Top > 大好きな彼を思う存分傍に感じるBLシチュエーションCD おうちでーと
HTML convert time to 0.001 sec.


大好きな彼を思う存分傍に感じるBLシチュエーションCD おうちでーと の変更点


 *大好きな彼を思う存分傍に感じるBLシチュエーションCD おうちでーと [#sd318039]
 -''原作:'' 花梨シャノアール オメガ    ''原画:'' [[しまこ]]
 -''キャスト:'' アナタ×[[阿部敦]] (戸塚慧)
 -''発売日:'' 2017年10月20日    2,700 円:通常盤
 -''発売日:'' 2017年10月20日    3,240 円:アニメイト有償特典限定盤
 -''発売日:'' 2017年10月20日    3,240 円:ステラワース有償特典限定盤
 -''収録時間:'' 56分14秒    トークなし
 -''かりん通販特典:'' フリートークCD (阿部) 
 -''発売元:'' 花梨ミュージック k-music-94 / 花梨シャノアールΩ(オメガ)
 -''シナリオ:'' [[港枢]] ''企画プロデュース:'' 風之宮そのえ ''デザイン:'' 羅紗
 -あみあみ特典: L版ブロマイド
 -※''18歳以上推奨''
 -''関連:'' [[シチュエーションCD]]
 --[[黒薔薇の館 魅惑の男娼BLシチュエーションCD]]
 -''関連画像(Amazon.co.jp)'' [[シチュエーションCD]]
 &amazon(B074PSNRPX,image); 
 **感想 [#bbb68fd5]
 -保育士の“戸塚慧”は、<アナタ>の可愛い可愛い最愛の恋人。週末は決まってアナタの部屋でお泊りする半同棲生活を送っている。二つ年上の慧は、巧みにアナタを甘やかしてくれるアメの達人。いつでもアナタをいちばんに想い、子供っぽい嫉妬にも束縛にも誠心誠意向き合ってくれる。そんな慧は今夜も、広告代理店で営業として働くアナタの帰りをお出迎えしたり、一緒に食事をしたり、お酒を飲んだり…… ゆったりとした時間と、何気ない日常会話。甘くたゆたう様な雰囲気に包まれ、夜の帳が降りた時に恋人たちのすることは…… そう思っていたのに、今日はいつもとちょっと違う様子の慧。 そんな彼にヤキモキしたアナタは、抑えることもできずにその苛立ちをストレートにぶつけてしまう。嫉妬深く束縛しいな甘えん坊大型わんこ系男子<アナタ>と母性溢れる年上ゆるふわ腹黒系男子<慧>の、ラブラブでイチャイチャでエロエロな、おうちデート。互いに愛し合いされ、心も身体も繋がる二人。けれど慧には、アナタには見せない秘密の顔があるようで……?
 -聞えるのは、彼の声、彼の衣擦れ、彼の呼吸……彼の存在だけ。今夜は<アナタ>の大好きな彼と、週末おうちデート。ご飯を食べて、テレビを観て、お風呂に入って、その後は……v衣擦れ、呼吸……狭い部屋の中、すぐ傍に感じる彼の存在。<アナタ>だけを見て、話しかけてくれる彼。彼をただひたすらに独り占めする、幸福な時間。リアルな音感の、BLシチュエーションCD誕生――
 -アニメイト限定盤特典: 朝、慧の部屋のベッドで目覚めたアナタ。どうやら昨晩、悪酔いして彼をムチャクチャに抱いてしまったらしい。そんなアナタを、慧は「仕返し」とベッドに手錠で繋いで……!?愛ある拘束&ご奉仕エッチv
 -ステラワース限定盤特典: 買い物デートの帰り道。ふたりっきりのエレベーターで突然盛ったアナタ。自分の部屋に着くなり、そのまま慧を襲ってしまう。しかも外には、ちょうど出かけようとしている隣の住人がいて……!?ドキドキ&ハラハラな玄関エッチv
 -いっけなーい、さ.つ.い.さ.つ.いv 「腐女子はみんな攻めに自己投影してろ」って言われてもう大変v 別に受とおせっせしたいんじゃなくて「二人♂」の気持ちのやり取りを、部屋の照明器具か空気としてそっと見守りたいのっv こ-ゆ-のは18K夢子向けなのょっv気味わるいぞっv 次回「かりんΩ全作ペケだけどトップの嗜好がもっともダメ!」 お楽しみにっv
 -公式、約70分収録でアナウンスしていましたが、56分しかありませんでした。割高感半端ないデス。聞いてる攻めは肉食妖怪でも想定して居るのか、あらぬ所から水音が。手錠プレイ有。阿部さんは巧い。上手いのに、何とも言えぬ違和感が。そう、この既視感は「ハエに殺虫剤かけた後」。あの感じが延々56分だ。
 - 阿部敦の喘ぎを楽しむだけのCD。ストーリー性は皆無。阿部さんは流石です。 --  &new{2017-11-14 (火) 03:26:54};
 - 阿部敦さんがひたすらエロかわいい --  &new{2017-11-15 (水) 01:21:27};
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#b35c0078]