Top > FLESH&BLOOD 21
HTML convert time to 0.002 sec.


FLESH&BLOOD 21 の変更点


 *FLESH&BLOOD 21 [#m66fc36c]
 -''原作:'' [[松岡なつき]]    ''イラスト:'' [[彩]]  FLESH&BLOODシリーズ 
 -''キャスト:'' (ジェフリー・ロックフォード) [[諏訪部順一]]×[[福山潤]] (東郷海斗)/ [[小西克幸]] (ナイジェル・グラハム)/ [[大川透]] (ビセンテ・デ・サンティリャーナ)/ [[宮田幸季]] (レオナルド・バレーラ)/ [[遊佐浩二]] (アロンソ・デ・レイバ)/ [[近藤隆]] (ラウル・デ・トレド)/ [[浅川悠]] (リリー・フロム)/ [[田中秀幸]] (メディナ・シドーニア)/ [[成田剣]] (アントニオ・デ・レイバ)/ [[室園丈裕]] (ディエゴ・デ・バルデス)/ [[宮林康]] (ベルテンドーナ)/ [[間宮康弘]] (モンカーダ)/ [[島田岳洋]] (ペドロ・デ・バルデス)/ [[藤沼建人]] (フランシスコ・デ・ボバディーリャ)/ [[喜多田悠]] (ミゲル・デ・オケンド)/ [[白戸祐太郎]] (ファン・ゴメス)/ [[鈴木祥太郎]] (リカルデ)/ [[栗山浩一]] (ユアン)/ [[岩崎征実]] (ルーファス・ベレット)  / [[杉崎亮]] (ヒュー)/ [[峰健一]] (マーシー)/ [[西野真人]] (ウィル)/ [[田中雅之]] (モーガン)
 -''発売日:'' 2016年11月18日   3,240 円
 -''収録時間:'' 79分36秒    トークなし
 -''発売元:'' マリン・エンタテインメント MMCC-3191 / 徳間書店キャラ文庫
 -''脚本:'' [[山田健一]] ''音楽:'' 川中ゆかり
 -''音響監督:'' [[亀山俊樹]] ''録音調整:'' 熊倉亨 ''音響効果:'' サウンドボックス
 -''スタジオ:'' スタジオアクア ''音響制作担当:'' 小林剛 ''音響制作:'' Grooove
 -''通販連動19・20・21巻購入特典:'' スペシャルCD
 -''19・20・21全巻購入応募特典:'' 書き下ろしオリジナル小冊子(17/2月末日締切)
 -''関連:''
 --[[FLESH&BLOOD 1]]
 --[[FLESH&BLOOD 2]]
 --[[FLESH&BLOOD 3]]
 --[[FLESH&BLOOD 特典スペシャルトークCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 4]]
 --[[FLESH&BLOOD 5]]
 --[[FLESH&BLOOD 6]]
 --[[FLESH&BLOOD 456連動購入特典スペシャルCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 7]]
 --[[FLESH&BLOOD 8]]
 --[[FLESH&BLOOD 番外編 グローリア号航海記]]
 --[[FLESH&BLOOD 9]]
 --[[FLESH&BLOOD 789連動購入特典スペシャルCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 番外編 散策 スペシャル朗読CD>Chara 15th Anniversary Fair PRESENT CD]]
 --[[FLESH&BLOOD 10]]
 --[[FLESH&BLOOD 11]]
 --[[FLESH&BLOOD 12]]
 --[[FLESH&BLOOD 101112連動購入特典スペシャルCD]]
 --[[FLESH&BLOOD ナビゲーションCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 13]]
 --[[FLESH&BLOOD 番外編 グローリア号の兄弟たち]]
 --[[FLESH&BLOOD 14]]
 --[[FLESH&BLOOD 15]]
 --[[FLESH&BLOOD 131415連動購入特典スペシャルCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 16]]
 --[[FLESH&BLOOD 17]]
 --[[FLESH&BLOOD 18]]
 --[[FLESH&BLOOD 161718連動購入特典スペシャルCD]]
 --[[FLESH&BLOOD 番外編 離宮の小鳥]]
 --[[FLESH&BLOOD 番外編 夏の夜の夢]]
 --[[FLESH&BLOOD 19]]
 --[[FLESH&BLOOD 20]]
 --[[FLESH&BLOOD 21]]
 --[[FLESH&BLOOD 192021連動購入特典スペシャルCD]]
 -''関連画像(Amazon.co.jp)'' [[アルバムCDランキング]]
 &amazon(B01K1WDFHQ,image); [[&ref(http://www.marine-e.net/sp/fab/common/img/bnr_fb01.jpg,nolink,235x60,公式サイトへ);>http://www.marine-e.net/sp/fab/]] 
 #region(TRACK LIST)
 TRACK LIST
 1.PROLOGUE
 2.SCENE 1
 3.SCENE 2
 4.SCENE 3
 5.SCENE 4
 6.SCENE 5
 7.SCENE 6
 8.EPILOGUE
 #endregion
 //下の空白行は削除しないでください(関連画像の位置合わせ)
 
 2016/11/17日のCDアルバムデイリーランキング(2016/11/17日付) 23位
 2016/11/14/〜2016/11/20のCDアルバム週間ランキング(2016/11/28日付) 93位
 **感想 [#qd785e0a]
 -1588年7月29日、リザード岬視認──。敵地を目前に、作戦会議に集うビセンテとスペイン将校達。そこでプリマス侵攻を進言するアロンソは、開戦を回避したいシドーニア公と激しく対立!! 策を弄し、計画を承認させ てしまう!! 一方、明日の出撃を控え、不安とともにジェフリーへの想いを募らせる海斗(かいと)。「もう二度と後悔したくない」ある決意を秘めた海斗の、長い夜が更けていく──。
 - あ〜やっぱり・・・(泣)まぁこのCDのクオリティなら必要ないっちゃないんですけど。でも、やっぱりラブラブしてほしかったなぁ~。でも後半の船上のシーンはよかった! --  &new{2016-11-18 (金) 23:34:30};
 - 「最終的に選んだものが小説のシーンとなり、最後まで迷っていたものを今回の脚本に使わせて頂きました」(ブックレット・松岡先生のコメント)とあります。確かに朝チュンだけど、原作とはまた違った、二人の甘い会話がとても素敵なラブシーンだと思いました。アロンソのキレのある切り替えしや迫力の出航シーン、今回も買って損はなかったです。 --  &new{2016-11-19 (土) 16:10:58};
 - 松岡先生は確か諏訪部さんのツイートを見ていたはず。(以前RTされてた記憶がある) こんなもの書かれたら、こういう喉元にナイフ突きつけて「降板してほしくなければ脚本書き直せ」っていうのは選択肢が一つしかない感じですね。あまりに恐ろしい。ヤンとラウルはそういうシーンあったのに主人公の感動的な大切な感動的なラブシーンが21巻目になってゴッソリないっていうのはファンは悲しみと怒りで泣くわ。追記:CDは楽しめましたよ。先生が元気になって続きを書いて下さりCDを聞ける日を楽しみにしています。フリトはスペインチームがわいわいと愛にあふれていて楽しかったです。 --  &new{2016-11-19 (土) 19:27:50};
 - やっと想いを遂げた21巻が朝チュンでかなりショックでしたが、諏訪部さんがもうそういうのやらないからでしょうか?まぁこの作品をすごく気に入っていて車の中でも聴いてらっしゃるみたいなので、自分のそういうシーンは聴きたくないからかな〜。CD自体は大満足の完成度。特典のトークCDもスペイン編はワイワイ楽しそうだった。 --  &new{2016-11-19 (土) 19:41:33};
 - CD発売と松岡先生の病気療養のお知らせ。発売までの1年と先生の体調不良から休業への時間を、今回の脚本改編と合わせて考えると、体調のお辛い時期にわざわざ手がけて下さったのかと思わずにはいられません。誰が幸せになったんでしょう?改編以外に方法はなかったのでしょうか…。でもさすが先生です。21巻オリジナルの、ロマンチックなシャンパンファイトだったと思います。 --  &new{2016-11-19 (土) 21:29:09};
 - 最近のエロメインで内容がスッカスカのCDとは一線を画してるがようやく迎えたシャンパンファイト。その言葉の意味をかみ締めています。言葉通りであれば、長いレースの末の、表彰台に上って喜び合うシーンをまるまるカットしたようなもの。あの特別な夜を「単なる猥褻シーン」と断じられたようで非常に残念です --  &new{2016-11-20 (日) 02:34:00};
 - 待ちに待った巻!出陣前にジェフリーと結ばれたいと願う海斗の健気さやいじらしさ。文庫半分ぐらい使って丁寧に描かれた二人の身も心も一つになる喜び全てカットされたのは悲しいです。 --  &new{2016-11-20 (日) 03:37:33};
 - 数少ない本格ドラマCD --  &new{2016-11-20 (日) 18:46:05};
 - 今回、ここまで原作に忠実に作り上げてきたドラマCDで、山場のシーンをカットしなければいけなかったのか理解に苦しむ。単なるセックスシーンだけではなかったはず。死のふちを乗り越えて再び巡り会ったジェフリーと海斗が、互いの体温と息遣いを交わして「生きていること」「かけがえのない存在であること」を確かめ合う重要な行為だったはず。それを猥褻物のように扱われたことが、長年作品を、キャラクターを愛してきたファンとして、とても悔しいし腹立たしい。他に方法はなかったのか。 --  &new{2016-11-20 (日) 22:18:47};
 - 原作未読。原作がお好きな方からするととても大事なシーンが削られてショックだろうと察せられるほど、あっさりと過ぎて行った2人のシーンでしたが、ドラマCDのみ追ってきた自分的には前後の会話だけでも充分素敵なシーンだったと感じました。文字で表現された原作の2人の行為はとても重要で素敵な場面なのだろうと思いますが、音は文字と違って生々しさがどうしても加わってしまう(と思う)ので、表現しきるのは難しかったのでは。この作品はもう自分の中で普通のBLと一線を画すオーディオドラマとして楽しんできたので、原作とは違った音媒体オリジナルの表現方法で良かったと個人的には思いました。 --  &new{2016-11-21 (月) 01:12:56};
 //- >音は文字と違って生々しさがどうしても加わってしまう(と思う)ので、表現しきるのは難しかったのでは。→それを生々しくならずに愛あるシーンとして表現しきる力量がフレブラに関わった役者と制作スタッフにはありました。だからこそ尚更勿体無い。 --  &new{2016-11-21 (月) 14:28:01};
 - 車の中で母親と聞いたりしている身としては二人が初めて心も体もひとつになるシーンがないということが安堵していますが、個人的にはとても期待していた山場だったので非常に残念。。あんなにも待って、ようやくあの小説で読んだシーンが音声で聞ける!ととても期待していただけに、一瞬、あれ?もう少しあとだったっけ?と思ってしまった。。色々な理由があるにせよ、ここまで待ったファンにはちょっと辛い仕打ち。。それを差し引いてもストーリーがとてもしっかりしているので嫌いになったりはしないけど、この悲しみは今後の作品の中で期待したいです。 --  &new{2016-11-23 (水) 22:27:30};
 - デイリーランキング23位だったんですね〜 --  &new{2016-11-24 (木) 22:55:36};
 -ああ〜〜エロ全カットですか…。別にフレブラにエロは求めてないけど、諏訪部さんの個人的な事情も知ってたけど……さすがに長年買い支えてきて、数々の困難を乗り越えての初H!を聞かせてもらえないとは思わなかった。病気療養中の原作者が丁寧にシーンを書き換えてるから、これはこれで確かに製品としての体裁は整ってるけど……原作ファンとしては、やっぱり悲しくて仕方がない。あああ……。 --  &new{2016-11-27 (日) 03:24:41};
 - 原作と最初から違っていると分かってるのなら買ったかどうか分からない。このようなことがあると、これからは予約ができなくなる。 --  &new{2016-11-27 (日) 07:07:40};
 - 原作とは違うパターンで先生の筆力を二度楽しませて頂きラッキー。ただ音声ドラマとしては朝を挟んで前後がずっと甘いセリフな為、少々テンポが悪く感じたので、やはり件のシーンがあった方が盛り上がり、後半のジェフリーの復活も説得力があったかも。(可愛く情熱的な海斗を福山さんがどんな音で表現してくれたのか聴いてみたかった!)キャストの皆さんの熱演は変わらず。最後までこのメンバーで完走してもらいたいと思いました。--  &new{2016-12-04 (日) 23:35:10};
 - うん、普通に濡れ場の程度でBLCDもちゃんと18禁かけていいと思いました。原作も一巻発売当初から買っていて、今回の音声化を迎えたわけですが、これすごくラブラブでよかったです。もしかして濡れ場より大変だったんじゃないかなぁと思ってしまいました。小説は小説で楽しみましたし……エロ好きなのですが、棲み分けでいいかもと思えた作品が出てきたのは良かったです。ただエロメインの売り上げの良さもあるし、個人的にドエロを買いたいこともあるので、そちらは18禁で楽しませてほしいです。ここ20年で法律もだいぶ変わりましたしね。 --  &new{2016-12-08 (木) 04:57:52};
 - 最近、またBLCD業界が盛り上がってきている中、水を差すわけではないですが本当にそろそろBLCDも棲み分けてもいいと思います。全年齢対象だから今回逢瀬シーンが全カットされたとは思いませんが、これが18禁だったらどうだったのだろうと思わずにはいられません。ヤン×ラウルは普通に音声化してるから、やはり大人の事情なのかとは思いますが待ちに待った21巻だっただけに残念でなりません。CDの完成度は文句なく素晴らしかったです。22巻以降も楽しみにしています。全サCDか何かで、甘々な二人を是非補完してほしいです。 --  &new{2016-12-08 (木) 10:28:01};
 //- >これが18禁だったらどうだったのだろうと思わずにはいられません。キャスト変わるんじゃない?もう諏訪部さんエロはNGなんでしょ?キャスト変えてまで聞く意味あるのかな?でもこの先のエロ、SEXシーンは全部NGなんだよね〜今回みたいに全年齢向けに?変えてくるんだろうね〜。ファンは「エロを取るか」「キャストを取るか」二択を迫られる日が来そうだね?(笑) --  &new{2016-12-08 (木) 11:33:59};
 - 原作未読でこのシリーズにはまったので、濡場がカットされてるのは気にならなかった。濡場カットされてるみたいだけど、シリーズの中で一番甘かった気がする。濡場はないけど、きちんとラブとゆうか深い愛があるし、なによりこのクオリティーとこのキャストで、今も続けてくれるのはかなりありがたい。やはりフレブラで一枚は、あっという間にに感じてしまう。スペイン組の出番は少なめだったけど、ビセンテとアロンソの友情がすごく良かった --  &new{2016-12-12 (月) 22:54:39};
 - 個人的にはキャス変するくらいならエロは無くていいのでこのまま行って欲しい。原作とは違うバージョンでお得だと思ったりもするし・・・。 --  &new{2016-12-13 (火) 07:38:18};
 - SE・がないことで賛否両論があったみたいですがあればあれで、なかったらないで、ドラマとしての完成度が下がったわけでもないので僕は全然気になりませんでした。ただ、SE・が見たいから否があるとは思われたくないですね。原作ファンは納得いく、キャストファンは納得いかないという感じですかね。 --  &new{2016-12-14 (水) 15:18:24};
 - 原作読んでいないし濡場カット知ったうえで聞いたけれど、あの甘い夜からの朝チュン・・・本当に朝チュンで笑うしかなかった。知らずに聞いたら「トラック飛んだ?」と思っただろうから知っててよかった。ラウルが相変わらず悪くそれ目的だったから満足できた。 --  &new{2016-12-14 (水) 23:14:31};
 - 原作既読です。例のシーンについては賛否両論ですが、原作を読んだ時からこのシーンが音声化されたらどうしようとドキドキしていた私としては、甘々な部分だけを堪能できてとても満足です。決してHシーンが嫌いな訳ではないですが、フレブラのドラマCDに関してはなくてもいいかなぁと。原作で充分堪能させていただきましたし…wwついに想いを遂げることができたと言うのがわかったので良かったと思います。 --  &new{2016-12-19 (月) 11:03:18};
 //- コメントの一部がカットされてしまいました。他の方のコメントに憶測と思われる内容があったので、それを否定するつもりで書いたのですが…。誤解させるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした。 --  &new{2016-12-20 (火) 10:58:23};
 - 原作未読のまま、ずっとCDを楽しみに聞いてきましたが、なるほど、今回脚本が改変されていたのですね。自分は本来、BLCDに必ずしも絡みは必要ないと思っているのですが、今回に関してだけは残念と言わざるを得ません。行為があったことすら描かれていないため、自分も「え?トラックとばした?」と思ったほどです。ここまで長きにわたって築き上げてきた2人の愛情のクライマックスがこれかい、と、肩透かしをくらった気分です。2人の会話がやたら甘々だっただけに、バランスの悪さだけが印象に残った、フレブラを聞いて初めて不満をもった巻でした。 --  &new{2017-01-23 (月) 01:37:49};
 - 原作未読。やっと! 10年くらい追い続けてやっと待ちに待ったところが…!と思って意気込んで聴いてたのですが、なんかいつもより急に二人のラブラブな言葉が多い…?と思ってたら、あれ?!?! 海斗の喘ぎ声がみじんもない?!飛ばした?!と思って、ブックレット確認しました。ここ読むまで知らなかった、原作改定の朝チュン展開だったんですね…。H目的ではなく普通に楽しみに聴いていたんですが、BLCDとして20枚以上出していて、この流れは不自然だなぁ、と思いました。こう、ヤンキードラマで喧嘩した末に友情が成立しました、※ただし暴力的シーンのため、喧嘩の場面はカットしました、みたいな物足りなさが……。 必ずしも入れる必要はないけど、フレブラはここに至るまで困難が沢山あったし、怪我で立つ立たない云々みたいなやり取りもあったし、逆に原作では描かれてるらしいシーンをわざわざあえて変える必要がどこに…? BLCDのR18区分の問題はわかりますが、わざわざこの1作品にその問題を持ち込むのって何だか順番が違う気がします。出版社やCD会社など作成する大枠側が取り組む問題ではないかと思います。あえて全年齢CDとしておかしいからこのCDではHシーン無し!って演じる側が変えたとしても、そこだけしか変わらないし、結局変えた人のワガママじゃん、としか受け取れません。↑の人も言ってますが、私もフレブラでこんなに大きな落胆と不満を持つとは思いませんでした。免許証提出するから、応募特典CDとかでHシーンのものが欲しいなぁ。あ、それ以外は本当に最良のドラマCDでした。 --  &new{2017-03-16 (木) 21:53:37};
 - 成田剣さんが初登場にしてすごい存在感ですね。 --  &new{2017-05-24 (水) 15:42:12};
 - 長年聞いてきたファンのほとんどは、今更フレブラにエロ要素は求めていないと思います。原作未読ですが、行為を事細かに再現する必要は感じません。が、行為があったことを、海斗の「お尻が痛いけど…」で察しろというのは、あまりにファンを馬鹿にしていませんか? フレブラを全く知らない方が「演者の意向で原作を書き換えさせる危険性」について語っておられましたが、全くもって同意しました。 --  &new{2017-08-17 (木) 01:29:37};
 - 原作既読。あまりに不自然な朝ちゅんに大笑い。7巻からずっとスペインにいる時も、奪還作戦の時も、喀血の時も日本にいる時も、牢獄にいる時も、不能になった時もずっと二人はそのことを引きずり、あの時しときゃ良かった!という14巻分の引きがこんなに中途半端とは。小説も実際シーンが書かれていても色気ないんだから出しといてよ。引きの結果が見せられてなくて今までの盛り上がりを台無しにしている。演者のプロ根性を見せてほしかった。その翌日すぐ異変に気付いたナイジェルの気持ちにも沿えなかった。いや、こっちは何があったのか知らんしそんなこと前提に話進められても全然ピンとこないわ、と内輪の話を遠目で眺めてる気分に。 --  &new{2017-12-29 (金) 23:55:33};
 - このcdであのシーンをまるまるカットはあり得ない。フェードアウトでも良いから欲しかった。凄く薄っぺらい内容になった印象。がっかりです。 --  &new{2017-12-30 (土) 03:54:16};
 //- ジェフリー役、1巻から前/野/智/昭さんで録り直してくれそしたらまた全部買うから --  &new{2018-01-12 (金) 09:41:07};
 - 巨大なドミノを数年かけて作っていて完成まであと数個、というところでCMに入り、CM明けたら大勢の人がドミノを片づけていて、いやーすごかったですねーと言われた気分。直前にある使い物にならないかも、というジェフリーの言葉すら回収されていないよ。上の方の例でいうとヤンキーが喧嘩して仲良くなったが、お互いわかり合えたシーンがなくて、憎み合ってる状態からいきなり俺達は友達だ!というシーンを見せられた感じ。きちんと表現しても7巻と大差なかったと思うが命がけの恋愛を描いていながらここを省くと内容にかなりの矛盾を感じさせてしまう思う。 --  &new{2018-01-12 (金) 15:14:47};
 - さすがに不自然な流れでしたね。作品に対するリスペクトが欲しかったです。裏事情が透けて見えてしまうと、感情移入は難しくなりますね。レビューを見てから購入すれば良かったです。 --  &new{2018-01-12 (金) 15:17:58};
 
 #comment(noname)
 //「#coment(noname)」前の空白行は削除しないでください。
 *** [#id5bc3dd]
 ''CDのお問い合わせご要望ご意見はこちらではなく 制作 に''
 憶測の流布はNGです
 //かもしれない、は憶測になります。削除の可能性があります