコミックス」刊
 -
 -''アニメイト限定盤初回セット:'' 描き下ろし漫画掲載差し替えジャケットカード封入+特典CD付き初回限定セット  5,940 円 ANI-1466
 //-''関連:''
 -''関連画像(Amazon.co.jp)''  
 &amazon(B076BWGM14,image); [[&ref(http://www.marine-e.net/sp/akanotheater/common/img/akano_HP_bn.png,nolink,235x60,公式サイトへ);>http://www.marine-e.net/sp/akanotheater/]] 
 #region(TRACK LIST)
 TRACK LIST
 <特典ミニドラマCD 収録内容(9分51秒)>
 特典音源1:その後のアバルキン
 特典音源2:ユーリのアダム日記 その1
 特典音源3:ユーリのアダム日記 その2
 特典音源4:その後の赤のテアトル 
 #endregion
 //下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)
 
 **感想 [#s26eb2f5]
 -「あの赤い靴をはいた日から、彼は僕のものになった」昼は気丈な社長、夜は淫らな娼婦――めくるめく逆転主従ロマンス・ストーリーが、ドラマCD2枚組で完全音声化! 初回限定セットは特典ミニドラマCD(原作コミックス店舗特典漫画の音声化を収録)付き!
 -あの赤い靴をはいた日から、彼は僕のものになった。側近ゴーストデザイナー×淫靡で健気なミューズ――緒川千世が描く、めくるめく逆転主従ロマンス・ストーリー。昼は気丈な社長、夜は淫らな娼婦――パリのファッション界の光と影の愛憎を繊細かつ大胆に、生々しく描いた本作が、ドラマCD2枚組で完全再現!
 -モブ×[[中澤まさとも]]、複数あり。苦手な方はご注意を。
 - 主人公のユーリを好きになれないまま終わってしまった。でもミハイルとカルロスは好き。あと相変わらずこのてのCDにつきものの女声優のキンキン甲高いブリ声がストレス。 --  &new{2017-12-23 (土) 20:02:09};
 - 原作未読。内容は嫌いじゃない。むしろ好きだが主役二人のエロ声が気持ち悪い。生理的に気持ち悪くて一度切ってしまった。大体うるさいなーとか、仕事頑張ってるなーと思うけど寒気がしたのは初めて。なぜあんな演技プランに? --  &new{2017-12-30 (土) 02:21:27};
 - 原作既読。ユーリ役は中澤さんがいいと思っていたので感激でした。中澤さんは 美しいユーリにピッタリの美人声で、男達を魅了する声は特に素晴らしかった!病んでいくユーリの演技は流石!山中さんのミハエルもとても良かった! --  &new{2017-12-30 (土) 06:13:19};
 - 原作未読。なかなかのメロドマラ。中澤さんが美しく不安定なユーリを好演。濱野さんと大/川さんの声質が似てる。悪くない。食わず嫌いで避けるにはもったいない作品。 --  &new{2018-01-02 (火) 12:41:14};
 - 原作未読。童話の『赤い靴』から構想を得ているのでしょうか。童話と同じくどこか不気味な雰囲気漂う作品でした。千世先生の作品らしいかな、という感じ。お芝居のほうはいつもの中澤さんでした。濱野さんの出演されてる作品は2、3しか聞いたことがないのですが、この作品の演技が1番好きでした。ミハイルとカルロスの話がもっと聞きたかったなって思います。年始から割といい作品でした! --  &new{2018-01-02 (火) 22:55:29};
 - 原作既読。漫画のイメージと声はみんな合っていたと思います。が、中澤さんて作品によってものすごーく下手に感じる。こちらを見ると評価高めなので少数意見なのかもしれないけれど喘ぎとか聞いてられなかった。色気を全く感じなかった。もっと男を手玉にとる魔性を感じさせて欲しかった。ただし会社を退任してからのお芝居はイキイキしていてすごく良かった。変わって素晴らしかったのが山中さん。ミハイルを余裕たっぷりに演じてらしてとっても素敵だった。浜田さんも然り。年代別の演じ分けが流石でした。ガルシア×ミハイルカップルに持ってかれた感じ。 --  &new{2018-01-05 (金) 16:52:43};
 - ガルシア×ミハイルカップルがすごく良かった。山中さんと浜田さんのさすがの演技を感じました。濱野さんの低音攻めも悪くはないと感じました。中澤さんの通常演技はまだ良かったのですが、絡みの演技がどうにも辛かったです。声が震えすぎて、色気というより不自然さが気になって集中できなかった。ちょっともったいないなぁと思った作品でした。 --  &new{2018-01-14 (日) 15:26:13};
 - 原作既読。とても好きな作品だったのでドラマCDに期待していましたが、サンプルが上がるにつれて段々諦めモードに。散々サンプルを聞いていたせいで「こんなもんか」って感想です。中澤さんの演技と原作のユーリのイメージの方向性がちょっと異なっていたせいで別作品のように感じました。対してアダム役の濱野さんの声がすごくハマっていました。ミハイル役に山中さんは若すぎるなというイメージです。とはいえ安定感のある演技でおじさんカップルは安心して聞くことができました。ドラマCDだからしかたないとは思いますが、説明口調な部分が多々あり、少々失笑してしまう脚本のつくりでした。個人的には原作を手に取ってみてもらいたい作品です。 --  &new{2018-01-21 (日) 19:44:17};
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#ob46e7f1]